>> メダロットライズ にもどる
このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

RSSフィード 『マンホールに二次元世界』

日時: 2015/12/24 13:16
名前: 通りすがりのコンビニ店員


 絶 賛 更 新 停 止 中 。(再開の見込みなし)



 私たちのいる世界から、メダロットの世界へ。
 
 高校生主人公、兎想月ウサギちゃん(うそつき うさぎ)がおくるコメディ系小説です。


 ~世界観~


 メダロット(アニメ)の設定(メダロットはメダロ人が自らを機械に改造した姿)を引き継いだ、
 天領イッキ&ジャンアントメタビー VS Dr・ヘベレケ&マイケル&プリミティーベビー の決着から1000年後のお話です。


 ぶっちゃけ前半は設定どうのこうの関係ないのでノリで読んで欲しいです。
 長編はアニメを見てない方には少し優しくないです。
 できるだけわかりやすいよう心掛けていますが、不愉快に感じた方はごめんなさい。


 ~主要な登場人物~

 
 ●兎想月ウサギ(うそつき うさぎ)
  元不良で番長。可愛い系大人美人の18歳。髪の毛はくるくるロング。強気な瞳の持ち主。彼女の笑みは何者も屈服させる力がある。なんでもそつなくこなす。隠れた努力家。

 ●菊之内(菊くん、ソゾル)
  メダロット。スミロドナッド。常識があり基本的にクールな、頼りになるメダ。何だかんだで面倒見がよく、貧乏くじを引くことが多い。運も悪い。周りからのスルーされ率は異常。趣味はネット。


 ――16話以降に登場――


 ●ビィービ
  メダロット。プリミティベビー。赤ちゃんだけどじっちゃん喋り。一人称は「ワシ」。尾語は「~のぅ」。メダロットのくせにボケている(ちょっとした事情あり?)。よく迷子っている。

 ●デスト
  メダロット。ゴットエンペラー。ぽや~としている、草花を愛でるのが趣味の神帝。乙女チック。お人好し。
  ただし彼の慈しんでる花壇を荒らすと「ワガ マエニ タチフサガルトハ オロカナ……」という声が聞こえてくるぞ。
  地獄を見たくない方は、緑に優しくあることをお勧めする。
 ●ロイ
  メダロット。ビーストマスター。マンガ・アニメに精通している。考えるより行動派。要するに熱いオタク。
  「1+1=4」と即答する素晴らしい思考回路の持ち主。日本育ちなのに日本語も少々あやしい。要するにバカ。



*о○●*もくじ*●○о*


 >>1-3    ウサギちゃんと菊くんの出会い!マンホール編。

 >>3-15   友メダを救出せよ!VSリリコ嬢編。

 >>16-17   一息ついて昔の仲間の下へ。バカメダ三機合流編。

 >>18-20  『狩り』をめぐる問題!INホテル編。

 >>21-23  『家』を賭けた戦い!VS大家のおばちゃん編。

 >>24-30   作者完全フリーダム!カラオケ編。


 長編スタート!

 >>31-35   死にたがりのメダロット!ウォーバニッド編。

 >>36-    『メダ連』VSウサギ一家。メダ連編。(現在更新中)



Re: 『マンホールに二次元世界』 ( No.46 )
日時: 2012/10/12 15:55
名前: 通りすがりのコンビニ店員




 第四十二話『ダークラビット(1)』




「おかしくないか?」
 サーベルタイガー型のメダロット――スミロドナッド。菊之内という名の黄色いメダロットは、ことの成り行きに、至極まっとうな疑念を呈した。というのも先ほど交わされた兎想月ウサギ――自らのマスター――と、『メダ連』会長、ブラックメイル――との、やり取りの事である。


 仲間を返せと言ったウサギの言葉を、当然ブラックメイルは却下した。
 代わりに、ウサギがブロッソを解放し、二度と ロボトルしないと誓うなら返す と提案してきた。
 ウサギはこれを却下した。
 二人間での話はこじれにこじれ、最終的にやはりというか何というか、戦って決着をつけることになったのだが……ここまでは、菊之内も予想通りだった。相容れないものが戦力を互いに保持している場合、どうなるかは大抵決まっている。『メダ連』側にしても、本気であんな茶番が通るとは思っていないはずだ。
 否、『メダ連』側のほうが戦いを望んでいる。
 名に泥をつけられたのを放っておくほど、『メダ連』は甘い組織ではない。
 ウサギが万が一ブラックメイルの提案を呑んでいたとしても、難癖つけて戦いになっていたはずだ。
 挑まれたら最後。野良メダたちの希望を背負っている『メダ連』は、常に勝利を示し続けなければならないのだから。


「だけどな。おかしいだろ」
 どう考えても、どう結論を出しても、おかしかった。
 『メダ連』と戦うことになるのはわかっていたが……
「どうして人間のお前(ウサギ)が! ブラックメイルとリアルファイトする流れに落ち着くんだよっ?!」
 菊之内がいるのは、バスケットコート4つ分ぐらいの広さの部屋。目の前には六角形の盛り上がったステージが設置されている。普段このステージは『メダ連』で働いている兵士たちのロボトルの練習場所らしいが、これから行われるのは、人間とメダロットによるリアルファイトだ。
 ウサギは、叫ぶ菊之内など素知らぬ顔で着々と戦うための準備をしている。
 服装は、どこかの高校の制服。緑のチェックのミニスカートに、半そでの白いシャツ。今は十二月なので、季節を無視しているが、制服が自分にとっては戦いなれた戦闘服なのだとウサギは言い張り着用している。菊之内にはよくわからなかったが、こだわりがあるらしい(だからと言ってわざわざ持ってきて着替える程の必要性があるかは疑問だが)。両腕には、にの腕まである特殊素材の黒手袋(どっからか仕入れた)をはめ、ポケットには黒い塊(なぞの危険物)をつっこんでいる。
「ありえない! おかしい! 誰か説明してくれぇえええ!!」
「菊くん うるさい」
「わめきたくもなる! 普通ここはロボトルだろっ?! デストも何か言ってやれ!!」
「マスター。頑張って下さいね!」
「うわぁああああああああそうだったコイツも馬鹿だったっ!! 忘れてた!」
 常識人に見えてどこか抜けている神帝デストくん。
「応援よろしくねー」
 ウサギは明るく声援に応える。慌てたのは菊之内だ。
「待てウサギ。止めろウサギ。止めてくれウサギ! お前が怒ってるのは知ってる。そこらの男より強いのも知ってる。だがブラックメイルはメダロットだ。俺らみたいにリミッターがついてるなら問題ないが、相手は外してる。人間のお前が勝てるわけない。つーか、勝つ負ける以前に、死ぬぞ」
 相手はブラックメイル。
 しかも初期型。
 メダロットでもただでは済まされない――いわんや、人間ならまして。
「そうね」
 あっさりとウサギは頷いた。
 生死に関わる警告を平然と認めるウサギに、菊之内は唖然とする。
「そうねって……ウサギ。どういう――「あのね、菊くん」
 ウサギは菊之内の言葉を無理やり遮った。
 これ以上、不満を言わす気はない。
「私とリアルファイトになって困ってるのは、『メダ連』の方よ」
「は? なんで――」
「『メダ連』は〝力〟で成り立っている組織。人間なんぞに挑まれて、逃げ出すわけにはいかない――けどね、それは間違いなく弱点なの」
「…………???」
「そして可哀相だけど。私は絶対に許さない――私から奪おうとするヤツを」
 ゾッ と、冷たいものが這い上がってくる感覚が菊之内を襲う。
 ウサギが笑っていた。
 今まで菊之内が目にしてきた少し偉そうな笑みでも、明るい笑みでもなく、
 戦いへの喜びを含んだ、至極イジワルな微笑み。
「ウサギ………?」
 強者によって狩られるはずの弱者が、獰猛な笑みをたたえていた。




 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆




「っち」
 ウサギたちがいるリングの反対側で、ギャラントレディ――メイデンは、舌打ちを隠せずにいた。
(まさかリアルファイトで挑んでくるなんて……会長はどうする気で……)
 やられた――と思った。嫌な予感の正体はこれだ。始めからあのふざけた名前の女はリアルファイトを狙ってきていたのだ。


 メイデンはちらりとブラックメイルに視線をやる。
 それに気づいたブラックメイルが「あぁ」と真剣な表情で頷く。
「メイデン…………ヤベェな。あのミニスカでハイキックとか繰りだされたら確実に見えるぞ……っ!」
 なにか甚大に間違った心配をブラックメイルはしていた。
「…………会長、女子にはスパッツという心強い味方がいるんですよ」
「バカやろう! あれは悪の手先だぞ。今すぐ脱ぎ捨てるように言って――ぎゃぁあああああああ!! メイデンまって! 戦う前にフリーズは勘弁して!!」
 慌てるブラックメイル。何も考えていなさそうな姿に、メイデンは立ちくらみを覚えた。
「会長。いい加減にしてください。私たち今、瀬戸際なんですよ?」
 メイデンは、能天気なブラックメイルに非難の目で責める。
 ブラックメイルはまばたきを繰り返しながら「んー」と唸った。
「まぁ確かにヤベーよな。『メダ連』トップのオレが負ければ、組織そのものが揺らいじまって『狩り』への牽制とか言ってる場合じゃなくなるし。だからって人間相手に、本気を出したら殺しちまうからなぁ」
 もしウサギとの戦いが殺し合いであれば、勝つのは間違いなくブラックメイルだろう。
 しかし、これは殺し合いではない。あくまで『試合』だ。
 万が一でも、『人間』のウサギを、『メダロット』であるブラックメイルが殺してしまってはいけない――『メダ連』会長が人殺しなど犯してしまえば、メダロットそのものの信用を失うことになる。世間、そして政府からの。
 そうなれば政府からもぎ取った 弾圧への抵抗の権利は剥奪され、下手すれば『メダ連』そのものを瓦解させられる。
 何があっても その最悪の事態だけは回避しなければならない。


(どうすっかなぁー………)
 ブラックメルはまばたきを繰り返す。
 そもそも、だ。
 法律上に置いて、メダロットの立場はひどく弱かった。
 例えば、メダロットが人間を殺せば罪になるが、人間がメダロットのメダルを割っても罪には問われない。
 メダルを割る行為が、悪意や故意的なものであっても、メダロットは文句を言うことすら許されていない。
 要するに、『道具』扱いのままなのだ。
 千年を経て、世間にメダロットが〝生きている〟と認識されるようになっても、法律上でメダロットは『道具』のまま。


 しかし同時にそれは、仕方のないものでもあった。
 メダロットの力は人間にとって強すぎ、間違えば一瞬で〝暴力〟に変わる。
 更に、どこぞの馬鹿な科学者がリミッターの解除方法を確立させ、世の中にそれが広まってしまったせいで、国の法律でメダロットを保護するのは、ほとんど不可能になってしまった。
 なぜなら――
 リミッターを外したばかりのメダロットが、子供の頭を撫でた。それだけで子供の首がパキリと折れてしまった。
 ――実際にそんな事件が起こるぐらい簡単に、リミッターが外れたメダロットは人の命を奪える。
 メダロットは危険な存在だ。
 紛れもなく、その気になれば大量の人間を瞬時に殺せる存在だ。
 そんな危険な存在を相手に、法を緩めるわけにいかない。
 むしろ三原則が外れやすくなったぶん、法律でメダロットの力を縛る必要がある。
 『メダロット』が『人間』を傷つけることが出来ないように――


「――やっぱり、代わりましょうか? 会長」
 メイデンは、言葉を切ったまま口を閉ざしてしまったブラックメイルに申し出る。
 ほとんどのメダロットがリミッターを外している『メダ連』に置いて、メイデンは数少ない三原則の保持者だ。
 人間を傷つけることは出来ないが、だからこそ、危害を加えずに相手を戦闘不能に落ちらせることが出来るかも知れない。
「いんや。カワイコちゃんの御指名はオレだぞ? 逃げるわけにはいかないだろ」


 繰り返されていたブラックメイルのまばたきが、止まった。
「それに方法がないわけでもない」
「会長……?」
「あっちも人間であることを逆手に取るような汚い手で来てることだし、こっちも邪道でいくか」
「あの、会長? 話が見えないんですが……?」
「メダロットとしては非難されそうだけどなぁ。別にロボトルじゃないし。武器の所持はありだって話になってるし」
 さすがにメダロット相手に素手で挑め、ということは出来ないので、武器の所持は許されている。
 と いっても真剣や銃を相手がもっているわけもないので。
 武器といっても鉄パイプやそこらのものになるのだろうが――


「会長ッ!!」
「うっお。なんだよー? メイデン」
「『なんだよ』じゃありませんッ!! いいかげん私にも説明してください!!」
「説明は必要ねぇよ。見てればわかるし。それより用意して欲しいものがあるんだけど」
「用意して欲しいもの……ですか……?」
「 『麻酔銃』 」
 用意するよう言い渡された物の名前に、メイデンはぴたりと停止して、ブラックメイルを見つめた。
「たぶん。決着は一瞬でつくだろーな。かなりセコイ手かも知んないけど」
 動かないメイデンの視線の先で、苦々しげにブラックメイルは笑った。




 第四十三話に続く。