>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード OTHER M OTOHER
   

日時: 2015/09/10 23:27
名前: esusske

ファンタジーなメダロットの世界観です。
ここの小説を読んでいたら書きたくなりました。
RPGでゲームな世界観を出したいと思います。佐野りつつサバりたいと思います。


アインス・イチジョウ
15歳
国立レヴォル学園高等部1年。理工学部機械工学科専攻。
優しく大人しい性格。ノーといえない日本人気質のまじめ人間。
なんでも適度に器用にこなすが、内々に色々と閉じ込めている為内側でふつふつと煮えたぎっている事が多い。
キレたら収集がつかなくなるタイプ。
故郷は国境際の田舎町であるが、近くに世界中の宝であるマザーの化石がある。
機械のメンテナンスや知識。戦闘中にも使える治癒術を心得ているが
得意なのは護身用にならった武術である。メダロット専用の武器である篭手を装備している。

レイ・リン
男の子型メダロット(BOY02)
国立レヴォル学園高等部1年。法学部政治学科専攻。
学園一の天才であり鬼才である。明るくざっくばらんな性格であるが、二言目にはイヤミが飛び出すイヤなやつ。
世界中の宝であるマザーの化石のレヴォル側の管理者が保護者になっているメダロットであり、正式なパートナーはいない。
アインスは同郷の幼馴染であり、学科が違うが昼夜共にいる無二の親友であり、大体どこにいてもついてくる。
ハシムコウのようなフォルムだがカラーは黒と緑を基調とした和風な色合いであり武器は扇子である。

ドゥーエ・二・ツヴァイ
ヴァルキュリア型メダロット(VAL03-C)
国立レヴォル学園高等部3年。メダロット学部戦術学科専攻。
生徒会長であり学園全体のマドンナ的存在。気がつよくプライドも高いが優しいお姉さん的な存在である。
学園長が運営するメダロットの施設の出身でありマスターはおらず、自身も人間と生きるより戦場に立つメダロット達をメダロットの価値観で指揮したいと考えている。
アインスに一度メンテナンスをさせてから技術を気に入り、技術者の同行が必要な場合は必ず彼を指名している。
機体は主にノエル。プリプラも気に入っている。



世界観
人間の世界に隕石と思われるものが落下。その隕石は実はマザーを中心としたメダロット達であり、そこから多くのメダロット達が溢れ出した。
メダロットたちは人間に友好な態度を示すものからいきなり襲いかかってくる険悪なものまで様々な種類がいたが、多くのメダロットは人間に対して深い憎しみを抱いていた。
人間たちは滅びの道へと向かい始めたが、ある日突然マザーが輝きだし、その光は世界全土を包む。
その光が消える頃、多くの人間たちは不思議な力を得、メダロットに対抗する手段を持ったのだった。
抵抗する手段を得た人間たちは反抗勢力であるメダロットを滅ぼし始め、味方をするメダロットたちを軍事兵器として利用しはじめた。
敵対するメダロットの勢力を滅ぼし残党だけになると今度は人間達は得た力でもって戦争をしはじめた。
それから50年以上の月日が経った日の出来事。
というような世界観です。
メダロットと人間の数は半々程度。メダロットが敵だった時代に生きている人もいるけれど、今はメダロットが戦ってくれるおかげで他国に滅ぼされずに済んでいるという想いが強いので差別したりする人も少ないです。
主人公たちが通う国立の学園はメダロットと人間が大体は同じ教育を受けます。中には人間専用、メダロット専用がありますが三人が専攻している学科はすべて共用です。

私信
オマージュです。リスペクトです。
ということでどうかよろしくお願いします。が。ちょっとうちのぱくってませんか?って思ったらファンだと思ってください。
よろしくお願いします。
世界観や人物設定は更新していくにつれて短くできたらいいなと思います。



アインス・イチジョウ ( No.5 )
   
日時: 2015/09/15 19:05
名前: esukke


名前    アインス・イチジョウ

種族    人間

性別    男性

年齢    15歳

誕生日   12月22日

職業    国立レヴォル学園高等部1年 理工学部機械工学科

身長     170cm

身体的特徴 髪色・白に限りなく近い金色。
      髪型・ミディアムマッシュ。
      目の色・紫
      肌の色・黄色人種
      体格・痩せていなければ太ってもいないごく平均的な体型
      特にこれといった特徴がない。

服装    緑色のブレザーと同色系統のチェックのズボン。
      (学園制服)
      手にはレイからもらったナックルグローブを嵌めている。

性格    まじめで人当たりがよく穏やかであり、友達想いである『良い人』である。
      だが実際は引っ込み思案であり自分に自信が持てず流されやすい。
      これといって信念や大きな夢を抱いているわけではない。
      自分の優柔不断で嫌だとはっきりいうことのできない性格や
      非常識な相手の行動に怒りを感じているが
      これも表に出せずふつふつと怒りを溜めている事が多い。

その他   故郷は貧困とモンスターの襲来に苦しむ農家の町である。
      町で暮らしていた時はレイがいない所ではいじめられっ子であった。
      森の近くに家と唯一の収入源である畑があり
      兄はモンスターを狩る狩人であるが強くはない。
      アインスはレイのコネを使い領主の推薦の下、特待生で入っており
      学園に住むメダロット達の整備をする技師の手伝いで生活費を賄っている
      武術はレイと学園の講義で教わった。
      レヴォル学園の敷地内にある寮にレイと同室で暮らしている
      
特技    武術、機械いじり


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)