>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード 【    T h i r s t    】
   

日時: 2014/01/07 22:08
名前: 通りすがりのコンビニ店員



 ――どこかの国の、ある街の、薄汚いスラム。
 救いがあるのかないのか分からない、そんなお話。











                    【    T h i r s t    】










CAST




《渇く者》サースト
            ――彼は何に乾いているのかわからない。



《奪う者》バンデット
            ――彼はひたすら奪い、与える。



《踏みにじる者》トランプルド
            ――踏みにじって進んでこそ強者。



《悟る者》ニルヴァーナ
            ――貪欲であればこそ。



《憧れる者》ローギング
            ――まるで恋するようにその唯一に憧れて。



《支える者》ケイン
            ――彼は杖。彼は翼。寄り添い支え続ける。心が折れ、翼もげるまで。



《報復する者》ローラン・ロード
            ――復讐が幸福を産まないと誰が決めた?














・補足・

『城』 巨大なビル。最下層地下1階から最上階50階まで。最上階に近づくほど強い。最下層の地下を除いた各階に闘技場が設置されており、国のお偉いさんがお得意様の賭けが行われている。入ったら最後、死亡率90パーセント。ただ地下1階で行われる選抜戦(惨劇)を生き残り、闘技場に出て一勝することができれば、馬鹿みたいな大金が転がり込む夢の場所。敗者にとっては墓場。巨大なビルは天にそびえる墓標だとさえ言われている。それほど生き残れる人は少ない。
イメージは無限城と天空闘技場たして、2で割った感じ。1階1階が広く高い


『決闘』 城の闘技場にて行われる試合。使用していいメダロットは一機のみ。メダロットとそのマスターが共闘して戦う。相手を全滅させるか、相手のマスターを殺せば勝ち。よって、いかにして相手のマスターを殺すか、また自らのマスターを護るかが重要になってくる。マスターは武器を所持していいが、銃や火器類は禁止されている。マスターの武器について。なぜこのような微妙な規定になっているかというと、もともと許可されていたのは盾などの防具で、ナイフなどの刃物ぐらいならばOKという風潮だったが、誰かが何を思ったか鞭で戦いだし、それで勝ち進み闘技場が盛り上がって以来、銃や火器類以外の武器なら使用してよくなった。銃や火器類が禁止されているのは、90パーセントを超える死亡率が、本当に絶望的な数値に変わるからである。






※感想不要
 若干の、グロ、残酷表現があるので注意





Re: 【    T h i r s t    】 ( No.11 )
   
日時: 2014/06/09 10:54
名前: 通りすがり

≪憧れる者≫ローキング




 自分の戦い方がわりと狂っていることをローギングは自覚している。
 ローキングは闘技場での戦いに置いてメダロットを戦うためのサポートとして使い、自らの手でメダロットを葬り、そのマスターを殺す――生身の人間のくせにメダロットに立ち向かう。死に急ぐような戦い方をローキングは信条としている。


 その点において、相棒のメダロットであるケインは大変に都合が良かった。
 メダルに不具合があり能力が使えない欠陥品のメダロット。
 ただ背中についている翼の、飛行能力と機動力は並みのメダロットと比べ一線を画している。
 ローキングはそれが欲しかった。
 生身の人間である自分にとって何よりも大切なのは回避能力。メダロットによるちょっとした攻撃が、自分にとって致命傷になることをローキングはよくよく理解している。


 攻撃の方は、どうにでもなる。
 メダロットであれ人間であれ、どうすれば壊れるのか、ローキングには手に取るようにわかる。ただわかっていても、人間の自分がそれを実行するには、少しばかり身体を酷使しなければいけないが――けれど、そんなものは些事だ。どうでもいい取るに足らないこと。憧れの天使に会えるためと考えればすぐに忘れてしまう、その程度の痛み。
 ローキングは闘技場でメダロットを壊しながら、そのマスターを殺しながら、『城』を見上げて天使を想う。


(あぁ、彼は、みてくれているだろうか)


 天使と出会ってローキングは変わった――生きたいと願う少年は変わった。


(強くなった僕を、彼は見てくれているだろうか)




 見て欲しい。
 憧れの彼の、その視界に入りたい。




 生きたいと願う少年は、そのためだけに命を投げ出し戦っている。






投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)