>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード 【白ツツジと腕のなか】
   

日時: 2016/01/08 01:27
名前: 通りすがりのコンビニ店員





 ※ 絶 賛 改 稿 & 不 定 期 更 新 中 ! ! 





●必読!! 注意事項! 警告!●
 1、ロボトルなにそれ美味しいの?状態です
 2、更 新 不 定 期 (時たま更新してるレベル)
 3、マンガ、ゲーム。及びアニメの『メダロット』という作品を完全無視したオリジナル設定で成り立っている
 4、オリジナル設定→科学が発達した『現代』ではなく、文明が未発達の異世界の『古代』にてメダロットが発掘された
 5、もはや何度目かもわからない改稿(ごめんなさぃいいいいい!でもこれでラストですから!!! 本当に!!)


【白ツツジと腕のなか】


 異世界での物語り。
 一つの大陸に、東西南北、四つの大国があった。
 北国は寒冷な気候で作物が育たず、更に災害も多い。しかし連なる山は鉱山であり、鉄が採取される。
 南国は台風や洪水という災害こそ多いが、それを上回る恵みがもたらされる豊潤な土地。大陸一の大国。
 西国は気候が安定し災害も少ない。南国ほどではないが作物もよく育つ。領土は広くないが、もっともバランスが取れている。しかし技術面で他国に劣る。
 そして、東国――名をオリエント国。
 西国と同じく気候が安定し災害も少ないが、土地が悪い。作物が細々としか育たない。しかし技術面で他の三つの国を凌駕している先進国。遺跡より『メダロット』を発掘し、独占している。


○彼女と彼らに纏わる目録○


 始まりですらない手始め
 >>1 <ミタンニーナ>彼女の決めた幸福は彼女を決して幸福にしない。

 故意に置かれた石
 >>2 <シュピルマツ> 愚かなほどに気高くあれ。
 >>3 <サザン> 北の将軍は冷たい女王陛下にひれ伏して、剣をとる。



Re: 【白ツツジと腕のなか】 ( No.1 )
   
日時: 2015/12/24 13:27
名前: 通りすがりのコンビニ店員



 彼女の決めた幸福は彼女を決して幸福にしない。



<ミタンニーナ>



「皆殺しにしたいの」

 幼い少女は端的に述べた。

「薄汚い貴族。愚かなメダロット。忌々しい王妃。その血を継ぐ兄弟。母を見捨てた父。あの事件に関わったもの全てを、皆殺しにしたいの」

 少女を囲む大人たちはその言葉の意味を咀嚼し、息を呑んだ。幼い彼女はこの国の王女だ。それも第一王位継承権ではなく、第二王位経書権の持ち主。父親は玉座につく者。その上で、彼女はいま何と言ったのか。何をしたいと提案したのか。正しく意味を理解して、息を呑む。否定の言葉が欲しかった。

「それはいいですなぁ」

 少女に応えたのは年老いた男だった。刻まれたシワは深いが、纏う雰囲気は若々しい。装飾を施した服を着た大人たちのなか、彼だけは動きやすそうな軍服を着ている。もっとも布地は見るかに上質なものなので、どっちにしろ金は多大にかかっているだろう。贅を凝らして作られたそれらの服は、彼らが市井の出でないことを示している。それもそのはずだ。彼らは王宮に踏み込むことを許された一部の者であり、その中でも王族に謁見することを許された、特別な者たちだ。

 最も、それは今までの話だ。

 第二王継承権者の母親、王の寵愛を得ていた側室第一夫人が不幸な事故死を遂げた今、後宮で幼い王女を守れる者はいない。遠くないうちに彼女も不幸な事故に見舞われるだろう。もしかしたら今日にでも恐れている事態は起きるかもしれない。そうなれば、彼女の歩く道に玉座を見出し、擁護していた彼らに待っているのは、ひどく簡潔な未来だけだ。


 現在行われているのは秘密の話し合いである。
 これから待っている最悪の未来をどう打破するか、のための、悲壮な話し合い。
 後宮において最大の権力を誇っている王妃相手に、唯一対抗できていた寵姫を失った時点で、誰がどう考えても打つ手はすでにない。回避不能な絶望的な未来。うな垂れだす大人たち。
 そんな折に、黙していた王女が口を開き、言葉にしたのが、最初の言葉である。


 ――皆殺しにしたい。


 現状にそぐわない、馬鹿らしい言葉だった。
 相手を殺す殺さない以前に、こちらが先に殺される。どう抗っても、何もしなくても、我々は殺される。
 笑ってしまいそうな言葉だ。
 この王女は幼いながらに聡明だと有名だったはずなのに。
 否。聡明だと知ってしまっているからこそ、彼らは笑ってしまいそうでありながら、泣きたくなっていた。否定して欲しいとさえ願った。目の前の王女が、少女が、幼くも聡明な彼女が、本気で実行する気でいるのだから。


「手始めに王妃を血祭りに」


 これは命令だ。
 残念なことに、この場に集う彼らは正しく幼い王女の聡明さを理解していた。愚かにも側室の子である彼女に玉座を夢見るほど、彼女の賢さを理解していた。だから理解せざる得ない。彼女はこう言っているのだ。王妃を殺せ。手段はこちらで用意してある。ただ私の言う通りに従っていればいい。それが出来れば良し。失敗したときは――この場にいる全員まとめて死ぬだけだ。


 〝生き残りたいなら王妃を殺せ〟


 もし王妃を殺し生き残れたなら、彼女は次に貴族たちを殺すだろう。その次に王子たちを。その次にメダロットを。その次に――王を。この国の頂点に立つ王を弑し奉る。



 ここで頷けば、謀反への加担が決まる。



 王族殺しへの畏怖が、現王への尊崇が、彼らの首を縦に振らせない。だがこの場合は沈黙も了承と同義語だ。しかし首を横に振るのは、待っている〝死〟という事実がさせない。うな垂れた大人たちは黙して王女の命に従う。


 ひそやかな一室で、ニヤついた笑みを浮かべるひとりの老人と、多くのうな垂れる大人たちに囲まれて、幼い王女は満足そうに笑みを漏らした。



Re: 【白ツツジと腕のなか】 ( No.2 )
   
日時: 2015/12/26 04:30
名前: 通りすがりのコンビニ店員



 愚かなほどに気高くあれ。


<シュピルマツ>


 母が殺し損ねた幼な子が後宮を出て、王城の一室に移る。
 そんな噂を聞いて、さてその子供はどんなものだろう、と、シュピルマツが見に行ったのが八年前。
 母を失い、さぞかし疲弊し弱っているだろうと思っていた幼な子の瞳に宿っていたのは、悲しみでも虚無でもなかった。――ひと筋の光だ。


 目が合った者を惹き付ける圧倒的な意志。


 シュピルマツは自覚せず足を止め、唾を飲んだ。美しいと思った。漆黒の瞳を涙で濡らし、憎悪を燃え上がらせる目の前の少女が。
 少女が灯す暗く猛々しい憎しみの光に、シュピルマツは魅せられた。


「――兄様」


 今も耳に残る。異母妹の声。


「私はあなたの母と、あなたの流れるその血を一生、許さない」


 憎しみの光を宿し許さないと口にしつつ、自分のことを兄と呼んだ小さな妹。相反する思いを抱えて、それでも自分を殺したいのだろう。
 ずっと、わかっていたことだ。八年前からずっと。
 だから――



かつ、かつ、かつ



 指先で椅子のひじ掛けを叩いていたのを止め、セピアの瞳を持つ青年は閉じていた瞼をあげる。そうして、大勢のお供とともにやって来た、美しく成長した異母妹を天幕に迎え入れる。


「こんにちは。兄様」


「……来たのか」


「えぇ。兄様に死んでもらうために」


 かつて、幼な子が後宮を出て王城に移ってからすぐに、母である王妃が死んだ。表向きは病死。しかし実際は毒殺で、毒殺させたのは王付きのメダロットであるキッズワトナ。誰しもがそう思っている。それは正しいだろう。後宮から王城に移ったばかりの年端も行かない王女が、王妃を殺すことは不可能だ。ただ幼く、ろくな味方がいなかった王女でも、発破をかけることぐらいは出来る。キッズワトナに王妃を殺すよう唆したのは間違いなく目の前の少女、ミタンニーナだ。
 そして現在の彼女はもう幼な子ではない。


「――断る」


「断れると思って?」


「断ると言った」


 シュピルマツは腰に引っさげている剣の柄に手をやり、その指で柄を撫でる。紺の下地に金の細工で精巧に凝らされている鷹の紋章は、彼が王族であり、正統な王位継承権の持ち主であることを表している。


「兄様。貴方の軍は全滅した」


「正規第一軍《親衛隊》は残っている」


「親衛隊が潰れていれば、貴方の首は刎ねられて我が国は負けていた――だけどその親衛隊もほぼ壊滅しかけていて、残りは数名。こんな状態で、援軍である私たちが到着するまでよく持っていたものね。さすがは陛下の直軍。兄様も、それを貸し与えられておきながら、彼らを無駄死にさせ、北の軍に追い込まれ、それでも生き残っていた――その事実だけは、褒めてあげる」


「お前に俺は斬れんだろう」


「兄様には軍を壊滅に追いやった失態の罪がある――援軍を連れて来た指揮官《わたし》が、戦場でそれを裁いても、それは当然のことでしょう?」


「ふざけるな。何が当然だ。戦場での罪は、戦いが終わったのち王宮で下るのが通例だろう」


 愚にもつかない正論を吐き、シュピルマツは命令した。


「あるいは俺が貴様より、王位継承権が下だったならば押し通ったことかも知れんが――書状を渡せ。ミタンニーナ」


「何の事かしら?」


 漆黒の乙女は可憐に微笑んだまま、小首をかしげる。


「陛下から預かっているはずだ。援軍の指揮を、俺に託す書状を」


 預かっている。
 二つの歯車と鎖の紋章が入った、恭しくも、忌々しい、一枚の紙切れ。


 ミタンニーナは悠然と微笑んだ。


「こんなものなかったことにして――いいえ、渡さずに死んでしまっては我が国は負けてしまった事になるから。そうね。書状は確かに渡したけれど、その時には致命傷を負っていた可哀相な王子は、そのまま息を引き取った――ことにして、」


 白魚の手が、優雅に掲げられる。
 シュピルマツを取り囲むオリエント国の兵隊たちが、一斉に剣を引き抜いた。


「私が軍の指揮官になる、ことは簡単だわ」


「同じ事を二度言わせることがお前の趣味なのか?」


 突きつけられる銀の刃。しかしシュピルマツがたじろぐ事はなかった。
 柄から手を放し、ゆったりと両手の指を組む。そして、そのままセピアの瞳を細めて嘲ってみせた。


「俺が致命傷など負っていないことは父上の正規軍である親衛隊から父上の耳に報告が入る。偽証などすぐに見破れるのが落ちだ。まぁ殺すだけでいいのならば、王宮の小手先の入らないこの場は俺を始末する絶好の機会ではあるが――お前に俺は斬れん。お前自身に剣を持つ力はなく。かわりに俺(王族)を兵たちにさせると言うのならば、その兵たちを王族殺しで処分せねばならん。母親を無くして寂しがりやな我が妹は、傍にいる者をひとりでも多く残したがるからな――1人の兵士を犠牲にすれば俺を斬れるぞ。だが、お前には、斬れんだろう?」


 ミタンニーナはここにきて初めて微笑みを歪める。
 セピアの青年は嘲笑を深めて、手を伸ばす。


「大人しく、差し出せ」



 跪け。
 我が妹よ。
 誰よりも先を読み、賢くありながら、どうしようもなく愚かでいて、そして気高い。



「――ミタンニーナ」




 俺の、妹(ミタンニーナ)。




 細い顎を絡め取られ、耳元で愛しげに囁かれる命令に、漆黒の乙女は、膝をついた。











―――――――――――――――――――――――――――――――――
激しく憎みあって愛し合う兄妹が書きたい。(変態)
こう恋愛的な意味ではなく、嫉妬とか憎悪とかそれでもある血の絆とか、兄弟愛的な意味で愛し合って欲しい。
そして殺し合って欲しい。


シュピルマツお兄様がイケメン度あがりすぎて別人感半端ない?……言うな!

Re: 【白ツツジと腕のなか】 ( No.3 )
   
日時: 2016/01/08 01:32
名前: 通りすがりのコンビニ店員




 北の将軍は冷たい女王陛下にひれ伏して、剣をとる。



<サザン>



 サザンには、生まれ落ちてから、疑問に思っていたことがある。
 ――誰かを犠牲にすることは悪なのか。
 誰かを犠牲にして幸福を得ることは。誰かを犠牲にして命を繋ぐことは、罪なのか。

 サザンの生まれた国は北にある極寒の地だ。
 常に氷柱《つらら》と吹雪に覆われた、スノウクイーンに愛された魔境の国。
〝カシシェイ〟。
 この国では貴族、王族と呼ばれる階級でもその暮らしは贅沢には程遠い。こと食糧問題になればそれは顕著だ。比較的健康的な男性は飢え、女、子供は大切にされるがひもじい思いをすることには変わりはない。北の民の生活の傍には常に冷たい死の女王が佇んでいる。

 サザンは比較的裕福な家柄に産まれたおかげで本当の飢えは知らない。病気にかかりにくい優良男児で、冷たくなってしまった多くの兄弟の中、彼は唯一最後まで温かなまま育った。彼の父親と同じように。体格にも恵まれた北の民らしい戦士へと成長した。そして戦いへと赴くようになった。飢えを知らない家柄のその務めを果たすために。

 北の寒さは厳しい。吹雪と共にやってくるスノウクイーンは産まれたばかりの赤子を好み、その次に体力のない女性を好む。年々減っていく子供の数を。灯りのつかなくなった家の数を。サザンは15歳の成人の儀を迎えた時に数えるのをやめた。


 食糧事情の厳しい北の地に生きる、カシシェイの民の生業は戦いである。
 数度交えれば欠けてしまうような青銅の物とは一線を画する、最強の金属とも、覇者の剣とも呼ばれる――鉄剣を武器に戦士たちは戦う。北の地にある死を司る山は、鉱山だ。唯一北の民だけがそこで取れる製鉄技術を保有している。強くなければ生き残れない環境とこの製鉄技術がカシシェイの民を最強の戦士とし、打って出れば負けなしの最凶の軍事国家たらしめている。

 カシシェイの民の中でもサザンは抜きんでた戦士であった。
 成人の義を過ぎてからサザンは幾度となく戦場に駆り出された。そして必ずスノウクイーンと出会った。実際に見えない声だけのその女は、幻のようなものだ。祖国を遠く離れた敵国であっても冷たい女王は彼の背後に佇んでいて、サザンが敵の命を手にかける時そっと耳元に囁いてくる。

 ――そうだ。奪え、奪ってみせろ。

 止めを刺し、殺した男の金品を剥ぎ取り、女たちを捕らえて、作物を根こそぎ荒らし尽くし。そうして奪い尽くして糧を得ている間だけ冷たい女王は沈黙する。敵国の民の命を犠牲にすることで、一時だけの安息を得る。戦場で刈り取る兵士の命は女王への供物だった。自分たちが犠牲にならないための、犠牲。

 戦場で体温の感じないその女王の囁きを聴くたびに、手にした剣をみてサザンは思った。
 他国から覇者の剣と呼ばれるこれは、呪いの剣だ。
 いずれ滅びゆく運命だった我ら。その遠くない運命は、この剣を手にしたために、転換した。滅び行くはずだった部族から他国を侵略する軍事国へと――女王陛下の囁き。女王陛下の思し召し。この剣を与えたもうた我らの女王陛下。だが彼女は守護者でもある。その吹雪は他国からの侵略を阻み、不慣れな侵入者を容赦なく死に誘う。だからこそカシシャイは不敗でいられる。自らの領土が犯されることも、戦場になることも、絶対にありはしない。我らの祖国は冷たい女王の加護がある。たとえ、その女王自身によってその首を占められていようと、我らはひれ伏すことしか出来はしない。

 ――あぁ。我らを護り、そして苦しめる。偉大で、残酷な、死の女王《スノウクイーン》。

 手にした剣が女王陛下の祝福であれ、呪いであれ。
 結局はひれ伏すことしか出来ないのだから。
 囁かれるままに振りかざすことしか出来ないのだから。



 ――誰かを犠牲にすることは悪なのか。
 誰かを犠牲にして幸福を得ることは。誰かを犠牲にして命を繋ぐことは、罪なのか。



 答えなど考えるまでもない。
 本来、強さだけで続けられるほど、孤立して何時までも保ち続けられるほど、国というものは強固ではない――だから本当なら滅びの道を示唆された時。我々は剣を捨てるべきだったのだ。囁きを拒絶するべきだったのだ。他国との友和を目指すべきだったのだ。

 だが北の民はスノウクイーンの剣を取った。

 滅ぶはずだった部族が、軍事国家にまでののし上がり続いてしまった代償は、いずれ必ず払う時が来る。
 それだけの犠牲を擦り付けてきた。それだけの憎しみを買ってきた。
 だが選んだしまった以上、もう走り続けるしかない。
 かった憎しみは連鎖して続く。



 ――誰かを犠牲にすることは悪なのか。
 誰かを犠牲にして幸福を得ることは。誰かを犠牲にして命を繋ぐことは、罪なのか。



(我が国の破綻の時は近い。罪はいずれ断罪される。だから我は、安心して罪を重ねればよい)


 その罪深き人生を、精一杯全うしよう。


 身ごもった最愛の妻が宿っていた子供ごとスノウクイーンに見初められた年に、サザンは一戦士から将軍となった。彼は亡骸を縋りつきむせび泣きながら、北の民らしい誓を立てた。――女王陛下に捧げる罪深き人生と、その断罪を。


 これはサザンが血濡れの戦場でトゥーイという少女を拾う8年前の話。


 もしくは、北の不敗神話が東の魔女《ミタンニーナ》に破られる19年前の話――。





前に何てつけたか忘れたので、北の国の名前変わっているかもしんない。
今回のカシシェイはロシアの御伽噺?歌謡?の不死身の化物から。
美しいお姫様をさらった冷酷で残虐な不死身の魔王と姫を奪い返そうとする皇子のおはなし。
だが名前を借りただけで 本 作 に 特 に 関 係 は な い。

というかくっそ重い回になったな何でだと思ったら会話が一切ない驚愕の事実。そりゃ重くもなりますは…


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)