>> メダロットライズ にもどる
このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

RSSフィード 『マンホールに二次元世界』

日時: 2015/12/24 13:16
名前: 通りすがりのコンビニ店員


 絶 賛 更 新 停 止 中 。(再開の見込みなし)



 私たちのいる世界から、メダロットの世界へ。
 
 高校生主人公、兎想月ウサギちゃん(うそつき うさぎ)がおくるコメディ系小説です。


 ~世界観~


 メダロット(アニメ)の設定(メダロットはメダロ人が自らを機械に改造した姿)を引き継いだ、
 天領イッキ&ジャンアントメタビー VS Dr・ヘベレケ&マイケル&プリミティーベビー の決着から1000年後のお話です。


 ぶっちゃけ前半は設定どうのこうの関係ないのでノリで読んで欲しいです。
 長編はアニメを見てない方には少し優しくないです。
 できるだけわかりやすいよう心掛けていますが、不愉快に感じた方はごめんなさい。


 ~主要な登場人物~

 
 ●兎想月ウサギ(うそつき うさぎ)
  元不良で番長。可愛い系大人美人の18歳。髪の毛はくるくるロング。強気な瞳の持ち主。彼女の笑みは何者も屈服させる力がある。なんでもそつなくこなす。隠れた努力家。

 ●菊之内(菊くん、ソゾル)
  メダロット。スミロドナッド。常識があり基本的にクールな、頼りになるメダ。何だかんだで面倒見がよく、貧乏くじを引くことが多い。運も悪い。周りからのスルーされ率は異常。趣味はネット。


 ――16話以降に登場――


 ●ビィービ
  メダロット。プリミティベビー。赤ちゃんだけどじっちゃん喋り。一人称は「ワシ」。尾語は「~のぅ」。メダロットのくせにボケている(ちょっとした事情あり?)。よく迷子っている。

 ●デスト
  メダロット。ゴットエンペラー。ぽや~としている、草花を愛でるのが趣味の神帝。乙女チック。お人好し。
  ただし彼の慈しんでる花壇を荒らすと「ワガ マエニ タチフサガルトハ オロカナ……」という声が聞こえてくるぞ。
  地獄を見たくない方は、緑に優しくあることをお勧めする。
 ●ロイ
  メダロット。ビーストマスター。マンガ・アニメに精通している。考えるより行動派。要するに熱いオタク。
  「1+1=4」と即答する素晴らしい思考回路の持ち主。日本育ちなのに日本語も少々あやしい。要するにバカ。



*о○●*もくじ*●○о*


 >>1-3    ウサギちゃんと菊くんの出会い!マンホール編。

 >>3-15   友メダを救出せよ!VSリリコ嬢編。

 >>16-17   一息ついて昔の仲間の下へ。バカメダ三機合流編。

 >>18-20  『狩り』をめぐる問題!INホテル編。

 >>21-23  『家』を賭けた戦い!VS大家のおばちゃん編。

 >>24-30   作者完全フリーダム!カラオケ編。


 長編スタート!

 >>31-35   死にたがりのメダロット!ウォーバニッド編。

 >>36-    『メダ連』VSウサギ一家。メダ連編。(現在更新中)



Re: 『マンホールに二次元世界』 ( No.42 )
日時: 2012/06/08 13:59
名前: 通りすがりのコンビニ店員

 




 ――私は、私から奪おうとする人を絶対に許さない。








 第三十九話『突撃』




「ん……?」
「なんだ?」


 もくもくと上がる砂埃。
 こっちにそれが向かってきるのを確認し、『メダ連』の本部ビルの出入り口を警備している二機のメダロットは注意深く目視する――


「もっとスピードだしな!!!!」


 ――彼らの前に姿を現したのは、時速90キロを超える暴走車。
 そして自動車型メダロット・ランドモーターに乗り、ノーブレーキでこちらに突っ込んでくる少女だ。


「うぉおおおおお?!」
「ちょっ、ヤバ――――っ?!」


 明らかにこちらを轢き殺す気できていることを感じ取った警備のメダロットたちは、大口を開けて絶叫しその場から飛び退いた。


 ガッシャーンッ


 ということで暴走車を止めるものは皆無であり、そのまま女が乗ったランドモーターはガラス製の自動ドアを大いに叩き割って、本部ビル1F・受付けカウンターの前で綺麗に停車する。


「なっ……なんなんだいったい?!」


 飛び退いた警備員のメダロットが動揺を漏らす。
 ビル唯一の出入り口の警備担当にあたってかれこれ五年程になるが、天下の『メダ連』にミニハンドルで突っ込んでくるバカがいるなど思ってもみなかった。
「なにって敵の奇襲に決まってんだろ!」
「あいてっ」
「さっさと起きろ。捕まえるぞ」
 すでに戦闘態勢にそなえて身構えている相方に足蹴りされ、飛び退いた状態で寝そべっていたメダロットも臨戦態勢に入る。


 殺気を感じて、ランドモーターに乗っている女はすぐさまメダロッチに触れた。
「はいはいメダロット――転送っ!」
 白いメダロッチからスミロドナッドとゴットエンペラーが呼び出される。
「菊くん、二体相手だけど時間稼いで。デストはメダフォ溜めて一斉射撃で片を付ける。あとは……ここまで送ってくれたランドモーター君だっけ? ありがとー。もう帰っていいよ」
「あぁぁぁあぁぁ……まさか『メダ連』に突っ込むなんて……お前らなんか二度と乗せん!! 次は脅されたって二度と乗せんからなっ!!」
「またよろしくねー」
「乗せんってつってんだろぉぉおっ?!」
 悲鳴近い抗議を叫びつつ、ランドモーターは全速力で壊れた『メダ連』の自動ドアから飛び出していった。


「ウサギ」
「マスター」


「ん?」


 ランドモーターが逃げ去っていくのを見送っていた女は、自分のメダロットに呼ばれて振り返る。


「片付いたぜ」
「片付きました」


「よろしい」


 振り返った女は、瞬殺された警備員のメダロットたちを見て満足げに頷き、目の前にいる受付けの可愛い女型メダ――アイドル型メダロット・ディアアイドルに歩み寄った。そしてドスのきいた声で告げる。


「黒ヤギさんから素敵な挑戦状(おてがみ)頂いたんだけど――呼び出してもらえるかな?」


 静かだが明らかに怒りが込められている言葉。
 受付けのディアアイドルは、少女の後ろでゴットエンペラーとスミロドナッドが武器を構えているの確認して、ニッコリと微笑む。たとえ脅されていても笑顔を崩してはいけない。それが受付嬢の仕事だ。


「かしこまりました。それでは奥の部屋でしばらくお待ちくださいませ」


 そして微笑む受付嬢は、こんな状況に陥った原因であるふざけた黒ヤギに文句を言うべく、カウンターの電話に手をのばした。







 第四十話に続く。