>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード スリープオンライン・メダロット 変革の赤
   

日時: 2018/10/14 23:38
名前: 雪の城

>>[942] メダ知らない俺が妹だったら歓喜する世界に飛び込んだようだ。
    の内容と繋がっています。
    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第1章 SO・M /弥生大附属高校 編 >>1-59
第2章 サーバー/   親友   編 >>60-
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(side A 0) 変革の赤       >>1-8
(side S 1) 動き始めた日常    >>9-13
(side G 1) ターコイズの本気   >>14-20
(side S 2) 疑いと親友      >>21-23
(side G 2) ゼロの世界      >>24-28
(side S 3) リアルへの干渉    >>29-31
(side G 3) 伝説プライム     >>32-35
(side S 4) 農園部のキャバ嬢   >>36-38
(side G 4) 伝説の力       >>39-44
(side S 5) 親友と親友      >>45-49
(side G 5) 静かな騒ぎ      >>50-52   
(side S 6) 高ぶる感情      >>53-55 >>56
(side G 6) お久しぶりさようなら >>57-59

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(side G 7) 記憶奪還計画序章   >>60-62
(side S 7) 迷宮の父親      >>63-65
(side G 8) 奇抜の女神さまっ   >>66-68
(side S 8) 対人関係       >>69-70
(side G 9) 旅立ち        >>71-74
(side S 9) スクールデイズ!   >>75
(side G 10) 迷いの森       >>76-77
(side S 10) 嫌われ者と人気者と  >>78-80
(side G 11) 外の街で       >>81-84
(side S 11) 持ちたい荷物     >>85-86
(side G 12) ボス         >>87-89
(side S 12) 悪いな、今でも    >>90-92
(side G 13) 学園side ver.SOM   >>93-99
(side S 13) ソメイヨシノ     >>100-102
(side G 14) 分かれ道        >>104-110


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

New

18/10/14
>>104 >>105 >>106 >>107 >>108 >>119 >>110


メインキャラクター

梓李皇(ゲーム内ではリオ)……イケメンというよりは美形。成績優秀で生徒会副会長を務める私立有名な学園の高等部二年。
               父は国民的アイドル。母は海外で活躍する指揮者。

ターコイズ…………………………ゲーム内(SO世界)における李皇のパートナー。機体はマカイロドウス。
               普段は明るく心優しいメダロットではあるが、スイッチが変わればある意味恐ろしい愛機になる。

ランス………………………………ターコイズと敵対している水色かかった銀色の西洋甲冑をきた槍使い。
               異常な強さを持っているが「マザー」に味方することと
               Aの世界の勇者であったこと、ターコイズの過去に詳しいこと以外不明。


笹沼カノン…………………………李皇が通う学園の同級生にて、同じ農園部の仲間。ハーフの女の子でややどじっこ体質。
ゲーム内ではササ
ミライ………………………………SO世界でリオが住む村で服屋を営む優秀な魔法使い。出身はSO・0。そっちの世界では有名人。
現実の世界では池川総司朗   服屋を営みながら、村の自治団体の手伝いもしている。

彼変…………………………………ミライと共にSO・0から来た凄腕剣士。主に自治団体の手伝いは彼変がしている。
現実の世界では斎藤健一    現実世界では医者らしく人間の診察もしている。

メタビー……………………………リオが住む村にある自治団体の女の子ササが持つパートナー。機体はもちろんメタルビ―ドル
               
櫻井琴平……………………………李皇と同じ学園に通う彼の親友。生徒会では議長を務め、農園部では副部長である。
               メダロットが好きな妹が居たが通り魔被害にあい亡くなった。  めだ知らの主人公。>>[942] 

大島歌織……………………………李皇が通う学園の同級生。学園一の嫌われ者だが、琴平だけが優しくしてくれた。
               琴平以外の自分を含めた全てが嫌いで憎んでいる。

柊……………………………………SO世界でリオが住む村の隣にある公園にある自営団体「ギルド」の「ブルースカイ」のメンバー
               精霊と言われる術の源の長の一族(10種類)と契約を結んでいる。なんでもやでメインは武器加工職人



サーバー……………………………李皇の動きを監視しているかのようなタイミングで色々要求してくる自称データの集合体
               今まで親友の琴平以外理解できなかった李皇の本質を
               直接会ったことも話したこともないのに理解している。



ゲームside 6 お久しぶりさようなら (3) ( No.59 )
   
日時: 2013/06/29 17:44
名前: 雪の城

ターコイズからかすれた低い声がした。明らかに殺意がこもったその声に、ランスと呼ばれた西洋甲冑の男は兜の空いた部分から唯一見える口元に笑みを浮かべる。


「お久しぶりターコイズ。そしてさようならターコイズ。彼はマザーの所有物なんだ」
「貴様やはり!王を裏切ってマザーに!この卑怯者ォ!!」

長身につけられたごつい甲冑と大きな西洋槍からは想像できないほどの明るくてフレンドリーな声が出る。少し驚いたがそれよりもターコイズから放たれる空気と彼らしくない低い声に驚く。
ターコイズは床を蹴った。ランスへアサッシンを決めようとスラッシュバイトの爪を開き斬りかかるも、それをランスは西洋槍で軽々と防いだ。すぐにターコイズはハンマーに変えるがそれすらもランスは避ける。明らかに力が違う。


「ター」


名前を呼び静止をかけようとしたが、思いとどまる。
この甲冑の男は非常に怪しいが、今自分が危険な目に合わされているのはターコイズの方だ。ならば、ターコイズがここで機能停止したら自分は自由になれるのではないか。そして、その隙に逃げ出してイリネに逃げ込めばミライや彼変が助けてくれるのではないだろうか。
自分は今、すごく好機なのではないだろうか。


「リオ!逃げろ!」


掠れたターコイズの声に思わず息がつまった。直後に心に鈍い痛みがくる。


「リオ!」


必死に叫ばれる声に今まで考えていたことを後悔する。
痛みと同時にさっきまで解らなかった攻略法がしっかりと解るようになった。ターコイズが望んで居た事が解った。
本音できちんと話すだけでよかったのだ。
辛いことも悲しいことも苦しいことも嫌なことも全て。
ターコイズに打ち明けて一緒に考えてもらうだけで、自分たちは互いが居ない場所はなくなる。


プライドの高い自分にはとても難しいことだけれど、ターコイズはそれを望んで居た。
ターコイズに逃げるように言う為に顔をあげ彼を見る。それとほぼ同時にランスの槍が光る。
危ないと叫ぶより先にランスの動きは素早くまっすぐそこに向かう。

「全てはコノタメに」
「リ・・・お・・・」


ランスの槍がターコイズの胸部に突き刺さった。


貫通はしていないし、自分の体に異変もない。ただ、ターコイズの機能停止の音がスマートフォンから聞こえた。しかしメダルは射出されない。
何がおきた。こいつはターコイズに何をした!?


「お前!」


俺は声を荒げ、ランスに掴みかかろうとした時、彼の槍の先端が光った。強い光に目を手で覆う。光がなくなり、目から手をどかすとターコイズのメダルが背中のハッチから射出された。
ランスは槍を引き抜き、倒れるターコイズのパーツを支え持ち上げる。槍をその場に置くとメダルを拾い上げ、そのメダルとパーツを持ったまま俺の目の前に来るとそれを差し出した。


「お前、どういうつもりだ」
「心外だな。助けたんだろ。どこからどうみても」
「ターコイズに何をした」


あの光。ただの光ではないはずだ。あんなにまぶしく輝いて何もないなどあるはずがない。
それになぜ機能停止直後にメダルが射出されなかった。

「暴走しないように封印をかけた。彼は元々危険だったしな」
「危険?」
「君は3番目の主人だから知らないだろうが、彼は1番目の主人に捨てられた際野良メダロットの軍団を率いるボスになった。それからその話題を聞いた当時のメダロットの世界の王に引き抜かれ王の犬になったという経緯がある。
実力もそれなりのものだっただろうが、野良のボスというだけでも問題があるものがさらにメダロット世界を統一した前王のメダロットだったなど異常な他にないだろう」


驚き差し出されたまま受け取らないでいたターコイズを見る。
何も知らなかったというのも問題だが、メダロットの王様に仕えていたなんてありえないことがあるのだろうか。
サーバーは言ったのだ。
自分の為にターコイズを用意したと。
いつか起きる革命を阻止するためだとしても、そんな優秀な人のメダロットだったならば、サーバーは俺ではなくその王に願えばよかったのではないだろうか。
そうすればターコイズも苦しむことはなかったのだ。


「受け取ってくれないか」


ランスに要求され、ターコイズを受け取る。
刹那、激しい頭痛が起きた。
あまりの痛さに頭を抱えその場に蹲ると、落としたターコイズの方から声が聞こえた。


《帰ってもらおうか》


視線だけをあげれば、赤色の透けた人影が見えた。背中より上を見ようと視線を動かすと痛みがさらに激しくなり、痛みに瞳を閉じ頭を抱えた。


だが声は解る。この声は間違いなくサーバーだ。
それに反応したのかランスが後退し武器を構える音がした。


「やはり君か。いや、君しかいないと思ってたよ。前王」


サーバーだと思っていた影が前王と呼ばれた言葉に驚くも、何かを発する気力はない。激しく痛む頭が全ての行動を妨害する。


《お前が非現実的なものを信じるとは思っていなかったが、解ってもらえて嬉しい限りだ》
「君に免じて退きたい所だが、僕にもしなくてはいけないことがある。覚悟してくれ」
《それは俺も同じだ。俺とて手段は選んでいない》


弾ける音がする。


頭痛が収まった。顔を上にあげるとサーバーが消えていて、そこにはランスだけがいた。だが、様子が違う。
ランスは槍を置くとターコイズのメダルを拾い、倒れたままになっているターコイズのパーツへとはめた。


「リオ」


呼ばれた事で気付いた。
ランスから出た声はサーバーのものだった。


「お前は前王なのか」
「そうだ。私は今現在前王と呼ばれるものだ」
「メダロットの世界を統一したターコイズの主の」
「そうだ」
「何故自分でしない」


前王は小さく笑った。優しい意味の笑いではないとわかったがわかるのはそれだけだった。


「私はもうお前に力を貸すことができなくなった。これからは私の助言を頼りにせず、自分一人で革命を止めろ」
「ふざけるな!自分でやれ!それに、ターコイズはどうするんだ!」
「お前に預ける。いつか私に返しに来い」
「お前!ターコイズは!」


掴みかかろうとした時、再び頭に激しい痛みが走った。視界の端にランスが窓から出て行く所が見えた。それから頭痛が和らいだのはしばらくたってのことだった。







ターコイズが目覚めるまではログインしていようと思った。
荒らされた部屋をできるだけ元に戻しながら、割れたガラスなどを片付けながら、今度はきちんとターコイズと話をしようと決めた。
ある程度部屋が綺麗になり、寝かしたターコイズの隣に座っていると、突然ターコイズは体を起こした。
左右を見てからモノアイを点滅させ、自分を見た。


「ターコイズ。無事か?」
「・・・」


答えないターコイズに嫌な予感がした。









「マスター、私はターコイズという名前なのですか?」










.


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)