>> メダロットライズ にもどる
このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

RSSフィード 『マンホールに二次元世界』

日時: 2015/12/24 13:16
名前: 通りすがりのコンビニ店員


 絶 賛 更 新 停 止 中 。(再開の見込みなし)



 私たちのいる世界から、メダロットの世界へ。
 
 高校生主人公、兎想月ウサギちゃん(うそつき うさぎ)がおくるコメディ系小説です。


 ~世界観~


 メダロット(アニメ)の設定(メダロットはメダロ人が自らを機械に改造した姿)を引き継いだ、
 天領イッキ&ジャンアントメタビー VS Dr・ヘベレケ&マイケル&プリミティーベビー の決着から1000年後のお話です。


 ぶっちゃけ前半は設定どうのこうの関係ないのでノリで読んで欲しいです。
 長編はアニメを見てない方には少し優しくないです。
 できるだけわかりやすいよう心掛けていますが、不愉快に感じた方はごめんなさい。


 ~主要な登場人物~

 
 ●兎想月ウサギ(うそつき うさぎ)
  元不良で番長。可愛い系大人美人の18歳。髪の毛はくるくるロング。強気な瞳の持ち主。彼女の笑みは何者も屈服させる力がある。なんでもそつなくこなす。隠れた努力家。

 ●菊之内(菊くん、ソゾル)
  メダロット。スミロドナッド。常識があり基本的にクールな、頼りになるメダ。何だかんだで面倒見がよく、貧乏くじを引くことが多い。運も悪い。周りからのスルーされ率は異常。趣味はネット。


 ――16話以降に登場――


 ●ビィービ
  メダロット。プリミティベビー。赤ちゃんだけどじっちゃん喋り。一人称は「ワシ」。尾語は「~のぅ」。メダロットのくせにボケている(ちょっとした事情あり?)。よく迷子っている。

 ●デスト
  メダロット。ゴットエンペラー。ぽや~としている、草花を愛でるのが趣味の神帝。乙女チック。お人好し。
  ただし彼の慈しんでる花壇を荒らすと「ワガ マエニ タチフサガルトハ オロカナ……」という声が聞こえてくるぞ。
  地獄を見たくない方は、緑に優しくあることをお勧めする。
 ●ロイ
  メダロット。ビーストマスター。マンガ・アニメに精通している。考えるより行動派。要するに熱いオタク。
  「1+1=4」と即答する素晴らしい思考回路の持ち主。日本育ちなのに日本語も少々あやしい。要するにバカ。



*о○●*もくじ*●○о*


 >>1-3    ウサギちゃんと菊くんの出会い!マンホール編。

 >>3-15   友メダを救出せよ!VSリリコ嬢編。

 >>16-17   一息ついて昔の仲間の下へ。バカメダ三機合流編。

 >>18-20  『狩り』をめぐる問題!INホテル編。

 >>21-23  『家』を賭けた戦い!VS大家のおばちゃん編。

 >>24-30   作者完全フリーダム!カラオケ編。


 長編スタート!

 >>31-35   死にたがりのメダロット!ウォーバニッド編。

 >>36-    『メダ連』VSウサギ一家。メダ連編。(現在更新中)



Re: 『マンホールに二次元世界』 ( No.48 )
日時: 2013/03/05 15:29
名前: 通りすがりのコンビニ店員





 第四十四話『フィール ロンリー ラビット?』



 ――ウサギちゃん視点―――



 マンホールに落ちて私はこの世界にやって来た。
 『セレクト隊』なる白ヘルメットのお兄さんに捕まって、二階から飛び降りて、飛び降りたところを、見ず知らずのメダロット――菊くんに、抱きとめられて。
 生まれて初めてのお姫様抱っこに感動しちゃって。
 浮かれあがったノリで「連れて逃げて!」なんて言ったら、菊くんは本当に連れ出してくれて。

 まるで少女マンガみたいなハチャメチャな展開のなかで、私は一瞬だけど思ったんだ。
 運命ってあるのかもしれないって。
 絶対にいないと思っていた。こんな私を助けだしてくれる人が、もしかしたら居て――今やっとその時が来たのかも知れない、って。

 『この世界』が、私がいた世界じゃないって知ってからは尚更。
 メダロットと呼ばれる、菊くんたちのようなありえないものが普通に存在する『この世界』なら――……と、私は自分でも無自覚に、幼稚な子供のような期待を胸に抱いていた。
 私がそんな期待を抱いてしまったのには、『この世界』を夢の中だと思っていたせいもある。
 夢の中でぐらいなら、そんな幸せな世界が。幸せになれる世界が。あってもいいじゃない――結局、ここが夢の中でないことはカラオケに言ったときに証明されてしまい。『狩り』や『胡桃沢』の話を聴いているうちに、『この世界』も私がいた世界と同じ……不条理で、どうにかしたくても、どうにもならない出来ないことがある〝現実〟なんだと理解したけど。
 ううん。ちゃんと理解できていなかったかな。
 本当にわかってたら、私はちゃんと守ってたはずだもん……それを『この世界』なら大丈夫じゃないかって楽観して行動して、後悔してる。バッカみたい。弱ければ奪われて失うなんて、嫌でも知っていたはずなのに。
 ……結局のところ。
 立ちあがる強さが、守るための強さが、失わないための強さが、――必要なんだ。
 どこにいても。どんな場所でも。
 この世界でも。

 私は強くなくちゃいけないっ……っ!








 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆






 ――デスト(ゴットエンペラー)目線――



 兎想月ウサギ――マスターが強いことは、だいぶ前からわかっていました。
 ロボトルで出される的確な指示は、まるで自らがその場に立ったことがあるかのようで。
 また、遊園地で十数機のメダを怯むことなく迎撃しようとしたのも、かなりの修羅場をくぐりぬけ、『力』に相当の自信を持っているからだと見て取れていました(無茶には変わりありませんが)。
 しかし、これは……余りにも、信じられない光景で。
 信じたくない光景で。


「つ、強い……ッ!」


 一方的にブラックメイルを虐げるマスターに戦慄し呟く私が感じたのは、
 紛れもない――





















 ―――――――恐怖でした。














 第四十五話に続く。