>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード 【    T h i r s t    】
   

日時: 2014/01/07 22:08
名前: 通りすがりのコンビニ店員



 ――どこかの国の、ある街の、薄汚いスラム。
 救いがあるのかないのか分からない、そんなお話。











                    【    T h i r s t    】










CAST




《渇く者》サースト
            ――彼は何に乾いているのかわからない。



《奪う者》バンデット
            ――彼はひたすら奪い、与える。



《踏みにじる者》トランプルド
            ――踏みにじって進んでこそ強者。



《悟る者》ニルヴァーナ
            ――貪欲であればこそ。



《憧れる者》ローギング
            ――まるで恋するようにその唯一に憧れて。



《支える者》ケイン
            ――彼は杖。彼は翼。寄り添い支え続ける。心が折れ、翼もげるまで。



《報復する者》ローラン・ロード
            ――復讐が幸福を産まないと誰が決めた?














・補足・

『城』 巨大なビル。最下層地下1階から最上階50階まで。最上階に近づくほど強い。最下層の地下を除いた各階に闘技場が設置されており、国のお偉いさんがお得意様の賭けが行われている。入ったら最後、死亡率90パーセント。ただ地下1階で行われる選抜戦(惨劇)を生き残り、闘技場に出て一勝することができれば、馬鹿みたいな大金が転がり込む夢の場所。敗者にとっては墓場。巨大なビルは天にそびえる墓標だとさえ言われている。それほど生き残れる人は少ない。
イメージは無限城と天空闘技場たして、2で割った感じ。1階1階が広く高い


『決闘』 城の闘技場にて行われる試合。使用していいメダロットは一機のみ。メダロットとそのマスターが共闘して戦う。相手を全滅させるか、相手のマスターを殺せば勝ち。よって、いかにして相手のマスターを殺すか、また自らのマスターを護るかが重要になってくる。マスターは武器を所持していいが、銃や火器類は禁止されている。マスターの武器について。なぜこのような微妙な規定になっているかというと、もともと許可されていたのは盾などの防具で、ナイフなどの刃物ぐらいならばOKという風潮だったが、誰かが何を思ったか鞭で戦いだし、それで勝ち進み闘技場が盛り上がって以来、銃や火器類以外の武器なら使用してよくなった。銃や火器類が禁止されているのは、90パーセントを超える死亡率が、本当に絶望的な数値に変わるからである。






※感想不要
 若干の、グロ、残酷表現があるので注意





Re: 【    T h i r s t    】 ( No.12 )
   
日時: 2014/06/10 14:02
名前: 通りすがり

――それは〝どうしようもない〟喜び
≪支える者≫ケイン


 君がいい。
 君が欲しい。
 君でなければダメだ。


 どれ程かと聞かれれば、命を投げ出すなど容易いほど、その言葉を求めていた。




 ……………………………………………………
 ………………………………
 ……………………
 …………




 戦えないメダロットにどれだけの価値があるだろう。
 戦う能力を使えない自分にどれだけの価値があるだろう。


 ケインは常に自分に問いかけている。
 それはもう癖のようなもので。それこそ生み出され己を己と認識した時から、自分が欠陥品だと理解し、ケインはずっと考えてきた。弱いメダロットに価値はない。ならば自分の価値はいかほどのものだろうと。




 だが、価値はあった。




 少なくとも自分の主であるローキングは、戦うことの出来ない、飛ぶだけの能力しかないからこそ、自分を傍に置きたいと――必要としていると、言った。
 その言葉はケインに〝どうしようもない〟喜びをもたらした。欠陥品の彼はいつだって否定され、自分自身でさえ否定しきって、でも死にたくはなくて。役立たずでも『自分なんかいない方がいい』と思うのは嫌で。悔しくて。諦めながら心のどこかで願い、祈り、そして探していた。
 たった一つの理由。
 自分を肯定できる。肯定してくれる。生きてもいいのだと思える。何だっていい。誰だっていい。だからどうか、僕に与えて――この世界に存在しても、許される、その理由を。


 だから、そう願い続けてきたケインがローキングの言葉に喜ぶのは、〝どうしようもない〟ものなのだ。


 たとえそれが、
 回避能力に特化していて、
 人を乗せることが出来る飛行型で、
 戦闘能力がないメダロットなら別に何だって――ケインじゃなくたって――構わない。
 その程度のものでも。




 ローキングはケインを見ない。
 彼の視線はいつだって憧れの天使のものである。
 ローキングはケインを気にかけない。
 どれだけ壊れようが構わない。飛べさえすればいい。ケインはそのためだけにある。
 ローキングはケインを必要としていない。
 彼が自分自身の手でマスターやメダロットを葬るのに、ケイン以上に都合のよいメダロットはいない。けれど都合がいいだけで、飛行型のメダロットをわざと翼以外を壊すなどすれば、代わりを作ること可能なのだ。ただ今はまだ「壊れて」なくて。使うのに「都合がいい」。だから使う。そんな「必要」のされ方。




 ――幸福だ。




 ケインは幸福に咽いでいる。
 その喜びの残酷さを理解しながら、それでも自分が存在してもいいたった一つの理由に縋りついて、彼は咽び身を震わせ、その幸福を噛み締めている。






 君がいい。
 君が欲しい。
 君でなければダメだ。






 どれ程かと聞かれれば、たとえ嘘だとわかっていても命を投げ出すなど容易いほど、ケインはその言葉を求め続けていたのだから。






投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)