>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード メダロット〜15 years after〜
   

日時: 2015/06/22 06:42
名前: 磁石マン

初代アニメメダロット放送終了からもうすぐ15年が経ちます。
そこであのアニメのイッキたちの15年後のストーリーを描いてみました。

一応、魂の話から15年後ということにしていますが、
話の設定やコメディータッチなところは初代アニメを踏襲する形でいきます。

〜ストーリー〜

イッキたちが世界大会でヘベレケの野望を打ち砕き、その後デスメダロットを
率いるコクリュウを更生させてから早15年が経とうしていた。

かつて子供だった者は皆大人へと成長し、大人になった人々はメダロットとの友情は続きつつも、
仕事や日々の生活に追われて昔のようにロボトルを行う者は少なくなってしまっていた。

イッキはというと、かつてと変わらず仕事の合間を縫ってはメタビーとロボトルを楽しんでいた。
そんなイッキにある日、ロボトル世界大会の案内状が届く。
今回こそはビクトルに勝つんだと意気込むイッキとメタビーだったが、
そんな彼らの前に新たな敵が立ちはだかろうとしていた。



Re: メダロット〜15 years after〜 ( No.7 )
   
日時: 2015/06/23 08:38
名前: 磁石マン

ツンドルは変型したかと思うと猿のファルムへと姿を変えた。
「ミセテヤル。ツンドルノシンノスピードヲ。」
少女の言葉と同時にツンドルはイッキとメタビー視界から消えた。
「は、はやい…!」
「メタビー、右だ!!」
イッキの声でメタビーはハッとすると、右から氷の塊が飛んできた。
メタビーは間一髪それを右腕で防いだが、右腕は完全に凍りついてしまった。
「くっ!」
「ハハハ!オマエラノドウタイシリョクデハトウテイトラエラレマイ。」
しかし、イッキとメタビーはニヤリと笑った。
「ビクトル対策に訓練したあれが役に立ちそうだな!」
「あぁ!!」
イッキとメタビーはそう言うとゆっくりと目を閉じた。
一方、ツンドルは超高速で移動しながらフリーズで再び攻撃しようと身構えた瞬間だった。
メタビーのブラスターの銃口がツンドルへと真っ直ぐに向かい、無数の弾丸が打ち出された。
ツンドルの体を無数の銃口が撃ち抜く。
「ナッ!?」
「勝負あったな。」
メタビーはブラスターの銃口を倒れこんだツンドルの頭に突き付けた。
「ナゼダ…ナゼツンドルノイチヲセイカクニ!」
「目で見切れねぇなら…魂で感じ取るだけさ。」
「メダルには魂が宿っている。その魂を感じ取ることさえ出来れば、目で追うより早く正確に相手の位置を見極められる。俺とメタビーが特訓を重ねて身につけた技さ。」
うるちが少女へと問いかける。
「勝負ありとみなしてよろしいですね?」
しかし少女は俯いたかと思うと、不敵な笑みを浮かべた。
「ククク…ハハハ!ハハハハハハ!!」
「?」
「ツンドル…ヤレ!!!」
ツンドルの腕から氷の塊が撃ち出された。
しかし、その標的はメタビーではなく…イッキだった。
「なっ!?」
メタビーは直ぐさまイッキを庇うようにイッキの前方に立った。
氷の塊はメタビーの腹部に命中し、腹部から脚部にかけて完全に凍りついてしまった。
「メタビー!!」
「ハハハ!イマダツンドル!!」
ツンドルはメタビーへと駆け寄るとメタビーの右腕を全力で殴り飛ばした。
凍りついたメタビーの右腕はティンペットごとバラバラに砕け散った。
「ぐわぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!!」
「メタビーーー!!!!」
うるちが少女へ止めに入る。
「いけません!メダロッターへの攻撃は完全な違反行為ですよ!!」
しかし少女の体から電撃が放たれて、うるちは気絶してその場に倒れこんだ。
「マダマダ!!」
ツンドルの蹴りがメタビーの左脚へと命中し、左腕もまたバラバラに砕け散った。
「やめろーーー!!!!」
メタビーの体から眩い光が放たれた。
ツンドルは咄嗟に距離を置いた。
「許さねぇぞ、お前ら。」
「フフ…キタナ、メダフォース!」
「行けーーー!メタビー!!」


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)