>> メダロットライズ にもどる
このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

RSSフィード 『マンホールに二次元世界』

日時: 2015/12/24 13:16
名前: 通りすがりのコンビニ店員


 絶 賛 更 新 停 止 中 。(再開の見込みなし)



 私たちのいる世界から、メダロットの世界へ。
 
 高校生主人公、兎想月ウサギちゃん(うそつき うさぎ)がおくるコメディ系小説です。


 ~世界観~


 メダロット(アニメ)の設定(メダロットはメダロ人が自らを機械に改造した姿)を引き継いだ、
 天領イッキ&ジャンアントメタビー VS Dr・ヘベレケ&マイケル&プリミティーベビー の決着から1000年後のお話です。


 ぶっちゃけ前半は設定どうのこうの関係ないのでノリで読んで欲しいです。
 長編はアニメを見てない方には少し優しくないです。
 できるだけわかりやすいよう心掛けていますが、不愉快に感じた方はごめんなさい。


 ~主要な登場人物~

 
 ●兎想月ウサギ(うそつき うさぎ)
  元不良で番長。可愛い系大人美人の18歳。髪の毛はくるくるロング。強気な瞳の持ち主。彼女の笑みは何者も屈服させる力がある。なんでもそつなくこなす。隠れた努力家。

 ●菊之内(菊くん、ソゾル)
  メダロット。スミロドナッド。常識があり基本的にクールな、頼りになるメダ。何だかんだで面倒見がよく、貧乏くじを引くことが多い。運も悪い。周りからのスルーされ率は異常。趣味はネット。


 ――16話以降に登場――


 ●ビィービ
  メダロット。プリミティベビー。赤ちゃんだけどじっちゃん喋り。一人称は「ワシ」。尾語は「~のぅ」。メダロットのくせにボケている(ちょっとした事情あり?)。よく迷子っている。

 ●デスト
  メダロット。ゴットエンペラー。ぽや~としている、草花を愛でるのが趣味の神帝。乙女チック。お人好し。
  ただし彼の慈しんでる花壇を荒らすと「ワガ マエニ タチフサガルトハ オロカナ……」という声が聞こえてくるぞ。
  地獄を見たくない方は、緑に優しくあることをお勧めする。
 ●ロイ
  メダロット。ビーストマスター。マンガ・アニメに精通している。考えるより行動派。要するに熱いオタク。
  「1+1=4」と即答する素晴らしい思考回路の持ち主。日本育ちなのに日本語も少々あやしい。要するにバカ。



*о○●*もくじ*●○о*


 >>1-3    ウサギちゃんと菊くんの出会い!マンホール編。

 >>3-15   友メダを救出せよ!VSリリコ嬢編。

 >>16-17   一息ついて昔の仲間の下へ。バカメダ三機合流編。

 >>18-20  『狩り』をめぐる問題!INホテル編。

 >>21-23  『家』を賭けた戦い!VS大家のおばちゃん編。

 >>24-30   作者完全フリーダム!カラオケ編。


 長編スタート!

 >>31-35   死にたがりのメダロット!ウォーバニッド編。

 >>36-    『メダ連』VSウサギ一家。メダ連編。(現在更新中)



Re: 『マンホールに二次元世界』 ( No.44 )
日時: 2013/03/02 00:06
名前: 通りすがりのコンビニ店員





 第四十一話『宣戦布告』






 〝大切なものを大切にするのは、ひどく難しい〟





 そう言ったのは誰だったっけ……あぁ、そうだ。アイツだ。
 弱っちくて逃げ出すくせに、逃げ切れなくて厄介ごとに捕まる――天パの、アイツ。


 まったくもって、こーゆー時には思いだすのはアイツの言葉ばっかり。
 しかも的を射てるから気に食わない。
 今度のことだって、そう。
 大切に出来てなかったから、私はこうして仲間を奪われてる。
 もう二度と失わないって決めたはずなのに。


 ……けど、このままじゃ終わらせない。
 奪われた私に責任があるように、奪ったヤツにも責任がある――果たしてもらいましょうか、その責任。


 そいつが一番大切にしているもので。




 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆





「やっと出てきたわね――随分と出てくるのが遅かったじゃない? ブラックメイル会長?」


 菊くん、デスト、そして私が奥の部屋に通さること五時間。
 私たちを呼びつけた黒ヤギと、その秘書らしきメダは、姿を現した……ただし、ブラックメイルの方は何故か疲労困憊した様子で。


「遅かった……? や、自己最高記録を更新したぞ。この速さは。……オレ、頑張った。ホント頑張った。超疲れた」
「会長。疲れたのなら下がってくださっても構いませんよ?」
「メイデン。何のためにオレが頑張ったと……頼むから、この期に及んで精神的にイジめんのは止めてくんない?」
「ヘロヘロのくせに……負けないで下さいよ」
「努力する」
「勝ちなさい」
「………………………はぁい」

 おそらく『メイデン』と呼ばれたギャラントレディは、ブラックメイルの部下なんだろうけど、何か…凄く高圧的に勝利を命令していたような……?
 まっ、今はそれはどうでもいいことか。


「本題に入らせてもらうわ――」


 ガンッ と私は右の手のひらで、『メダ連』と『私たち』を挟む机を叩きつける。
 愉快な会話を聴くために五時間も待ったわけじゃない。


「――ブロッソメイルのメダルを壊されたくなかったら、私の仲間を返しなさい」


 もっとも、向こうが「わかりました」なんて言うはずがないのはわかりきってるし、私も穏やかに済ます気なんて一切ない。
 つまり――これは、宣戦布告。
 私たちは戦うために来たのだから。





 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆





 メイデンは、目の前にいる少女をじっくりと観察する。


 くるくるの茶色の長い髪を少し上の方でおだんごに結い上げ、余った髪を肩よりすこし下まで流している。黒い瞳はぱっちりと大きく、したたかな自信に満ちていて。これは――戦うことに慣れている眼だ。失うことも、奪うことも、すでに知っている眼。まだ17・18の少女には不釣り合いな眼で、しかし、だからこそ――人を惹きつける不思議な魅力を灯している。


(強い……ですね)


 嫌な予感がする。


 兎想月ウサギが連れているのはディアアイドルの報告にあがった、スミロドナッドとゴットエンペラーだけ。
 ブロッソメイル戦――遊園地で襲った時に使われたウォーバニッドは、遊園地でそのまま別れたと確認が取れている。しかも……ウォーバニッドの機体は、今朝方、『メダ連』によって回収され済みだ。


(ウォーバニッドの機体が遊園地に放置されていたことは不可解ですが……)


 メダルを抜き取られ、ボロボロの状態で回収されたウォーバニッド。後をつけさせていた手練れは、何者かに襲われ機能停止させられており、あの遊園地で何があったのか――三十年前の王者が、なぜ惨めな姿で取り残されていたのかは不明である。


 一番にあがるのはウォーバニッドを捕えていたとされる〝組織〟の存在。
 しかし、この事についてメイデンは納得できていない。〝組織〟にしては、やり方が「おざなり」すぎる。


 〝組織〟が信条にしているのは自らの情報の隠ぺい――存在しない、想像の域を出ない、「架空の組織」であること。
 あらゆる犯罪の糸を引いていながら、表舞台には立たず、派手な行動を起こさないからこそ、実態を掴めていない――日本政府。警察。セレクト隊。……そして『メダ連』でさえ。
 八年前に起こった〝組織〟の内部分裂のおかげで、少しだけ明るみにでたが、それすらなければ今も「実在」が疑われていたはずだ。
 それほど慎重深い〝組織〟。わざわざ遊園地という場所に彼らに深く関わった人物が姿を現すとは……メイデンには考えにくかった。


 それに、そもそも、なぜ今更ウォーバニッドなのかも疑問である。


 ウォーバニッドは世界王者として知られている。
 その機体をわざわざ人目に晒したうえ、あまつさえ『メダ連』の上級士官と戦わせる――〝組織〟を表沙汰にしかねない行為。〝組織〟が望んでやるとはとても思えない。



 考えられるとすれば、捕らえていたウォーバニッドが逃走したか――
           どうしても『ウォーバニッド』と『メダ連』を戦わせなければならない理由があったか――
           もしくは「存在していない」を信条にしている〝組織〟そのものが変わってきているのか――


 ――結局のところ、何もわかっていないのだ。


 なぜ〝組織〟に捕らわれていたウォーバニッドが姿を現したのか。
 ウォーバニッドが『メダ連』と戦ったのは、必要性があってのことのなのか。
 そしてウォーバニッドを誰が潰し、そのメダルを持っていったのか。その目的はなんなのか。


 わかっていない。
 それでも、もしわかっていることがあるとすれば――


(――この少女が、〝組織〟と無関係だったことぐらいですね)


 兎想月ウサギは〝組織〟と無関係である。
 捕らえた敵と話し合い意気投合した結果「あいつらのマスターなら大丈夫だろ!」と言ったバカはともかく、確かに尾行させていた優秀な部下からも『〝組織〟と繋がっている線は極めて低い。……つーか、ただのバカップルがデートしてるだけにしか見えなかった。リア充爆ぜろ!! 爆死しろぉおおおお!』と報告がきている。上官に対して後半部分の報告の仕方は頂けないが、あの優秀な部下が言うのだから、報告内容は信じていいものだ。


 だから一番の脅威であるウォーバニッドは、兎想月ウサギの手元におらず。
 スミロドナッドとゴットエンペラーだけなら、多少の苦戦をせども、あのロボトル馬鹿の会長が負けるわけがない。
 その強さは『最強』と呼ばれた前会長にさえ、上回っているのだから。




 なのに、メイデンは嫌な予感が拭えずにいる。
 大切な〝何か〟を見落としている……兎想月ウサギという少女の瞳を見ているとそんな気がしてならない。


(答えは目の前にある気がするのに……それがいったい何なのかがわからない……)




 もしかしたら会長ならわかってるかもしれない……。


 バカだからこそ誰にも出来ない視点を持っている会長になら――メイデンは少女から視線を外し、大切な〝何か〟の答えを求めて、右隣に座っているブラックメイルをそっと見た。いつになく真剣な表情で兎想月ウサギを見つめるブラックメイルは、傍にいるメイデンが聴こえるか聴こえないかの声で何かを呟いている。
 もしや……。と期待してメイデンは側耳をたてる。聴こえてきた呟きの内容は――




「うぉぉぉぉぉおお噂通りめっちゃ美人んんんんんんんんんっ……!」




(――ダっ、ダメだこいつ……早くどうにかしないと…………)




 そう思いつつも、食い入るように目の前の美少女に見入っているブラックメイルに、
 あぁ、そういえば手遅れでしたっけ――ひしひしとメイデンはなにかを感じて諦めた。








 第四十二話に続く。
 




 ――――――――――――――
 次回ですが、ウサギちゃんはキレたら怖いだろうな……っと思って書いてましたら予想以上の怖さに。
 よって、ウサギちゃんはダーク化するので、ちょっと引くかもしれません。