>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード OTHER M OTOHER
   

日時: 2015/09/10 23:27
名前: esusske

ファンタジーなメダロットの世界観です。
ここの小説を読んでいたら書きたくなりました。
RPGでゲームな世界観を出したいと思います。佐野りつつサバりたいと思います。


アインス・イチジョウ
15歳
国立レヴォル学園高等部1年。理工学部機械工学科専攻。
優しく大人しい性格。ノーといえない日本人気質のまじめ人間。
なんでも適度に器用にこなすが、内々に色々と閉じ込めている為内側でふつふつと煮えたぎっている事が多い。
キレたら収集がつかなくなるタイプ。
故郷は国境際の田舎町であるが、近くに世界中の宝であるマザーの化石がある。
機械のメンテナンスや知識。戦闘中にも使える治癒術を心得ているが
得意なのは護身用にならった武術である。メダロット専用の武器である篭手を装備している。

レイ・リン
男の子型メダロット(BOY02)
国立レヴォル学園高等部1年。法学部政治学科専攻。
学園一の天才であり鬼才である。明るくざっくばらんな性格であるが、二言目にはイヤミが飛び出すイヤなやつ。
世界中の宝であるマザーの化石のレヴォル側の管理者が保護者になっているメダロットであり、正式なパートナーはいない。
アインスは同郷の幼馴染であり、学科が違うが昼夜共にいる無二の親友であり、大体どこにいてもついてくる。
ハシムコウのようなフォルムだがカラーは黒と緑を基調とした和風な色合いであり武器は扇子である。

ドゥーエ・二・ツヴァイ
ヴァルキュリア型メダロット(VAL03-C)
国立レヴォル学園高等部3年。メダロット学部戦術学科専攻。
生徒会長であり学園全体のマドンナ的存在。気がつよくプライドも高いが優しいお姉さん的な存在である。
学園長が運営するメダロットの施設の出身でありマスターはおらず、自身も人間と生きるより戦場に立つメダロット達をメダロットの価値観で指揮したいと考えている。
アインスに一度メンテナンスをさせてから技術を気に入り、技術者の同行が必要な場合は必ず彼を指名している。
機体は主にノエル。プリプラも気に入っている。



世界観
人間の世界に隕石と思われるものが落下。その隕石は実はマザーを中心としたメダロット達であり、そこから多くのメダロット達が溢れ出した。
メダロットたちは人間に友好な態度を示すものからいきなり襲いかかってくる険悪なものまで様々な種類がいたが、多くのメダロットは人間に対して深い憎しみを抱いていた。
人間たちは滅びの道へと向かい始めたが、ある日突然マザーが輝きだし、その光は世界全土を包む。
その光が消える頃、多くの人間たちは不思議な力を得、メダロットに対抗する手段を持ったのだった。
抵抗する手段を得た人間たちは反抗勢力であるメダロットを滅ぼし始め、味方をするメダロットたちを軍事兵器として利用しはじめた。
敵対するメダロットの勢力を滅ぼし残党だけになると今度は人間達は得た力でもって戦争をしはじめた。
それから50年以上の月日が経った日の出来事。
というような世界観です。
メダロットと人間の数は半々程度。メダロットが敵だった時代に生きている人もいるけれど、今はメダロットが戦ってくれるおかげで他国に滅ぼされずに済んでいるという想いが強いので差別したりする人も少ないです。
主人公たちが通う国立の学園はメダロットと人間が大体は同じ教育を受けます。中には人間専用、メダロット専用がありますが三人が専攻している学科はすべて共用です。

私信
オマージュです。リスペクトです。
ということでどうかよろしくお願いします。が。ちょっとうちのぱくってませんか?って思ったらファンだと思ってください。
よろしくお願いします。
世界観や人物設定は更新していくにつれて短くできたらいいなと思います。



opening-2 ( No.2 )
   
日時: 2015/09/11 00:03
名前: esukke

船内の一室にアインスは部屋を借りていた。
いや、正式に言うとアインスはあくまでも整備士としての立場での同行者であり
部屋を借りたのは海辺の町ウーファーに呼び出されたメダロットだった。
そのノエルのパーツをつけたメダロットドゥーエ・ニ・ツヴァイは
アインス達が通う国立の学園の生徒会長である。
将来はメダロット初の軍事幹部になれるのではないかと噂されている憧れの的である。
部屋に入ればドゥーエは中にいて書類を読んでいたようだが、
視線をこちらへと向けテーブルへと書類を置いた。


「お帰りなさい。二人とも」


高く少女のような愛らしい声音だが落ち着きがあり
優しく包むような声で言われアインスは自然と笑みがこぼれた。


「ただいま戻りました」


頭を軽く下げるだけの簡素な挨拶と共に言えばドゥーエの雰囲気が少しだけ暗くなったのを感じた。
その雰囲気のままドゥーエが言う。


「アインス。敬語はいらないわ。
 私の方が学年は上だけど私はあなたの技術に惚れ込んで相棒として同行をお願いしてるのよ。
 だから、私はあなたには対等な立場で居て欲しいのよ」

「いや、ですが」

「いやなのか?」


ドゥーエの願いに戸惑っていれば先に奥へと入り室内に備えられているソファに座ったレイが言う。
続けた。


「ドゥーエと対等の立場になるのはいやなのか?」

「えっえ!?」


あまりにも外れた言葉に動揺する。
ドゥーエに対して敬語を外せないのは2年も上の先輩だからという理由以外にも尊敬できる部分がとても多く。
今はまだ目指すべき場所であり、同じ位置と相手から望まれてもとても恐れ多くて無理だからだ。
なのにレイの言い方ではドゥーエの事を嫌っているようだ。
距離を起きたいように見られるのは非常に困る。
事実彼女を見れば、人間であれば口の位置に相当しそうな場所に広げた両手をあわせて置いていて
驚いているようだった。
アインスは慌てて否定した。


「違う。そういう」

「じゃあいいよな」


アインスが話している途中で被せるようにして言ったレイの言葉で漸く彼の真意が解った。
レイはけして本意から「いやなのか?」と聞いたわけではない。
僕がドゥーエのことを尊敬し目標としているのを解っていたのだ。その上であえて言ったに違いない。
『言った彼女が良いと言い要望までしているのだから卑屈にならずに言えばいい』
彼の真意はおそらくこんな内容だろう。でも、そのまま素直にそうだね。とは言い難い。
悩んでいるとドゥーエがくすくすとした笑い声をあげた。


「そうね。じゃあ、こうしましょう?私達の中で敬語を使ったら敬語で返すようにしましょうか」

「え?おれまで?」

「そうよ。レイは敬語には縁がないみたいだけど、使えないわけではないのでしょう?」

「軽くおれのこと社会不適合者扱いしてませんか?ツヴァイ先輩」

「リンさん。その様なことはけしてありません」


レイに笑みと共に言ってから、ドゥーエはアインスを見て笑みを一層濃くした。


「決まりだからね。私はあなたを尊敬しているのだから、アインスから私に向ける敬語は禁止よ」

「まあ、尊敬してるって言われてここまで面倒な提案されたらできないよな。アイン」


二体のメダロットに笑顔とともに言われればイエスとしか言葉は出てこなかった。


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)