>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード メダロット〜15 years after〜
   

日時: 2015/06/22 06:42
名前: 磁石マン

初代アニメメダロット放送終了からもうすぐ15年が経ちます。
そこであのアニメのイッキたちの15年後のストーリーを描いてみました。

一応、魂の話から15年後ということにしていますが、
話の設定やコメディータッチなところは初代アニメを踏襲する形でいきます。

〜ストーリー〜

イッキたちが世界大会でヘベレケの野望を打ち砕き、その後デスメダロットを
率いるコクリュウを更生させてから早15年が経とうしていた。

かつて子供だった者は皆大人へと成長し、大人になった人々はメダロットとの友情は続きつつも、
仕事や日々の生活に追われて昔のようにロボトルを行う者は少なくなってしまっていた。

イッキはというと、かつてと変わらず仕事の合間を縫ってはメタビーとロボトルを楽しんでいた。
そんなイッキにある日、ロボトル世界大会の案内状が届く。
今回こそはビクトルに勝つんだと意気込むイッキとメタビーだったが、
そんな彼らの前に新たな敵が立ちはだかろうとしていた。



Re: メダロット〜15 years after〜 ( No.1 )
   
日時: 2015/06/22 07:08
名前: 磁石マン

「ち、遅刻だぁぁぁあ!!!」
階段を駆け下りる音がしたかと思うと、イッキが血相を変えて降りてきた。
「あらあら。今日も騒がしいわね。」
チドリがメタビーと目を合わせ、にっこりと笑った。
イッキは息を荒くしながらスーツに腕を通していた。
「メタビー、なんで起こしてくれなかったんだよ!!」
「あーん?俺は目覚まし時計じゃねぇぞ。」
「あのなぁ!お前は俺のメダロットなんだぞ!少しは…。」
「俺はお前をマスターと認めた覚えはない!!」
イッキとメタビーは互いに睨み合う。するとチドリは二人の間に割り込むと、
イッキの口にパンを突っ込み、メタビーの頭をぽんぽんと撫でた。
「俺とお前は友達だ…でしょ?さぁ、早く行かないと本当に遅刻するわよ。」
イッキはメダロッチの時計を見て目を丸くし、パンを飲み込んだ。
「あーー、しまった!行ってきまーす!!」
「あっ、イッキ。待って。」
「な、なに!?」
「行ってらっしゃいのちゅ…」
「行ってきまーす!!」
「冗談よ、冗談。イッキ宛に世界大会のお手紙が届いていたわよ。」
チドリは一通の封筒をイッキに手渡した。
「おぉーーー!遂にやってきたんだね!!」
「イッキ!今度こそビクトル率いるケニアチームに勝って優勝しようぜ!!」
「おうよ!4度目の正直だな!!」
「それを言うなら3度目の正直じゃ…。」

3度目の正直。それは1度、2度と同じ過ちを繰り返してきた者が使う言葉であり、
3度目こそはという気合いを表した言葉である。
尚、2度あることは3度あるという言葉があるように、その信憑性は限りなく薄い。


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)