>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード 【    T h i r s t    】
   

日時: 2014/01/07 22:08
名前: 通りすがりのコンビニ店員



 ――どこかの国の、ある街の、薄汚いスラム。
 救いがあるのかないのか分からない、そんなお話。











                    【    T h i r s t    】










CAST




《渇く者》サースト
            ――彼は何に乾いているのかわからない。



《奪う者》バンデット
            ――彼はひたすら奪い、与える。



《踏みにじる者》トランプルド
            ――踏みにじって進んでこそ強者。



《悟る者》ニルヴァーナ
            ――貪欲であればこそ。



《憧れる者》ローギング
            ――まるで恋するようにその唯一に憧れて。



《支える者》ケイン
            ――彼は杖。彼は翼。寄り添い支え続ける。心が折れ、翼もげるまで。



《報復する者》ローラン・ロード
            ――復讐が幸福を産まないと誰が決めた?














・補足・

『城』 巨大なビル。最下層地下1階から最上階50階まで。最上階に近づくほど強い。最下層の地下を除いた各階に闘技場が設置されており、国のお偉いさんがお得意様の賭けが行われている。入ったら最後、死亡率90パーセント。ただ地下1階で行われる選抜戦(惨劇)を生き残り、闘技場に出て一勝することができれば、馬鹿みたいな大金が転がり込む夢の場所。敗者にとっては墓場。巨大なビルは天にそびえる墓標だとさえ言われている。それほど生き残れる人は少ない。
イメージは無限城と天空闘技場たして、2で割った感じ。1階1階が広く高い


『決闘』 城の闘技場にて行われる試合。使用していいメダロットは一機のみ。メダロットとそのマスターが共闘して戦う。相手を全滅させるか、相手のマスターを殺せば勝ち。よって、いかにして相手のマスターを殺すか、また自らのマスターを護るかが重要になってくる。マスターは武器を所持していいが、銃や火器類は禁止されている。マスターの武器について。なぜこのような微妙な規定になっているかというと、もともと許可されていたのは盾などの防具で、ナイフなどの刃物ぐらいならばOKという風潮だったが、誰かが何を思ったか鞭で戦いだし、それで勝ち進み闘技場が盛り上がって以来、銃や火器類以外の武器なら使用してよくなった。銃や火器類が禁止されているのは、90パーセントを超える死亡率が、本当に絶望的な数値に変わるからである。






※感想不要
 若干の、グロ、残酷表現があるので注意





Re: 【    T h i r s t    】 ( No.8 )
   
日時: 2014/01/31 08:52
名前: 通りすがりのコンビニ店員

最後の最後でしか彼らは、
≪悟る者≫ニルヴァーナ







 ニルヴァーナ


 ニルヴァーナ


 ニルヴァーナ!






 全ての機能が停止していくなか、最後に見たトランプルドは、らしくもなく縋るように自分の名を繰り返していた。
 男のこんな弱った姿を見るのは初めてだった。
 ついでに言えば、最低なこの男でも涙を流せるのだと知ったのも、初めてだ。




「なんだ。結局、死んだのか」




 新しいボディを得て再起動させられたニルヴァーナは、自分のマスターが死んだことを聞かされた。
 その後、新しいマスターを選ぶつもりはあるかとも、聞かれた。
 しばらく考えたのち、ニルヴァーナはゆっくりと頷いた。
 ニルヴァーナの答えを受けて、では候補者をリストにしておこう、と『城』の事務員はその部屋を出ていった。





 トランプルドの死という結果は、少し考えれば当然のことだった。
 メダロットを失った生身の人間があの闘技場において生き残れるわけがない。
 おそらくあの男は、自分が身代わりとなって機能停止してから数秒と経たず、その首を刎ねられたはずだ。




「……トランプルド」




 あの残虐な男は、もしかすると、自分の名を呼びながら死んだのではないだろうか。
 最後に見たトランプルドの様子を思い出せばその可能性は高い気がした。
 ニルヴァーナの表情が悔しげに歪む。




「……らしくないのは、お互い様だったな」




 イルヴァーナは貪欲だ。
 戦闘において、その貪欲さは勝利に発揮される。
 あの時。いつもの冷静な彼女ならば、トランプルドの身代わりになったりはしなかっただろう。バンデットへ攻撃を続行し、あのメダロットだけでも敗者として機能停止に追い込んでいた。もしそうであったなら試合的には負けでも、自分と敵マスターである人間の少年だけが残り、状況的には負けたとはいい難いからだ。生身の人間。それも銃火器を持ってない人間が、メダロットに勝つのはほとんど不可能なのだから――これが敵チームを全滅させる戦いだったならば、むしろ勝っていた。確実に勝っていた。仮定の話だが、少なくともニルヴァーナはそう思っていて、その上でその勝ちを捨てた。




 そう。試合的には負けても、状況的には勝てていた――はずだった、トランプルドを庇わなければ。





 その勝ちを捨てたのは、ひとえにニルヴァーナの意志だ。





 それは貪欲な彼女らしくない意志だった。




 しかし、






「なぜだろうな。お前には生きて欲しかった」






 最後にメダロットのために泣いた男と、マスターのために勝ちを捨てたメダロット。
 彼と彼女は凄く似ていて、ある意味とても彼と彼女らしいマスターとメダロットの姿が、あの瞬間の闘技場にはあった。













 ――最後の最後でしか彼らは、本音を晒せない。







投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)