>> メダロットライズ にもどる
このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

RSSフィード 『マンホールに二次元世界』

日時: 2015/12/24 13:16
名前: 通りすがりのコンビニ店員


 絶 賛 更 新 停 止 中 。(再開の見込みなし)



 私たちのいる世界から、メダロットの世界へ。
 
 高校生主人公、兎想月ウサギちゃん(うそつき うさぎ)がおくるコメディ系小説です。


 ~世界観~


 メダロット(アニメ)の設定(メダロットはメダロ人が自らを機械に改造した姿)を引き継いだ、
 天領イッキ&ジャンアントメタビー VS Dr・ヘベレケ&マイケル&プリミティーベビー の決着から1000年後のお話です。


 ぶっちゃけ前半は設定どうのこうの関係ないのでノリで読んで欲しいです。
 長編はアニメを見てない方には少し優しくないです。
 できるだけわかりやすいよう心掛けていますが、不愉快に感じた方はごめんなさい。


 ~主要な登場人物~

 
 ●兎想月ウサギ(うそつき うさぎ)
  元不良で番長。可愛い系大人美人の18歳。髪の毛はくるくるロング。強気な瞳の持ち主。彼女の笑みは何者も屈服させる力がある。なんでもそつなくこなす。隠れた努力家。

 ●菊之内(菊くん、ソゾル)
  メダロット。スミロドナッド。常識があり基本的にクールな、頼りになるメダ。何だかんだで面倒見がよく、貧乏くじを引くことが多い。運も悪い。周りからのスルーされ率は異常。趣味はネット。


 ――16話以降に登場――


 ●ビィービ
  メダロット。プリミティベビー。赤ちゃんだけどじっちゃん喋り。一人称は「ワシ」。尾語は「~のぅ」。メダロットのくせにボケている(ちょっとした事情あり?)。よく迷子っている。

 ●デスト
  メダロット。ゴットエンペラー。ぽや~としている、草花を愛でるのが趣味の神帝。乙女チック。お人好し。
  ただし彼の慈しんでる花壇を荒らすと「ワガ マエニ タチフサガルトハ オロカナ……」という声が聞こえてくるぞ。
  地獄を見たくない方は、緑に優しくあることをお勧めする。
 ●ロイ
  メダロット。ビーストマスター。マンガ・アニメに精通している。考えるより行動派。要するに熱いオタク。
  「1+1=4」と即答する素晴らしい思考回路の持ち主。日本育ちなのに日本語も少々あやしい。要するにバカ。



*о○●*もくじ*●○о*


 >>1-3    ウサギちゃんと菊くんの出会い!マンホール編。

 >>3-15   友メダを救出せよ!VSリリコ嬢編。

 >>16-17   一息ついて昔の仲間の下へ。バカメダ三機合流編。

 >>18-20  『狩り』をめぐる問題!INホテル編。

 >>21-23  『家』を賭けた戦い!VS大家のおばちゃん編。

 >>24-30   作者完全フリーダム!カラオケ編。


 長編スタート!

 >>31-35   死にたがりのメダロット!ウォーバニッド編。

 >>36-    『メダ連』VSウサギ一家。メダ連編。(現在更新中)



Re: 『マンホールに二次元世界』 ( No.41 )
日時: 2013/03/07 01:07
名前: 通りすがりのコンビニ店員


 正義のために戦う謎の男子高校生と、そのパートナー。




 第三十八話『ウサギと焼きとり』




 炭火エンヤ(すみび えんや) こと俺は、思わず息を呑んだ。


「天使だ……天使がいる……」
 美しい少女が町を歩いている。
 息を呑むほどの美少女だ。くるくるの茶色の長い髪を少し上の方でおだんごにし、余った髪を肩よりすこし下まで流している。黒い瞳はぱっちりと大きく愛らしく、しかし自信に満ちて揺るぎない。少し気の強そうな少女。
 その少女は気にしていないが、彼女は近くにいる男たちの目を釘付けにしている。もちろん俺も釘付けにされた一人だ。
「おい、エンヤ。缶コーヒーこぼしてるぞ」
 愛機のシーザ(クワガタムシ型メダロット・ヘッドシザース)が何か言ったが、俺はそれどころじゃなかった。
 遠ざかっていく彼女を少しでも見ようと目で追うのに必死だ。
 とりあえず、おざなりに返事をかえす。
「あぁ……」
「おい、エンヤ。ジーンズにかかってるぞ」
「あぁ……」
「そのジーンズ、確か万単位で買ったヤツじゃないか?」
「あぁ……」
「エンヤ。後でパーツ買ってくれ。昨日コンビニで高いって却下されたヤツ」
「あぁ……」
「犬のウンコ踏んでるぞ」
「あぁ……」
「がむしゃらハンマー!」
「ぐはっ! ちょっ……何すんだよっ?!」
「うるせぇ。犬のウンコ踏んでるぞ」
「ゲッ。この靴気にってたのに!」
「ジーンズにコーヒーかかってる」
「グゲッ! このジーンズ高かったのに……! なんで言ってくれなかったんだよっ?!」
「言ったわ。ボケが」
「くそぉ……しかもコーヒー空になってるし」
「全部こぼしたのか……お前ホント、トロいな。もう死ねよ」
「お前が死ね。あーあ……あの子も見失っちゃったし、帰るか」
「それだけ気になるなら声かければよかっただろ」
「あっ」
「お前ホント、ダメだな」
「ぐっ……うっ、うるせーな。とにかく帰るぞ」
「ボケが。気になることがあるから来てくれってメイデンに呼ばれて『メダ連』に向かってる途中だろ。お前が喉渇いたって言うから、わざわざ寄り道してだな――」
「あぁ、もう見惚れてた俺が悪かったって! さっさと『メダ連』行こうぜ」
「――っち。しゃーねーなぁ。んじゃ行くか」
 えっらそうにシーザが溜息をつき、歩き出した俺の隣に並ぶ。


「あ、そう言えばな。さっきの美少女だけどよ」
 とてとてと歩いてると、シーザが思いついたように話を振ってきた。こいつが他人に興味を持つなんて珍しい。明日は雨だな。
「くるくるロンゲの彼女がどうした?」
「あの美少女、二機のメダロットつれてただろ――顔に似合わず、超エグい機体」
 確かに美少女は二機のメダロットを左右後ろにつれて歩いていた。一機は誰しもが知るメダロットの破壊の皇帝ゴットエンペラー……、そしてもう一機は、強力だったためバランスブレイカーとして絶版になった初期型のスミロドナッド。この組み合わせは、ちょっとお目にかかれないコンビかもしれない。つーか、あまりお目にかかりたくない。心臓によろしくないコンビだ。
「あの二機がどうかしたのか?」
「二機というかスミロドナッドの方だけどよ――かなり、強い。あの女ただもんじゃねーぞ」
「ただもんじゃないって……たまたま見かけた可愛い子の機体が強そうだからって、話が飛躍しすぎじゃねぇか?」
 まるで悪の手先のような言い方に むっ とする。
 あんな可愛い子に何て言い草だ。
「エンヤは見惚れてみてなったけどよ。あの三人組、通りすがりのメダロット捕まえてデスレーザーで脅してたぞ?」
「あっ、確かになんか声かけてたな……」
 野良メダロットらしき自動車型メダロット・ランドモーターに、にこやかに近づいていた。
 彼女にあんな笑顔を向けられて羨ましいとか思っていたが、そういえばゴッドエンペラーとランドモーターの距離がやたら近かった気がする。そしてランドモーターがやたら怯えてた気がする。


「見てたなら気づけよ。ボケ」
「彼女以外目に入らなかったんだ。ポンコツ」
「色ボケ男」
「おさげメダロット」
「次、同じこと言ったら殺すぞ」
「…………お前のリミッター外すんじゃなかったな。大会にも出れなくなっちまったし」
 昔は良かったなぁ。
 嫌がるシーザの角をおさげ風に垂れさせて、写メとって遊んだりして、楽しかった。
 リミッター外した今じゃあ命懸けだ。
「その話は片がついただろ。蒸し返すな」
「へいへい……ところでだ。シーザ」
 何気なく時計を確認して、俺は少し真顔になった。
「話は変わるが、俺たちはこうして『メダ連』に向かって歩いてるわけだが――待ち合わせの時間まで、もう数分しかない。そして一応言っておくが、ここから『メダ連』まで後3・4キロはある……」
「……メダタクシーでも拾うか」
「そうすっか」
 まっ、タクシーを拾ったところで遅刻は確定的だが、大幅に遅れるよりはマシだろう。
 友人感覚で半日も待たしちまった結果、シールドのおっちゃんに盾で殴られたのは今でも思い出したくない記憶だ。


 俺は右手を上げて、一台の車両タイプのメダロットを停める。
 すでにメダチェンジした状態のメダロットの側面には黄色のレッテルが貼られている。これがタクシー業をしているメダロット『メダタクシー』の証だ。


「……」
「……」
「お客さん。どうした? 乗らないのか?」
「……」
「……」


 少し話は脱線するが、この町にはマッドタクシーとあだ名されるメダタクシーが存在する。
 元々はレーサーとして活躍していが、競技中に大事故を起こしクラッシュしてしまったのキッカケに引退し、タクシー業に転職したメダロットだ。ちなみに普通のメダタクシーは、自動車型のランドモーターや機関車型メダロット・ヴェイパーレールだが、こいつはザリガニ型メダロットのくせにミニハンドルを装着(機体改造によって)していると言う曲者なので、話でしか聞いたことがない俺でも、見ればそいつがマッドタクシーだと一発でわかる。わかってしまう。


「……まっいっか。腕は一流だって話しだし。乗るぞ、シーザ」
「 マ ジ か ! 」
「よっしゃ、お客さん。どちらまで?」
「『メダ連』まで頼みます」
 嫌がるシーザを無理やり真っ赤な座席に押し込む。メダタクシーは基本的にひと一人が余裕を持って座れる程度の座席になっているが、このザリガニ型メダロット・ディストスターはそんな所まで改造したのが、人間の俺とシーザが乗れるほどの広さがあった。それでもやっぱり、無理やり詰め込んで乗れる、程度だが。


「エンヤ。持病のディストスターには乗ってはいけない病が――」
「おっと、メダロッチには戻さないからな。メダロッターとメダロットは恐怖を分かち合ってこそだろ」
「なっ――ふざけんな! 俺は降りるっ!!」
「させるかっ!!」


 カッコつけのくせにジェットコースター類の乗り物が大の苦手のシーザ。


「へんっ。さっき俺のことハンマーで殴ったお返しだ」
「いやだ降ろせぇぇぇえええええええ!」
「ディストスタータクシー、発車する」
「止めろぉおおおおおぉおおおおおおおおおおおおお!」
「ざまぁああああっはっはっは!」


 車内でもつれ合って暴れだす俺たちを乗せて、マッドタクシーは『メダ連』に向けて走りだした。






 第三十九話に続く。