>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード メダロット〜15 years after〜
   

日時: 2015/06/22 06:42
名前: 磁石マン

初代アニメメダロット放送終了からもうすぐ15年が経ちます。
そこであのアニメのイッキたちの15年後のストーリーを描いてみました。

一応、魂の話から15年後ということにしていますが、
話の設定やコメディータッチなところは初代アニメを踏襲する形でいきます。

〜ストーリー〜

イッキたちが世界大会でヘベレケの野望を打ち砕き、その後デスメダロットを
率いるコクリュウを更生させてから早15年が経とうしていた。

かつて子供だった者は皆大人へと成長し、大人になった人々はメダロットとの友情は続きつつも、
仕事や日々の生活に追われて昔のようにロボトルを行う者は少なくなってしまっていた。

イッキはというと、かつてと変わらず仕事の合間を縫ってはメタビーとロボトルを楽しんでいた。
そんなイッキにある日、ロボトル世界大会の案内状が届く。
今回こそはビクトルに勝つんだと意気込むイッキとメタビーだったが、
そんな彼らの前に新たな敵が立ちはだかろうとしていた。



Re: メダロット〜15 years after〜 ( No.2 )
   
日時: 2015/06/22 08:34
名前: 磁石マン

イッキが息を切らしながら工場へと辿り着いた。
「イッキくーーーん。今年20回目の遅刻おめでとう。」
そこには怒りを露わにするタンタカ工場長の姿があった。
「あはは。いやー、なんか記念品とか貰えたりしますかね?」
「そんな訳あるか!!さっさと支度しなさい!!!」
「は、はーい!!」

イッキはメダロットのパーツを作る小さな工場へ就職していた。
メダロット社へ来ないかというメダロット博士の言葉もあったが、
頭を使う仕事は向いていないのと、ナエへの憧れもありイッキはこの仕事を選択した。

定時のチャイムが鳴ると、イッキは勢いよく工場を飛び出した。
「お疲れ様でしたーー!!」
タンタカ工場長はやれやれと頭を振った。
「まったく…帰るときだけは人一倍早いんだから。」

「さぁ!仕事は終わりだ!ロボトルするぞー!!」
イッキは意気揚々とメダロッチのボタンを押した。
「メダロット転送!」
メダロッチから眩い光が放たれたかと思うと、メタビーが姿を現した。
「待ちくたびれたぜ!さぁロボトルしに行こうぜ!」
「おうよ!!今日は街に出るぞ!!」
すると、二人に対してパシャというシャッター音と共に
フラッシュが光ったかと思うと、カメラを持った女性がにっこりと笑った。
「天領イッキ、仕事をサボりロボトルに行く。スクープね。」
「ア、アリカ!」
そう。その女性は甘酒アリカ。現在はメダロット新聞社で勤務し、
若手女性ジャーナリストととして注目を浴びる存在となっていた。
「違うんだこれは!仕事は今日早上がりだったから!」
「ふふ。冗談よ、冗談。しかし相変わらずの本当ロボトル馬鹿っぷりね。」
「あたぼうよ!」
「俺とイッキのロボトルを極める道にゴールなんてないんだよ!」
「はいはい。なんかあんた達を見てると昔とちっとも変わってなくて安心するわよ。」
アリカはそう言うと、二人に対して一枚の紙を差し出した。
「これは?」
「ギンジョウ小学校の同窓会の案内よ。あんたはどうせメールとか見ていないだろうから、わざわざ印刷して持ってきてあげたのよ。」
「おぉ!ありがとう!!」
「同窓会ってなんだ?」
「小学校時代のみんなで久しぶりに集まる会よ。まぁイッキは今まで一度も参加してないから、メタビーが知らなくても無理はないわね。」
イッキはアリカに睨まれて、サッと目をそらした。
「今回は来なさいよね。オトコヤマ先生やマスミ先生も来るって言ってるんだからさ。」
「う、うん。行けたら行くよ。」

行けたら行く。それは誘いを受けて困った時に人がよく使う言葉である。
大抵、この言葉を使った人間は来ないことで有名である。

「絶対来なさいよ!今回は特別にカリンちゃんとコウジ君とギンカイ君もも二次会には呼ぶ予定なんだから!」
「えっ!カリンちゃ〜〜〜ん。」
イッキは鼻の下を伸ばした。
「行く行く!絶対行く!!コウジとギンカイの奴は別にどうでも良いけど。」
「本当、調子良いな、こいつ…。」
アリカは眉間に皺を寄せながらもゆっくりと頷いた。
「オッケー。んじゃまたその時にね!私はまたこれから取材があるから。」
アリカはそう言うと立ち去ろうとして、不意に立ち止まった。
「あっ、それからこれは新聞社に風の噂で入ってきた程度の情報だけど…。」
「?」
「数日前、怪盗レトルトを見たって人がいるらしいのよ。本当かどうかは定かじゃないけどね。」
「か、怪盗レトルトを!?」
「マジかよ!!」
「あくまで噂よ!デマかも知れないけど、一応伝えておかなきゃと思っただけよ。」
アリカはそう言うと二人に手を振りながら去って行った。


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)