>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード OTHER M OTOHER
   

日時: 2015/09/10 23:27
名前: esusske

ファンタジーなメダロットの世界観です。
ここの小説を読んでいたら書きたくなりました。
RPGでゲームな世界観を出したいと思います。佐野りつつサバりたいと思います。


アインス・イチジョウ
15歳
国立レヴォル学園高等部1年。理工学部機械工学科専攻。
優しく大人しい性格。ノーといえない日本人気質のまじめ人間。
なんでも適度に器用にこなすが、内々に色々と閉じ込めている為内側でふつふつと煮えたぎっている事が多い。
キレたら収集がつかなくなるタイプ。
故郷は国境際の田舎町であるが、近くに世界中の宝であるマザーの化石がある。
機械のメンテナンスや知識。戦闘中にも使える治癒術を心得ているが
得意なのは護身用にならった武術である。メダロット専用の武器である篭手を装備している。

レイ・リン
男の子型メダロット(BOY02)
国立レヴォル学園高等部1年。法学部政治学科専攻。
学園一の天才であり鬼才である。明るくざっくばらんな性格であるが、二言目にはイヤミが飛び出すイヤなやつ。
世界中の宝であるマザーの化石のレヴォル側の管理者が保護者になっているメダロットであり、正式なパートナーはいない。
アインスは同郷の幼馴染であり、学科が違うが昼夜共にいる無二の親友であり、大体どこにいてもついてくる。
ハシムコウのようなフォルムだがカラーは黒と緑を基調とした和風な色合いであり武器は扇子である。

ドゥーエ・二・ツヴァイ
ヴァルキュリア型メダロット(VAL03-C)
国立レヴォル学園高等部3年。メダロット学部戦術学科専攻。
生徒会長であり学園全体のマドンナ的存在。気がつよくプライドも高いが優しいお姉さん的な存在である。
学園長が運営するメダロットの施設の出身でありマスターはおらず、自身も人間と生きるより戦場に立つメダロット達をメダロットの価値観で指揮したいと考えている。
アインスに一度メンテナンスをさせてから技術を気に入り、技術者の同行が必要な場合は必ず彼を指名している。
機体は主にノエル。プリプラも気に入っている。



世界観
人間の世界に隕石と思われるものが落下。その隕石は実はマザーを中心としたメダロット達であり、そこから多くのメダロット達が溢れ出した。
メダロットたちは人間に友好な態度を示すものからいきなり襲いかかってくる険悪なものまで様々な種類がいたが、多くのメダロットは人間に対して深い憎しみを抱いていた。
人間たちは滅びの道へと向かい始めたが、ある日突然マザーが輝きだし、その光は世界全土を包む。
その光が消える頃、多くの人間たちは不思議な力を得、メダロットに対抗する手段を持ったのだった。
抵抗する手段を得た人間たちは反抗勢力であるメダロットを滅ぼし始め、味方をするメダロットたちを軍事兵器として利用しはじめた。
敵対するメダロットの勢力を滅ぼし残党だけになると今度は人間達は得た力でもって戦争をしはじめた。
それから50年以上の月日が経った日の出来事。
というような世界観です。
メダロットと人間の数は半々程度。メダロットが敵だった時代に生きている人もいるけれど、今はメダロットが戦ってくれるおかげで他国に滅ぼされずに済んでいるという想いが強いので差別したりする人も少ないです。
主人公たちが通う国立の学園はメダロットと人間が大体は同じ教育を受けます。中には人間専用、メダロット専用がありますが三人が専攻している学科はすべて共用です。

私信
オマージュです。リスペクトです。
ということでどうかよろしくお願いします。が。ちょっとうちのぱくってませんか?って思ったらファンだと思ってください。
よろしくお願いします。
世界観や人物設定は更新していくにつれて短くできたらいいなと思います。



opening-3 ( No.3 )
   
日時: 2015/09/11 00:03
名前: esukke

船が目的の港についたのはそれから数時間立ってからだった。
海辺の町ウーファーは小さな町であったが、アインス達が参加する式典のため大盛り上がりだった。
海産物を使った美味しそうな料理や
見たことのない珍しい形をしたメダロットのパーツを販売している出店があった。
ついてからすぐに挨拶周りに向かったドゥーエを追いかけた為多くを見れはしなかったが
途中で別れたレイは色々な出店を見て回ったようで宿についたアインスに身振り手振りで話をした。
それにアインスは短く答えレイが満足するまで話し終えた時に控えめなノックの音が聞こえた。
ドアへと向かえばドアの向こう側の映像が備え付けのモニターにノエルが映った。


「ドゥーエせーードゥーエか・・・な?」


敬語禁止令と共に出た敬称の禁止令を思い出し慌てて言い直すも
いざ気をつけると口調が解らず変な言葉遣いになる。だが、ドアの先の彼女は笑い冗談ぽく言う。


「よし。とするわ。今回だけよ?」

「あはは、ありがとうございます。・・・あ」

「もう」


ドゥーエがおかしそうに笑えばつられてアインスも笑いをもらした。
ドア一枚隔ててやっているやりとりに不審に思ったのかレイが近くまでくる。


「なんだ。ドゥーエか。どうしたんだ?」

「なんだってどういうことかしら?」

「来訪者をドアを開いて招くこともしないのに楽しそうにくすくす笑ってるからさ、
 ついに我が親友は壊れたのかと思ったのさ。
 でも、親友として親友を壊した極悪人を確認しないと後々の説明に困るだろ?
 だから確認に来て見たら相手がドゥーエだったからさ拍子抜けしたところなんだ。
 はい、どうぞ。中は入りなよ」


レイは肩を竦めてからモニターの周りについているスイッチを操作してからドアを開いた。
それにドゥーエは首を横に振ると言った。


「そろそろご飯にしない?って誘いに来たの」

「そう、だね。しようか。レイが色々見て回ったみたいなん、だ。
 美味しそうな所沢山あったみたい、だよ」

「つっかえすぎじゃないの?」

「何事も重ねることに意味があるのよ。それより、私おなか空いちゃった。
 レイ。私たちにもアインスにもおいしく食べられそうなお店教えて」

「二人が偉そうなおっさんに挨拶してる中地元の人と話したからな。
 美味しい魚があってさらに高品質かつ新鮮なのエネルギーパックが置いてある店解るぜ。ついてきなよ」


レイに案内された店は町の中心街を少しはずれた小さな小料理屋であったが
店内は繁盛しておりアインス達がついたテーブルで満席になった。
アインスは店一番のオススメといわれるまま刺身とあら汁がある定食を頼み
レイとドゥーエもそれぞれ地元で生成したエネルギーパックを頼んだ。
運ばれてきた定食は地元住人が贔屓にする店の一番ということもあり、とても美味しかった。
エネルギーパックを頭部パーツに充てながらドゥーエが人間用に用意されたメニューを見て言う。


「アインスはいくつだったかしら?お酒は飲めるの?」

「15だから飲めないよ」

「あら、私とあまり変わらないのね。ということはストレート合格かしら?
 私は17年前に作られたからだいたい同じくらいね。
 学園がある都市のメダル工場で産まれたの。レイは?」


ドゥーエが問えばレイはふふと演技かかった意味深な笑みを漏らした。


「おれはな聞いたら驚くぜ」

「こいついつもそういうんだ。
 僕が出会ったのが10年前で
 ちょうどその頃から領主様のお宅に見たことない新しいメダロットが来たって話題になったから
 レイは10歳だよ」

「それ、違うっていってんだろ!」

「じゃあ、領主様のお宅でお世話になる前はどこにいたんだ?」


問えばレイは黙った。


「確かにおどろいたわ」


黙ったレイに対してドゥーエが言えばレイは顔を背けた。


「おまえ達には教えてやらない!」


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)