>> メダロットライズ にもどる
このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

RSSフィード THE END OF DISAPPEARANCE(完結)

日時: 2014/02/17 03:03
名前:

消滅…
 
再臨…
 
真実の出現…
 
そして……〝最後の消滅〟が始まる。
 
 
※DISAPPEARANCEシリーズ最終章です。
 故に過去作品を見てないと分からないとこがしばしば出るかもしれません。
 
☆☆☆☆☆過去作紹介☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・第1作目【DISAPPEARANCE】>>[225]
  ――そこは人類が滅亡した新世界。かつて人類を愛した者達と、憎んだ者達の戦争。
  ――その果てにある「モノ」とは―――――――
  
  シリーズ1作目。
  人類が滅亡した世界で戦うメダロット達の
  愛とか、友情とか、復讐とか、その他もろもろが交差する群像劇
 
・第2作目【REAPPEARANCE】>>[429]
  ――あの戦争から2年の月日が経った
  ――ようやく平和を取り戻した世界に大事件が巻き起こる
  ――そしてあの仲間達が…
  ――〝再び現れる〟

  DISAPPEARANCEから2年後の世界を描いたシリーズ2作目。
  N・G・ライトの復活に執念の炎を燃やすF・G・シャイン
  彼女によって引き起こされた事件は、大戦の勇者達による壮大な同窓会となる
 
・第3作目【APPEARANCE of TRUTH】>>[786]
  ――あの戦争の3年前
  ――世界を駆け巡った者たちがいた
  ――今…〝真実の姿〟が現れる

  DISAPPEARANCEの3年前を描いたシリーズ3作目。
  エデン軍リーダー直下諜報部 通称トゥルースが主人公を務める
  人知れず起こり、人知れず解決された、語られることの無い黒歴史の物語
 
・【とっても分かりやすい時系列の説明】
   APPEARANCE of TRUTH
      ↑3年前             
   DISAPPEARANCE    
      ↓2年後             
   REAPPEARANCE      
      ↓5年後             
   THE END OF DISAPPEARANCE(本作)  
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 
☆目次☆
第零話  【プロローグ】>>1
第一話  【魔の事件】>>2
第二話  【宝条一族】>>3
第三話  【主人公】>>4
第四話  【エルドラージ覚醒】>>5
第五話  【ネオ】>>6
第六話  【メダロットあらざる者】>>7
第七話  【THE END OF HOJO FAMILY】>>8
第八話  【宝条レツィア】>>9
第九話  【プロト】>>10
第十話  【死神の誕生】>>11
第十一話 【次元の狭間】>>12
第十二話 【J-E-N-O-M-U-S】>>13
第十三話 【宝条レツィアの遺産】>>14
第十四話 【闇のクリスタル】>>15
第十五話 【宝条~その血の運命~】>>16
第十六話 【不幸のメダロット~THE BEGINNING OF DISAPPEARANCE~】>>17
第十七話 【クリスタルのある教会】>>18
第十八話 【大樹幻想 ~Necro-Fantasy】>>19
第十九話 【ネクロファンタジア】>>20
第二十話 【引き裂かれし永劫】>>21
第二十一話【疾きこと風の如く、徐かなること林の如し】>>22
第二十二話【侵略すること火の如く、動かざること山の如し】>>23
第二十三話【THE END OF DISAPPEARANCE】>>24-25
第二十四話【激動の七日間】>>26
第二十五話【とある科学の超天使砲】>>27
第二十六話【ストーンオーシャン】>>28
第二十七話【スターダストクルセイダース】>>29
第二十八話【破滅への使者】>>30
第二十九話【十字架ノ墓】>>31
第三十話 【Love Grows】>>32
第三十一話【My Diamond】>>33
第三十二話【クリスタルワールド】>>34
第三十三話【The Extreme】>>35
第三十四話【ダイヤモンドは砕けない】>>36
第三十五話【Doppio】>>37
第三十六話【絶対支配】>>38
第三十七話【Pure Heart】>>39
第三十八話【ダブルアーツ】>>40
第三十九話【スティール・ボール・ラン】>>41
第四十話 【ボーダーオブライフ】>>42
第四十一話【ロケットでつきぬけろ!】>>43
第四十二話【有頂天変~Wonderful TRUTH】>>44
第四十三話【REAPPEARANCE】>>45
第四十四話【アルティメットトゥルース】>>46
第四十五話【この世界に残された最後の希望】>>47
第四十六話【ジャスティスブレイカ】>>48
第四十七話【黄金の風】>>49
第四十八話【RED ZONE】>>50
第四十九話【ビッグブロックの決戦】>>51
第五十話 【FINAL FANTASY】>>52-53
第五十一話【光を求めて】>>54
第五十二話【光の流法】>>55
第五十三話【バイツァ・ダスト】>>56
第五十四話【戦闘潮流】>>57
第五十五話【Shout!】>>58
第五十六話【最後の闘い】>>59
第五十七話【ファントムブラッド】>>60
最終話  【破】  >>61
ホントの最終話【謎】>>62
作者談【ライナーノート~元ネタとか裏話とか言い訳とか~】>>63-65
 



Re: THE END OF DISAPPEARANCE ( No.58 )
日時: 2013/04/12 13:38
名前:

第五十五話【Shout!】
 
ビーストマスターとジェノムス。
同じくネオを持つ者達の闘いは、宇宙へと飛び出した。
そして、この宇宙空間こそが、2人の闘いの……否、ネオとメダロットの最後の戦場となる。
 
宇宙空間ならば2人が全力でぶつかったとて被害は最小限にすむ。
ビーストマスターは自分の治める国の心配をする必要はない。
ジェノムスも自分の支配する予定の世界を気にする必要はない。
本気の本気の全力で、力をぶつけ合う事が出来る。
 
ジェノムス:「……行くぞ!」
 
そう言って、ジェノムスは核兵器級ミサイルを腕の中から取り出す。
 
ビーストマスター「……こちらこそ!」
 
だが、ビーストマスターも負けてはいない。
ビーストマスターの右腕は本来、大量のミサイルを発射できるように複数の小さめのミサイル発射口が付いている。
しかし、今、ビーストマスターの右腕には大きな発射口が1つついているだけであった。
つまり、そこから現れるミサイルもまた大型のものと言う事……。
 
ジェノムス:「 ダ ブ ル ム ー ン ! !」
 
ビーストマスター:「 デ ス ボ ム ! ! 」 
 
ここにきてネオを完全に使いこなしたビーストマスターもジェノムスに負け劣らぬ威力のナパーム弾を発射した。
核と核。炎と炎。爆発と爆発。
圧倒的な力と力のぶつかり合い。
ワンダの様な特効薬ではない。
まさしく、世界を崩壊せしめんとする毒と毒のおぞましく、単純なる力のぶつかり合いだった。
ただし、この核と核のぶつかり合いはその断片に過ぎない。
ジェノムスとビーストマスターはすでに次の攻撃の準備を終えていた。
 
ジェノムス:「 W メ テ オ ! ! 」
 
 
ビーストマスター:「 デ ス ビ ー ム ! ! 」
 
光と光。輝きと輝き。熱と熱。
再び破壊の力と破壊の力がぶつかりあい、そして相殺される。
 
ジェノムス:「 ビ ッ グ バ ー ン ! ! ! ! ! 」 
 
 
ビーストマスター:「 デ ス ブ ラ ス ト ! ! ! ! ! 」
 
重力と重力。破滅と破滅。暗黒と暗黒。
2つのエナジーが生み出す、壮絶なる亜空間が宇宙の法則を乱す。
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
 
ブラックメイル:「…………ビーストマスター」
 
ブラックメイルは空を見上げて、月を、いや、その近くで火花を散らす2人を見ていた。
あまりに強大すぎる力のぶつかり合いは、地上からでも確認できるほどであった。
ただし、見えるのは「何か強大な力がぶつかりあっている」というだけ。
それがビーストマスターなのかは見えない。
しかし、ブラックメイルは野生の直観ではっきりと分かった。
目で見るよりもはっきりと確信できた。
しかし、このビーストマスターの死闘を知るのはほんのわずかな者だけ。
この世界の多くの住人は空を見上げすらしないし、見上げたとしても、よくわからない光のぶつかりがみえるだけ。
誰一人として、ビーストマスターの死闘を知る者は無い。
 
ブラックメイル:「それで……いいのぉ~…かッ?」
 
 
その時、ブラックメイルの脳裏にある閃きが。
 
ブラックメイル:「……ハッ!! そうだ、そうだぁ~~~~~…ぞォッッ!!!」
 
ブラックメイルは通信機を取りだし、エデン本国のコスモスに連絡を取る。
 
『ブラックメイルさん! 職務を竜さんにおしつけて……』
 
通信に応じるや否やコスモスからのお叱りの言葉がなだれ込む。
しかし、ブラックメイルは気にせずに話す。
 
ブラックメイル:「コスモス! カヲスとトゥルースを借してくぅ~…れッ!!」
 
『……え?』
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
 
『外はどうなってるのかな?』
『今までのラヴドとエデンの戦争より規模がでかいんだろ?』
『オイル飲みたいなー』
『馬鹿、贅沢言ってんじゃねぇ』
 
ここはとあるシェルター。
戦争の間一般市民は各町に用意された地下シェルターの中に避難しているのだ。
シェルターには生活に必要なものは一通りそろっていたが、外の情報を得るものは一切ない。
砂嵐しか映さない大きなモニターがあるだけだ。
このモニターは戦争が終わった時に、それを伝えたり、もしくはこのシェルター自体が危険な状態になった時に避難するよう伝えるためのものであり、通常時には何もうつさない。
そのモニターに突如映像を流した。
 
『……!? おい、モニターに何か映ったぞ』
『なんだなんだ?』
『こ、こいつらって……!!』
 
そこに映っていたのは2人の男。
片方はジェノムス。
テレビ局を乗っ取り、世界中に宣戦布告をした今回の戦争の首謀者だ。
そしてもう片方は……
 
『こ、こいつビーストマスターじゃねえか……!!』
 
戦争が始まる前に暴走事件を起こした国家的大犯罪者だ。
 
『な、なんだ……なんでこいつがジェノムスと戦っているんだ!?』
 
民衆たちは騒ぎ立てる。
この現象は世界中のありとあらゆる場所で発生していた。
エデンやラヴドの擁するシェルターは当然として、全世界のテレビにこの映像が映っている。
これこそが、ブラックメイルの思いつきだ。
ビーストマスターに取り付けられた通信機から流れてくる情報、人工衛星の情報をカヲスが統合させる。
そして、トゥルースが全世界の電波をジャックしてそれを世界中に流す。
これによって、今、ビーストマスターとジェノムスの闘いは全世界に放映されているのだ。
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
 
ジェノムス:「驚いた……生と死の狭間に行く前とはまるで別の生物だ。 ……何がお前を強くした?」
 
ワンダとの戦いや、シスターワンダによるダメージによる効果は大きいものの、ジェノムスとビーストマスターの力は拮抗していた。
ジェノムスの計算では今の体力でも十分にビーストマスターを倒せるはずだった。
だが、実際にはそうはなっていなかった。
 
ビーストマスター:「……あの世界が私を強くするのです」
 
ビーストマスターはそう言う。
彼の遥か後方には青き星が宇宙の闇に浮かんでいた。
 
ジェノムス:「フッ……フッハッハッハハ!! 何を言っている!! あの星がお前に力を与える訳がないだろう?」
 
ビーストマスター:「そんな事はありません。私はあの世界為を思うからこそここまで闘えるのです」
 
ビーストマスターをあざ笑うジェノムスだったが、そんな事は気にも留めずにビーストマスターははっきりと言う。
ジェノムスはそれを聞いてつまらなさそうに言う。
 
ジェノムス:「このジェノムスは知っているぞ。 あの世界の心は病んでいるのだろう?
    凶悪犯罪は増加し、私利私欲の為にしか民衆は動かず、未来に希望を持たず、
    生きていながら死んでいるかのような……生と死の狭間の様な世界、何も無い世界。それがあの世界だ」
 
ジェノムスはDSの報告からこの世界の内情はある程度知っていた。
そして、この世界は彼がいくつもの次元を渡ってきた中でよくある荒廃した世界と同じ姿だった。
物理的に荒れているのではない。心が荒れているのだ。いや、荒れているどころか何もない。
夢、希望、根性、愛情、友情、誇り……民衆たちからありとあらゆる生きるエネルギーの無い世界だ。
 
ジェノムス:「あんな何も無い世界が貴様に力を与えるはずがない……そうは思わないのか?」
 
ビーストマスター:「思いません」
 
しかし、ビーストマスターは諦めない。
たしかに彼がかつて国王として治めていたあの国は、あの世界はいろいろと問題があったかもしれない。
民衆の心から活気が消えているのかもしれない。
しかし、彼は国王だった男だ。あの国を、あの世界を最も愛し、守ろうとしていた男だった。
そんな彼にしか分からないことだってある。
 
ビーストマスター:「あの世界に、私が愛した世界に何も無いなんて出鱈目です」
 
ジェノムス:「ほう、あの下らない世界に、このジェノムスの価値を理解できなかったあの世界に、一体何がある?」
 
 
ビーストマスター:「たくさん……数えきれないほどたくさんの「モノ」がありますッ!!!!」
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
 
『そ、そうだぜ……こんな俺にだって夢はあるぞ!』
 
とあるシェルターの中でこの映像を見ていた若者が声を上げる。
急に大声を上げたので、周り者は驚き、唖然としてその若者を見る。
 
『『『『………………』』』』
 
『そ、そうだろ? ビーストマスターの言うとおり、この世界にはいっぱい「モノ」があるだろ?』
 
しかし、沈黙はまだ続く。
その時、更に沈黙を破る声があがる。
 
;『あ、あるぞい! わしらには故郷がある……』
『そ、そうだ……リーブさんが身を挺して守った故郷の村が!』
『『すすたけ村があるぞ!!』』
 
『そうだ!』
『そうね!』
『おれにも』
『私にも』
『この世界には』
 
『『『『 た く さ ん の 「 モ ノ 」 が あ る ぞ ぉ ぉ ぉ ぉ ! ! ! ! ! 』』』』
 
民衆たちは一斉に奮い立つ。
モニターに向けて拳を翳して、あるいはビーストマスターのいる宇宙に向かって拳を突き上げて
彼ら自身の「モノ」を叫ぶ!叫ぶ!!叫び散らす!!!
 
この現象は世界中で起こった。
ビーストマスターとジェノムスの闘いを見ていた世界中のメダロットが叫ぶ。
自らの「モノ」を叫んで叫んで叫びつくした!!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
[ラヴド本部司令室]
 
タイン:「俺はさり気に世界一の格闘家だからな……」
竜:「私は世界一の探偵ですからね……」
 
タイン:「次は宇宙一の格闘家になる……」
竜:「次は宇宙一の探偵になる……」
 
タイン&竜:「野望がある!!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
[エデン本部]
 
コスモス:「この世界の秩序を保つ責任があります!!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
[シスターワンダ制御室]
 
カヲス:「混沌から……全てを創造する………そんな楽しみがある!!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
[エルドヴァラン]
 
ディスト:「大好きな人達がこの世界にはたくさんいるんだ!!!」
 
ローラ:「まだまだ妾が救えていない者がたくさんいる!!!」
 
ベビー:「ほっとけないカップル予備軍がいるんですよー!!!」
 
ナギサ:「真の平和…ピースを求める、実現させる、そんな運命…デスティニーがあるのさ!!!」
 
ワンダ:「ツッコミがいのある……馬鹿な奴らが……ま、まだまだいるからね……、へっへーんだ!!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
[とあるTV局の電波塔]
 
セルヴォ:「さて、酒と女と煙草、こんだけありゃこの世界は十分だぜ!!!」
 
ビート:「気分よく寝れるベッドがあれば、とりあえず十分だな!!!」
 
デュオ:「未来の希望を育てる義務がまだまだぁるゎょん♪!!!」 
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
[ビッグブロック]
 
リーブ:「意地で守り通した、大切な、帰るべき故郷があるんです!!!」
 
レッド:「リーブの…私の…………先生の……正義ッッ!!!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
[SUPENAGU墜落地点付近の森林]
 
ロケットランチ:「こんな僕で世界に貢献できる、そんなチャンスがあるんです!!!」 
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
[ウミネコ海岸周辺の謎の建物、かつてフォーパーツ:エアストのあった部屋]
 
グリークヘッド:「フォーパーツに選ばれし戦士がこの世界にいる!!!」
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
 
世界中で叫び声が聞こえてきた。
たくさんの場所から、色々な場所から叫び声が聞こえてくる。
どこからでも叫び声が聞こえてくる。
 
〝どこから聞こえているのか分からない〟ような叫びも聞こえてくる。
 
 
『クククク…神の残した愛がこの世界にはまだあるのさぁ!!!』
 
『神様のカリスマはまだまだあるゼ!!!』
 
『神様のもたらした安息があるんだなぁ!!!』
 
『もうファイヤーは使えないけど、ローラの中の炎はまだまだ消えてないよ!!!』
 
『フン…。さらなる高みを目指す道があるではないか!!!』
 
『キッシャッシャー!! 笑える程面白いことが山ほどあるぜ!!!』
 
『私の後を継いでくれるラヴドの指導者がいます!!!』
 
『俺の判断は間違いじゃなかったな、ビーストマスターとブラックメイルという良き後継者がいる!!!』
 
『ファッファッファ! 最高にカッコイイ理想の最期があるぜ!!!』
 
『いつか、絶対あの糞剣(ラグナロク)を超える目標がオイラにはある!!!』
 
『二次元の世界に行くアタイ的究極幻想……なんつって!!!』
 
『源氏装備を身に包む安心感、我輩にはそれがあれば良い!!!』
 
『クロの流れ弾で』
『やられたちょい役だけど』
『そんな私達にも』
『『『名誉の戦死を遂げた事実がある!!!』』』
 
『ハッ、俺の負けたワンダエンジェルこんなすごい奴だったのかよ!こんな意外性があるとはな!!!』
 
『ナッハッハッハ! 惑星は一つ減っても、盗みの極意がこの世界にはあるぜ!!!』
 
『乗馬をするという素敵な娯楽があるだろう♪!!!』
 
『カッコよくて、優しくて、強くて、そんな私の大好きな先輩たちがいるわ!!!』
 
『何気な~る……』
『素敵で、無敵な……』
『『種族を超えた愛がある!!!』』
 
『あと何気に〝本能くん〟と〝理性ちゃん〟からの伝言だ。
  「アッヒャッヒャッヒャーー!! 潰しがいのある理性があるぜーーー!!!」
  「抑制すべき本能がいます!!!」
 だってさ♪』
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
  
ブラックメイルもまた叫ぶ。叫びまくる!!!
月に向かって叫び、吼えた!!!!
 

ブラックメイル:「やれぇーービーストマスター!! ラヴドの為に!! 世界の為に!!! そして何より……
      これまでの暴走とケリをつける為、お前の帰る場所を失わない為に、
      お 前 自 身 の 為 に ジ ェ ノ ム ス を 破 壊 す る ん だ ぁ ~ … ぞ ッ ! ! ! 」
 
 
 
「究極の〝野生〟」を持つ者、ブラックメイル――――
 
直感に優れる彼は――――
 
極めて理論派な彼の友人の為――――
 
ただただ行動にでた――――
 
そして、その行動は彼だけでなく――――
 
世界全体に力を与えた――――
 
 
 
ブラックメイル:「……そんな、俺の願いがあるんだぁ~…ぞッ」