>> メダロットライズ にもどる
このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

RSSフィード 『マンホールに二次元世界』

日時: 2015/12/24 13:16
名前: 通りすがりのコンビニ店員


 絶 賛 更 新 停 止 中 。(再開の見込みなし)



 私たちのいる世界から、メダロットの世界へ。
 
 高校生主人公、兎想月ウサギちゃん(うそつき うさぎ)がおくるコメディ系小説です。


 ~世界観~


 メダロット(アニメ)の設定(メダロットはメダロ人が自らを機械に改造した姿)を引き継いだ、
 天領イッキ&ジャンアントメタビー VS Dr・ヘベレケ&マイケル&プリミティーベビー の決着から1000年後のお話です。


 ぶっちゃけ前半は設定どうのこうの関係ないのでノリで読んで欲しいです。
 長編はアニメを見てない方には少し優しくないです。
 できるだけわかりやすいよう心掛けていますが、不愉快に感じた方はごめんなさい。


 ~主要な登場人物~

 
 ●兎想月ウサギ(うそつき うさぎ)
  元不良で番長。可愛い系大人美人の18歳。髪の毛はくるくるロング。強気な瞳の持ち主。彼女の笑みは何者も屈服させる力がある。なんでもそつなくこなす。隠れた努力家。

 ●菊之内(菊くん、ソゾル)
  メダロット。スミロドナッド。常識があり基本的にクールな、頼りになるメダ。何だかんだで面倒見がよく、貧乏くじを引くことが多い。運も悪い。周りからのスルーされ率は異常。趣味はネット。


 ――16話以降に登場――


 ●ビィービ
  メダロット。プリミティベビー。赤ちゃんだけどじっちゃん喋り。一人称は「ワシ」。尾語は「~のぅ」。メダロットのくせにボケている(ちょっとした事情あり?)。よく迷子っている。

 ●デスト
  メダロット。ゴットエンペラー。ぽや~としている、草花を愛でるのが趣味の神帝。乙女チック。お人好し。
  ただし彼の慈しんでる花壇を荒らすと「ワガ マエニ タチフサガルトハ オロカナ……」という声が聞こえてくるぞ。
  地獄を見たくない方は、緑に優しくあることをお勧めする。
 ●ロイ
  メダロット。ビーストマスター。マンガ・アニメに精通している。考えるより行動派。要するに熱いオタク。
  「1+1=4」と即答する素晴らしい思考回路の持ち主。日本育ちなのに日本語も少々あやしい。要するにバカ。



*о○●*もくじ*●○о*


 >>1-3    ウサギちゃんと菊くんの出会い!マンホール編。

 >>3-15   友メダを救出せよ!VSリリコ嬢編。

 >>16-17   一息ついて昔の仲間の下へ。バカメダ三機合流編。

 >>18-20  『狩り』をめぐる問題!INホテル編。

 >>21-23  『家』を賭けた戦い!VS大家のおばちゃん編。

 >>24-30   作者完全フリーダム!カラオケ編。


 長編スタート!

 >>31-35   死にたがりのメダロット!ウォーバニッド編。

 >>36-    『メダ連』VSウサギ一家。メダ連編。(現在更新中)



Re: 『マンホールに二次元世界』 ( No.49 )
日時: 2013/03/06 00:46
名前: 通りすがりのコンビニ店員





 第四十五話『戦いは何が起こるかわからない』




 強くあらねばならないと感情に支配されながら、しかし兎想月ウサギの思考は冷めていた。
 ブラックメイルの右腕は振り下ろされるのをその目で認識しながら思う。
(腐っても『メダ連』のトップってことかな……)
 ブラックメイルが腕を振り下ろした先は、地面だ。
 足元を砕かれたことでウサギは否応なしに態勢を崩す。
 その一瞬をついてブラックメイルはウサギの拘束から抜け出し、後ろに距離をとった。
 距離を取られ、しかもフィールドに亀裂が入り生身では移動しづらい状況にされ、ウサギは目を細める。
(……攻撃してくると思ったのに。賭けは負けちゃったか)
 彼女は自らの内で密かに賭けをしていた。
 相手が考えなしのただのクズだったなら、挑発に乗ってその身の暴力を行使し、自分を殺してしまっていただろう。
 そうなればブラックメイル自身はもちろん。『メダ連』にも明日はない。――ヤツが大切にしていたものすべてを道連れに出来る。




奪うヤツは許さない――代償はそいつが大切にしているもので支払わせてやる。




 目を細めたまま、ウサギは自然体でスタンガンを構えた。


 ……自分の命すらチップ代わりにしておきながら、しかしウサギは自覚していない。
 思考こそ正常だが、感情は明らかに暴走していて、自分がやっていることが滅茶苦茶であることに。
 否。誰も気づいていない。
 戦いを見守っているデストも菊之内も、ウサギが『メダ連』を道連れに死ぬことを企んでいたなど……拐われたロイやビィービを助けるために戦っていると信じている彼らには、思いもよらなくて当然だろう。
 無論ウサギだってロイやビィービを助けたいと思っている。
 ただ 彼女は正常に見えて、怒り狂っていた。
 奪われたという事実。
 そして奪われて始めて、愚かな幻想にすがっていた自分を自覚して
 弱くても許されるのではないかと思ってしまっていた自分が、
 彼女は許せず、暴走している。


 あるいはそれは許せないからではなく、認められないからかも知れない。
 認めるわけにはいかないからかも知れない。
 なぜなら彼女は――








 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆




 とっさの判断から九死に一生を得たブラックメイルは、少女との間を取りつつ驚愕していた。
 相手がまさか最悪の――手加減できない相手だったこともだが。
 それよりも問題は先ほどの言葉の応酬……挑発の真意。
 誰も気づいてないなかで、彼女と直接向かい合い戦っているブラックメイルだけは、ウサギの目的に気づき、
 振り下ろしそうになった拳を全力で地面へと逸らした。


(さっきオレが攻撃していたら間違いなくカワイコちゃんは死んでた……しかも本人はそれを狙ってやがったっよな?!?!)


 体勢を立て直し自然体でスタンガンを構える少女は、どこか不満そうだ。
 つまらない。
 なんて言いたげに、こっちを見ている。明らかに…それを狙ってたとわかる態度。
 この可愛らしい少女は――自分を破滅させる気で戦っている。


 ぞくり と


 彼女の悪意とその手段を理解してしまったがために、ブッラクメイルの感覚は呑まれる。




 ・・・・・・・・・・・・・・・・
 この少女の前で間違ってはいけない。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・
 この少女の嘘に騙されてはいけない。


 ・・・・・・ ・・・・・・ ・・・・・・・・
 間違った瞬間。騙された瞬間。自分は全てを失う。




(……ありえないだろ)
 恐ろしい敵だ。
 弱さを逆手に取る機転。自らの命を平然と張ってくる精神。予想以上に戦い慣れた動作。そして挑発と…罠。
 果たして目の前の少女は、本当に少女なのか疑いたくなってきた。
(それに、だいたい何でここまで……?)
 メダロットを大切にしているのだろう。
 それは戦い方を見ればわかる。
 けれど、それだけではここまで……こんな無茶は普通はしない。
 いったい何が彼女をそうさせているのか――ブラックメイルは瞬き(まばたき)モードに入りかけるが、我に返る。
 今は戦闘中だ。そんな事よりも、考えるべきは勝つための手段。そのための行動。




 ――敵は恐ろしいが。
 『メダ連』会長として絶対に倒さなければならない!




 ブラックメイルは、亀裂が入った瓦礫の向こうに佇む少女に向き合う。
 それを見て少女は笑った。
「今度はそっちから来てくれるんだ?」
 ブラックメイルは ニヤリと笑って答える。



「いいや? 行かねーぜ」




 そう言ってブラックメイルが取り出したのは黒い塗装のL字型の物体。
 少女は目を見開く。
「なッ?! メダロットのくせに銃って、ひ、ひど――」
「近寄ってスタンガン喰らうわけにはいかねーからな。――おやすみだ、カワイコちゃん」
 ブラックメイルは咄嗟に避けようと動いた少女に狙いを定めて、引き金を絞る。
 的確な射撃。
 これは外れない――






 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆





(やられた……!)
 ウサギは悔しさに顔を歪めた。
 接近戦タイプのメダロットだったため、仕掛けてきてもスタンガンで応戦できると思っていた。銃(殺しは避けてくるはずだからおそらく麻酔銃)が出てきた場合など想定していない。足場が悪いから移動もロクに出来ず、これでは遠距離からやられる一方……というか、この弾丸はどう見ても躱せない。
(どうすればいい?!)
 それでもウサギは勝つための手段を模索する。
 相手の位置。迫り来る弾丸。自分の体勢。武器。残された時間。刹那に現状の情報を洗い出して考える。
 ――だが、何ひとつ手はなかった。
「くッ……」
 ウサギの顔がさらに歪んだ




    その時!






 ブゴッゴォゴォォァァ ッ 


 凄まじい破壊音と衝撃が部屋を振動し、壁の一面がぶっ壊されて変形したディストスターが突っ込んできた。
 本来のディストスターよりサイズのでかい そのディストスターは、まるでアクション映画のように華麗に空中を跳びながら突っ込んできて。見事なまでに綺麗にリングの上――ブラックメイルとウサギの間に着地し、停車する。
 一拍のち 部屋に叫び声が木霊した。


「うぉぉおおおお何か知らんが弾丸で我の前ガラスにヒビがぁああああああああああああああああ」
 ディストスターの叫びだった。
「ど…どうなってんだ――って、エンヤさん?!?!」
 狼狽えるブラックメイル。赤い車から這いずって出てきたコーヒー臭のする男性の人物に、さらに狼狽する。
(…………!)
 ウサギはその隙を見逃しはしなかった。
 間にあるディストスターを死角に、亀裂の入った地面を即座に移動してゆく。
 対象に近づくことに成功した。
「エンヤさん何でマッドタクシーなんかに……ってか大丈夫か? 顔白が――ぐはぁああああああ!」
 確かに……その戦いの







 ――――――――― 決着は一瞬でついた。








 ……謎のディストスターが盛大に突っ込んできてくれたおかげで。






 第四十六話に続く。