>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード 【    T h i r s t    】
   

日時: 2014/01/07 22:08
名前: 通りすがりのコンビニ店員



 ――どこかの国の、ある街の、薄汚いスラム。
 救いがあるのかないのか分からない、そんなお話。











                    【    T h i r s t    】










CAST




《渇く者》サースト
            ――彼は何に乾いているのかわからない。



《奪う者》バンデット
            ――彼はひたすら奪い、与える。



《踏みにじる者》トランプルド
            ――踏みにじって進んでこそ強者。



《悟る者》ニルヴァーナ
            ――貪欲であればこそ。



《憧れる者》ローギング
            ――まるで恋するようにその唯一に憧れて。



《支える者》ケイン
            ――彼は杖。彼は翼。寄り添い支え続ける。心が折れ、翼もげるまで。



《報復する者》ローラン・ロード
            ――復讐が幸福を産まないと誰が決めた?














・補足・

『城』 巨大なビル。最下層地下1階から最上階50階まで。最上階に近づくほど強い。最下層の地下を除いた各階に闘技場が設置されており、国のお偉いさんがお得意様の賭けが行われている。入ったら最後、死亡率90パーセント。ただ地下1階で行われる選抜戦(惨劇)を生き残り、闘技場に出て一勝することができれば、馬鹿みたいな大金が転がり込む夢の場所。敗者にとっては墓場。巨大なビルは天にそびえる墓標だとさえ言われている。それほど生き残れる人は少ない。
イメージは無限城と天空闘技場たして、2で割った感じ。1階1階が広く高い


『決闘』 城の闘技場にて行われる試合。使用していいメダロットは一機のみ。メダロットとそのマスターが共闘して戦う。相手を全滅させるか、相手のマスターを殺せば勝ち。よって、いかにして相手のマスターを殺すか、また自らのマスターを護るかが重要になってくる。マスターは武器を所持していいが、銃や火器類は禁止されている。マスターの武器について。なぜこのような微妙な規定になっているかというと、もともと許可されていたのは盾などの防具で、ナイフなどの刃物ぐらいならばOKという風潮だったが、誰かが何を思ったか鞭で戦いだし、それで勝ち進み闘技場が盛り上がって以来、銃や火器類以外の武器なら使用してよくなった。銃や火器類が禁止されているのは、90パーセントを超える死亡率が、本当に絶望的な数値に変わるからである。






※感想不要
 若干の、グロ、残酷表現があるので注意





Re: 【    T h i r s t    】 ( No.14 )
   
日時: 2015/10/08 01:28
名前: 通りすがりのコンビニ店員


≪渇く者≫サースト



 雨でもなく、雪でもなく、槍が降る。


 持ち手と共に急降下してきたそれを、サーストは地面を蹴ることで間一髪、避けた。
 轟音と衝撃。えぐれた闘技場の石版がつぶてとなって宙を舞う。
 尖ったそれがぶつかって肉が裂けるのも気にせず、サーストは粉塵を利用して、槍と共に降ってきた少年――ローキングの背後を取った。


(厄介だなぁ)


 すばやく持っていたナイフを投げる。だが鈍く光るそれは当たることはなく、無人の地面に突き刺さった。標的《ターゲット》はすでに空に――鳥のように飛び回るメダロットに回収されてしまっている。サーストは碧の眼を細めた。空に逃げられては手の打ちようがない。


(ほんとうに厄介だ)


 ふたたび槍が降る。




 ……………………………………………………
 ………………………………
 ……………………
 …………




 生きたいと願った少年が待ちに待った、天使との戦いは、彼が12階にいたあの頃から一年も経たずやってきた。キラキラと目を輝かせて黒髪の少年に比べ、少年に寄り添うようにいるメダロットがどこか不安げで、諦めているようで、それでいて諦めきれないように少年を見上げていて。
 彼らと対峙したサーストは喜んで彼らを敵として闘技場に迎い入れた。


 だって彼らは〝綺麗〟だった。


 ローキングからまっすぐと向けられる憧れと殺意も。
 少年のメダロット――ケインの抱えている、喜びと哀しみも。




 きっと彼らは闘技場の上でも輝くだろう。
 滑らかなコンビネーションの上に、ちぐはぐで噛み合わないそれぞれの感情を乗せて戦う彼ら。
 黒髪の少年は、生きたいと願いっていながら、ただサーストに認められたくてこんな所まで来てしまった――自分の身を削るような戦いを繰り返しながら。
 欠陥品のメダロットの方はおそらく全てをわかっているのだろう。
 幾度の戦いの中で、自分がどれほど壊れてきて、マスターである少年も壊れているのか。
 だからこそ迷っている。
 道具のように必要とされながら、マスターとして彼を愛してしまったから。
 どうにか生きて欲しい。
 死んで欲しくない。
 けど、おそらく、この戦いが勝っても負けても、終わる頃には自分たちの体は……。
 あのメダロットは自分たちの終わりを知っている。
 だからこそ戦いに迷っている。


 サーストは微笑んだ。
 きっと彼らは輝くだろう。この戦いの終わりに、ひときわ、つよく、――〝綺麗〟に。




 ……………………………………………………
 ………………………………
 ……………………
 …………




 かくしてサーストの予感は当たった。


 先に限界が来たのは生きたいと願っていた少年だった。サーストの攻撃をかわし、空に急上昇際に体重をかけそこねて、ずっと足を滑らせて機体から落ちた。その隙を逃さすブルースドックに変化したバンデットが連射。ローキングはバンデットの連射をケインの機体を蹴ることで回避したが、それによってケインの機体とローキングは空中で完全に分離した。


(いまバンデットが彼を撃てば勝てるな)


 バンデットが撃てばローランドは死ぬ。
 サーストはケインをみた。


 迷いのなか、マスターの死を察して喜びも哀しみも絶望へと変わり、黒く濡れるその鳥を。


 飛ぶことしか出来ない鳥は殺意にまみれ、持ち主の槍を奪い、空を堕ちた。




 たとえそれが、自分の存在意義を無くそうとも。





投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)