>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード メダロット〜15 years after〜
   

日時: 2015/06/22 06:42
名前: 磁石マン

初代アニメメダロット放送終了からもうすぐ15年が経ちます。
そこであのアニメのイッキたちの15年後のストーリーを描いてみました。

一応、魂の話から15年後ということにしていますが、
話の設定やコメディータッチなところは初代アニメを踏襲する形でいきます。

〜ストーリー〜

イッキたちが世界大会でヘベレケの野望を打ち砕き、その後デスメダロットを
率いるコクリュウを更生させてから早15年が経とうしていた。

かつて子供だった者は皆大人へと成長し、大人になった人々はメダロットとの友情は続きつつも、
仕事や日々の生活に追われて昔のようにロボトルを行う者は少なくなってしまっていた。

イッキはというと、かつてと変わらず仕事の合間を縫ってはメタビーとロボトルを楽しんでいた。
そんなイッキにある日、ロボトル世界大会の案内状が届く。
今回こそはビクトルに勝つんだと意気込むイッキとメタビーだったが、
そんな彼らの前に新たな敵が立ちはだかろうとしていた。



Re: メダロット〜15 years after〜 ( No.5 )
   
日時: 2015/06/23 01:30
名前: 磁石マン

少女の後ろから一体の虎の姿をしたメダロットが飛び出してきた。
「なんだ?見たことないメダロットだ。」
「ツンドル…ニンゲンヲタオセ!!」
ツンドルと呼ばれたメダロットはイッキとメタビーを攻撃しようと身構えた。
「こ、ここで戦う気か!冗談じゃないよ!部屋を荒らされてたまるか!!」
「元々汚い部屋だから良いじゃねぇか。」
「うるさい!メタビー、レクリスモードだ。」
「おうよ!」
メタビーの体が変形し、車両型メダロットへと変型した。
イッキがメタビーに飛び乗ると、2人は窓から外へと飛び出した。
少女とツンドルが後を追うように窓から飛び出した。
「お、おいおい!ここ2階だぞ!!」
しかし少女はツンドルと共にまるで猫のような軽やかさで地面へと着地した。
「す、すげぇ!」
「ニゲテモムダダ、ニンゲン。」
「逃げる?冗談じゃないね。」
イッキはメタビーから降りるとニヤリと笑った。
「誰かは知らないけど、お前には安い給料を苦労して貯めて買ったパソコンを駄目にされたんだ。土下座で謝罪させてお尻ペンペンして、大人の厳しさをたっぷり教えてやる!!」
「そう言うの大人気ないって言うんじゃねぇのか?」
「細かいことは良いんだよ!行くぞ、メタビー!!」
「おうよ!!」
メタビーはレクリスモードを解き、臨戦態勢に入った。
「合意と見てよろしいですねー?」
その声が響き渡ったかと思うと、イッキの家の屋根にミスターうるちが姿を現した。
「ミスターうるち!」
「久しぶりじゃねぇか!!ってかまだ審判やってたのな!!」
「えぇ。あの事件以来、表舞台に出ることは自粛していたのですがね。定年間近なので最近は自由にやらせてもらってるんですよ。」
「ほー。何にせよテンション上がるな!」
少女は苛立ちながら叫んだ。
「マダカ。オンナヲマタセルノハオトコトシテサイテイダゾ。」
「あっ、すみませんね。それではロボトルーーファイト!!」


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)