>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード 【    T h i r s t    】
   

日時: 2014/01/07 22:08
名前: 通りすがりのコンビニ店員



 ――どこかの国の、ある街の、薄汚いスラム。
 救いがあるのかないのか分からない、そんなお話。











                    【    T h i r s t    】










CAST




《渇く者》サースト
            ――彼は何に乾いているのかわからない。



《奪う者》バンデット
            ――彼はひたすら奪い、与える。



《踏みにじる者》トランプルド
            ――踏みにじって進んでこそ強者。



《悟る者》ニルヴァーナ
            ――貪欲であればこそ。



《憧れる者》ローギング
            ――まるで恋するようにその唯一に憧れて。



《支える者》ケイン
            ――彼は杖。彼は翼。寄り添い支え続ける。心が折れ、翼もげるまで。



《報復する者》ローラン・ロード
            ――復讐が幸福を産まないと誰が決めた?














・補足・

『城』 巨大なビル。最下層地下1階から最上階50階まで。最上階に近づくほど強い。最下層の地下を除いた各階に闘技場が設置されており、国のお偉いさんがお得意様の賭けが行われている。入ったら最後、死亡率90パーセント。ただ地下1階で行われる選抜戦(惨劇)を生き残り、闘技場に出て一勝することができれば、馬鹿みたいな大金が転がり込む夢の場所。敗者にとっては墓場。巨大なビルは天にそびえる墓標だとさえ言われている。それほど生き残れる人は少ない。
イメージは無限城と天空闘技場たして、2で割った感じ。1階1階が広く高い


『決闘』 城の闘技場にて行われる試合。使用していいメダロットは一機のみ。メダロットとそのマスターが共闘して戦う。相手を全滅させるか、相手のマスターを殺せば勝ち。よって、いかにして相手のマスターを殺すか、また自らのマスターを護るかが重要になってくる。マスターは武器を所持していいが、銃や火器類は禁止されている。マスターの武器について。なぜこのような微妙な規定になっているかというと、もともと許可されていたのは盾などの防具で、ナイフなどの刃物ぐらいならばOKという風潮だったが、誰かが何を思ったか鞭で戦いだし、それで勝ち進み闘技場が盛り上がって以来、銃や火器類以外の武器なら使用してよくなった。銃や火器類が禁止されているのは、90パーセントを超える死亡率が、本当に絶望的な数値に変わるからである。






※感想不要
 若干の、グロ、残酷表現があるので注意





Re: 【    T h i r s t    】 ( No.7 )
   
日時: 2014/01/13 00:24
名前: 通りすがりのコンビニ店員

≪踏みにじる者≫トランプルド





 醜く産まれて来た男は、蔑まれて育ってきた。
 貧しい家で劣等感と飢餓と共に成長期を過ごした男は、しかしそれらを快感に変えることに成功する。
 きっかけは人を殺したことだった。




 振り上げた拳と血塗れの鉄パイプは、血を撒き散らした男より自分の方が勝っていることを証明した。
 血を流す男が自分の父親であることはどうでもいいことだった。
 大切なのは力の証明。
 暴力によって、今まで蔑まれて来た男は、初めて自分の存在に価値を見いだした。




 暴力は男にあらゆるものを与えた。
 金に食べ物に女に住む場所。だが男に幸福を与えるのは、金でも食べ物でも女でもない。自分を蔑んできた者をぶちのめす瞬間だ。男は何度となくそれを実行した。闇討ち、小細工、人質。あらゆる手段を持って強者を喰らい、男は強くなっていった。『城』の王となるまでそれは続いた。




 そして頂に立った男は、好き勝手ができる暮らしの中で、かつて自分も踏みにじられる側であり、奪われる日々があったことを少しずつ忘れ去る。それと同時に、強者を喰らう飢餓も男の中から消失していった。









 ……………………………………………………
 ………………………………
 ……………………
 …………








 闘技場でトランプルドは叫ぶ。


「<悲鳴>をあげろ!! ニルヴァーナ!」


 トランプルドを庇うように立ちふさがっていたメダロットが、絶叫をあげる。
 白熱していた闘技場が刹那の間、停止して、しかしすぐに熱を取り戻す。


 踊り子型メダロット、ニルヴァーナ。
 両腕に青い炎を纏い戦う彼女は、攻撃力の高いその両腕より、頭部パーツの能力を生かすことですべての戦いに勝利してきた。
 それが先ほどの<悲鳴>である。
 彼女の<悲鳴>をまともに食らったメダロットは、一定のあいだ大幅にパーツの成功率を下げる――要するに、強力なバク・ウイルス効果だ。これによって、彼女が<悲鳴>をあげた後はほとんどのメダロットが攻撃を封じられる。


「突っ込めニルヴァーナ。そのまま仕留めろ」


 踊りかかるニルヴァーナの先にいるのは、バンデットだ。だが何時もの歩く骸骨の姿ではない。彼は今、破壊の申し子ゴットエンペラーのパーツを身に付けている。


「バンデット。変形、NIT-0X」


 迫ってくる敵に、焦りのないサーストの声。
 ニルヴァーナの<悲鳴>を受けてふらついていたバンデットは、それでもマスターの指示に反応する。ゴットエンペラーのフォルムが〝ぐにゃり〟と歪み、数秒もせず今度は鋼鉄の騎士、ナイトアーマーの姿を形作った。


 無形型メダロット、バンデット。
 彼は天才と名のつく科学者に生み出された殺戮兵器だ。
 殺戮を目的として作り出された彼は、より多くの敵を殺せるように、どんな状況下でも敵を殺せるように、姿を与えられなかった。
 代わりに与えられたのは全てに変形する能力。
 バンデットの名に相応しく、彼は破壊したメダロットの姿を奪うことが出来る。


「そのまま両腕で防いで。大丈夫、すぐ終わるから」


 ニルヴァーナは、攻撃を封じられ守りに入ったバンデットへ、ここぞとばかりに猛追を開始した。踊る青い炎に、堅いはずのナイトアーマーの盾がみるみる削られていく。だがバンデットはぶれない。サーストの言葉を信じて、両腕をクロスさせてひたすら耐える。
 そのままこの状態が続き、メダロット同士の決着がつくまで、もうあと数秒という所。その段階にきて唐突にニルヴァーナの攻撃が止んだ。


 ――宣言通り、サーストがトランプルドに勝った!


 攻撃が止んだことに気がついたバンデットは、すぐさま両腕をどけて顔をあげた。






 しかし、バンデットの視界に飛び込んできたのは期待していたサーストの勝利の瞬間ではなく――





 ――なぜか長剣によって串刺しになったニルヴァーナと、彼女の傍で両目を見開くトランプルドの姿だった。







投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)