>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード メダロット〜15 years after〜
   

日時: 2015/06/22 06:42
名前: 磁石マン

初代アニメメダロット放送終了からもうすぐ15年が経ちます。
そこであのアニメのイッキたちの15年後のストーリーを描いてみました。

一応、魂の話から15年後ということにしていますが、
話の設定やコメディータッチなところは初代アニメを踏襲する形でいきます。

〜ストーリー〜

イッキたちが世界大会でヘベレケの野望を打ち砕き、その後デスメダロットを
率いるコクリュウを更生させてから早15年が経とうしていた。

かつて子供だった者は皆大人へと成長し、大人になった人々はメダロットとの友情は続きつつも、
仕事や日々の生活に追われて昔のようにロボトルを行う者は少なくなってしまっていた。

イッキはというと、かつてと変わらず仕事の合間を縫ってはメタビーとロボトルを楽しんでいた。
そんなイッキにある日、ロボトル世界大会の案内状が届く。
今回こそはビクトルに勝つんだと意気込むイッキとメタビーだったが、
そんな彼らの前に新たな敵が立ちはだかろうとしていた。



Re: メダロット〜15 years after〜 ( No.4 )
   
日時: 2015/06/23 00:57
名前: 磁石マン

イッキは自宅のパソコンを立ち上げると、インターネットの情報を探り始めた。
「怪盗レトルト…怪盗レトルト…と。あった!これだ。」
「本当か!どれどれ。」
その匿名掲示板には確かに怪盗レトルトらしき人物を目撃したとの書き込みがあった。
その場所を調べようとイッキがクリックしようとした時、
突然パソコンの画面がザァザァと砂嵐状態になってしまった。
「なんだよ良いところで!突然おかしくなったぞ!」
「これ買ったばかりのやつだろ?お前変な使い方してたんじゃねーの?」
「なんだと!!メタビーこそ勝手に変なとこいじったんじゃないだろうな!!」
「なにーー!!」
イッキはとメタビーは互いに睨み合い、今にも取っ組み合いの喧嘩を始める姿勢になった。
しかし、突然パソコンは砂嵐の状態からバチバチと火花を散らし出したかと思うと、眩い閃光を放った。イッキとメタビーがあまりの眩しさに目を閉じた。
そして目を開けると、そこには体から火花を散らしながら髪を逆立てる1人の少女の姿があった。
「な、なな!?」
「ニンゲン…テキ!」


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)