>> メダロットライズ にもどる
このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

RSSフィード 『マンホールに二次元世界』

日時: 2015/12/24 13:16
名前: 通りすがりのコンビニ店員


 絶 賛 更 新 停 止 中 。(再開の見込みなし)



 私たちのいる世界から、メダロットの世界へ。
 
 高校生主人公、兎想月ウサギちゃん(うそつき うさぎ)がおくるコメディ系小説です。


 ~世界観~


 メダロット(アニメ)の設定(メダロットはメダロ人が自らを機械に改造した姿)を引き継いだ、
 天領イッキ&ジャンアントメタビー VS Dr・ヘベレケ&マイケル&プリミティーベビー の決着から1000年後のお話です。


 ぶっちゃけ前半は設定どうのこうの関係ないのでノリで読んで欲しいです。
 長編はアニメを見てない方には少し優しくないです。
 できるだけわかりやすいよう心掛けていますが、不愉快に感じた方はごめんなさい。


 ~主要な登場人物~

 
 ●兎想月ウサギ(うそつき うさぎ)
  元不良で番長。可愛い系大人美人の18歳。髪の毛はくるくるロング。強気な瞳の持ち主。彼女の笑みは何者も屈服させる力がある。なんでもそつなくこなす。隠れた努力家。

 ●菊之内(菊くん、ソゾル)
  メダロット。スミロドナッド。常識があり基本的にクールな、頼りになるメダ。何だかんだで面倒見がよく、貧乏くじを引くことが多い。運も悪い。周りからのスルーされ率は異常。趣味はネット。


 ――16話以降に登場――


 ●ビィービ
  メダロット。プリミティベビー。赤ちゃんだけどじっちゃん喋り。一人称は「ワシ」。尾語は「~のぅ」。メダロットのくせにボケている(ちょっとした事情あり?)。よく迷子っている。

 ●デスト
  メダロット。ゴットエンペラー。ぽや~としている、草花を愛でるのが趣味の神帝。乙女チック。お人好し。
  ただし彼の慈しんでる花壇を荒らすと「ワガ マエニ タチフサガルトハ オロカナ……」という声が聞こえてくるぞ。
  地獄を見たくない方は、緑に優しくあることをお勧めする。
 ●ロイ
  メダロット。ビーストマスター。マンガ・アニメに精通している。考えるより行動派。要するに熱いオタク。
  「1+1=4」と即答する素晴らしい思考回路の持ち主。日本育ちなのに日本語も少々あやしい。要するにバカ。



*о○●*もくじ*●○о*


 >>1-3    ウサギちゃんと菊くんの出会い!マンホール編。

 >>3-15   友メダを救出せよ!VSリリコ嬢編。

 >>16-17   一息ついて昔の仲間の下へ。バカメダ三機合流編。

 >>18-20  『狩り』をめぐる問題!INホテル編。

 >>21-23  『家』を賭けた戦い!VS大家のおばちゃん編。

 >>24-30   作者完全フリーダム!カラオケ編。


 長編スタート!

 >>31-35   死にたがりのメダロット!ウォーバニッド編。

 >>36-    『メダ連』VSウサギ一家。メダ連編。(現在更新中)



Re: 『マンホールに二次元世界』 ( No.43 )
日時: 2012/06/11 00:54
名前: 通りすがりのコンビニ店員

 第四十話『勝利の庇護』




 ――『メダ連』本部ビル・47階(最上階)にて――



「会長。受付嬢のディアアイドルから電話で報告が入ってます」
 メイデンの報告に、机に座って書類に目を通していた『メダ連』会長、ブラックメイルが顔を上げる。
「ディアアイドルちゃんから? もしかしてデートのお誘いかな?」
「いえ。一発殴らせろと」
「…………お前らはオレを何だと思ってるんだよ」
 メイデンといい、ディアアイドルといい、なぜこうも『メダ連』の女メダロットは自分を攻撃したがるのか? ブラックメイルは納得がいかない。
「ディアアイドルの話では、美少女が『黒ヤギからお手紙をもらった』と言って本部にミニハンドルで突っ込んで来たらしいです……会長、私も一発殴らせてください」
 言いながらメイデンは、背中に差した槍を抜き放つ。
「『なぐる』ってそっちの『なぐる』かよっ?! お前ら本当にオレを何だと思ってんの?! 会長だよ、会長!! サンドバッグじゃないんだよっ?!」
「当然です。サンドバックは敵に挑戦状おくるようなアホな行動とったりしません!」
「あっ、それか! それを怒ってるのか。まってまって、オレにも一応考えが――ぎゃぁあああああ!!」
 メイデンが投げ放った氷の槍が、会長座席を串刺しにし、凍りつかせた。
 間一髪で床に逃れたブラックメイルは顎を外す。


「ちっ。殺り損ねましたか……」
「うそだぁああ?! 本当に刺しやがったっ!! っていうか今『殺る』って言わなかった!? 殺す気だったのっ?!?!」
「安心してください。次は外しませんから」
「にっこり微笑まれても困る!! シールドがいないからって、やりたい放題すぎだって!! たまにはオレの話も聞いて!」
「では三十字以内で簡潔に述べなさい」
「命令っ!?」
 直属の部下に槍で脅されながら命令されるって何かおかしい。やはり納得のいかないブラックメイルだが、ここで挽回しなければ、串刺しとなったイスの二の舞になること受けあいだ。なんとしても三十字で説明しなければ。


「えー。ベビーと獣王とお茶飲んだ結果、なんか大丈夫って話になった」


 ザシュッ


 メイデンの槍が再びブラックメイルを襲った。


「うっお。危なっ!! オレちゃんと答えたのにっ!!」
「言っている意味がわかりません。答えるならもっと、詳しくわかりやすく答えてください」
「メイデンが三十字以内って無茶振りしだんだよっ?!」
「知りません。さっさと答えないと本当に刺し殺しますよ」


ブラックメイル(んな我儘なっ……)


 言いかけた呟きをブラックメイルは呑み込んだ。まだ死にたくはない。


「だからさ。実際に人質にしてるプリミティベビーとビーストマスターに会ったんだよ。あいつら面白いよなー。監禁されてるくせに高級オイル飲みながらババ抜きしてんの。オレも雑じって盛り上がっちゃったよ」
「ついて来たら高級オイル飲めますよ、って言ったら見事について来た連中ですから。バ会長と同類なんでしょう」
「………………。とにかく、あの二機の様子からして『組織』との繋がりは皆無。メダロッターも仲間を放り出すようなヤツじゃないみたいだし、置手紙だけ残すよう言って、アパートに張り込ませてた連中は引き上げさせた」
「そのまま出かけていた兎想月ウサギが帰ってきたところを、襲わせれば良かったんです」
「ダメだ。それじゃあ『メダ連』の敗北を認めたことになる。真っ向から勝負して、『勝った』と証明しなければ意味がないだろ――舐められたら終わりなんだよ。俺たち(野良メダ)は」



 『メダ連』の上級仕官がぱっと出のメダロッターに破られた事実は、急速にメダロッターたちの間で広がっている。
 野良メダは〝力〟がなくては生きてはいけない。
 悪質な『狩り』を抑えている『メダ連』が揺らげば――……かつての弱者が虐げられる時代がよみがえる。




 どんなに叫んでも、
 どんなに戦っても、
 誰も助けてくれず、
 人知れず狩られて壊れていく。


 野良メダには、そんな時代があったのだ。




 力でもって力で制す――『メダ連』が出来たのは偶然ではない。必要とされたからだ。
 その力を必要としている者がいるから成り立っているのだ。



「『メダ連』に負けは許されない。そうだろ?」


 だからこそもう一度戦って実力を――『勝利』を証明する必要がある。






 メイデンはしばらく熟考したのち、笑みを浮かべるブラックメイルに、疑いの目を向けた。


「……とか言いつつ、美人のメダロッターが見たいだけでしょう?」


 ギクッ


「更に、あわよくばご自分でロボトルする気でしょう?」


 ギクギクッ


「いっ…いいじゃん!! デスクワークもう嫌だ!! オレだってメダロットなんだから偶にはロボトルしたい!」
「時と相手を選んでください」
「厳選した結果じゃん! これ以上の相手はなかなか居ないって!」
「う……まぁ、ある意味そうですけど」
 なんせ相手はバランスブレイカーのスミロドナッドと、破壊の皇帝ゴットエンペラー。
「でしょっ?! あっちから来てくれたんだし、やっぱここはオレが出ないと」


メイデン(さては、それを狙ってあちらから出向いてくるよう置手紙を残させましたね……)


 メイデンは呆れつつも、仕方ないと溜息をつく。
「わかりました。その書類が全て片付いたら、戦ってもいいですよ」
「全てって……これどう見ても今日中に終わる量じゃn――」
「終わらないなら私が相手をして来ますので。お構いなく」
「――終わらせる! ブラックメイル会長に不可能の二文字はない!」
「………………『不可能』は三文字です」




 なんでこの人が会長なんだろう。
 一日に一回はそう思うメイデンなのであった。












「あっ、伝え忘れがひとつ。会長」
「なになに?」
「今日はエンヤさんがいらっしゃるはずなので、さっさとロボトル終わらせて下さいね」
「どうせ遅刻だろ」
「大丈夫です。それを見越して早めにいらっしゃるよう時刻を伝えましたので」
「メイデン……エンヤさんをなめるなよ。更にそれを見越して遅れて来るはずだ」
「うわっ。最悪のタイプですね。絶対お付き合いしたくない系です」
「オレはそーゆーとこ嫌いじゃないけど。キクノウチ思い出すからかなー」
「…………会長のダメさはマスター譲りですか」
「や、キクノウチに比べれば、オレやエンヤさんはまだ真っ当」
「っ?!?!?!?!?!?!?!」
「あいつは本当に弱っちいからなー」





 どこで何してんだよキクノウチ……。


 迎えに来ると言ったきり迎えに来ないマスターを思い、ブラックメイルは小さく呟いた。






 第四十一話に続く。



 あとがき
―――――――――――――――――――――――――
 最近、小説にぎわってますね!
 なにかのお祭りですか? ……もしかして『メダロット7』発売決定祝い?
 とりあえず読み放題でウハウハです。
 幸せー!