>> メダロットライズ にもどる
このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

RSSフィード 『マンホールに二次元世界』

日時: 2015/12/24 13:16
名前: 通りすがりのコンビニ店員


 絶 賛 更 新 停 止 中 。(再開の見込みなし)



 私たちのいる世界から、メダロットの世界へ。
 
 高校生主人公、兎想月ウサギちゃん(うそつき うさぎ)がおくるコメディ系小説です。


 ~世界観~


 メダロット(アニメ)の設定(メダロットはメダロ人が自らを機械に改造した姿)を引き継いだ、
 天領イッキ&ジャンアントメタビー VS Dr・ヘベレケ&マイケル&プリミティーベビー の決着から1000年後のお話です。


 ぶっちゃけ前半は設定どうのこうの関係ないのでノリで読んで欲しいです。
 長編はアニメを見てない方には少し優しくないです。
 できるだけわかりやすいよう心掛けていますが、不愉快に感じた方はごめんなさい。


 ~主要な登場人物~

 
 ●兎想月ウサギ(うそつき うさぎ)
  元不良で番長。可愛い系大人美人の18歳。髪の毛はくるくるロング。強気な瞳の持ち主。彼女の笑みは何者も屈服させる力がある。なんでもそつなくこなす。隠れた努力家。

 ●菊之内(菊くん、ソゾル)
  メダロット。スミロドナッド。常識があり基本的にクールな、頼りになるメダ。何だかんだで面倒見がよく、貧乏くじを引くことが多い。運も悪い。周りからのスルーされ率は異常。趣味はネット。


 ――16話以降に登場――


 ●ビィービ
  メダロット。プリミティベビー。赤ちゃんだけどじっちゃん喋り。一人称は「ワシ」。尾語は「~のぅ」。メダロットのくせにボケている(ちょっとした事情あり?)。よく迷子っている。

 ●デスト
  メダロット。ゴットエンペラー。ぽや~としている、草花を愛でるのが趣味の神帝。乙女チック。お人好し。
  ただし彼の慈しんでる花壇を荒らすと「ワガ マエニ タチフサガルトハ オロカナ……」という声が聞こえてくるぞ。
  地獄を見たくない方は、緑に優しくあることをお勧めする。
 ●ロイ
  メダロット。ビーストマスター。マンガ・アニメに精通している。考えるより行動派。要するに熱いオタク。
  「1+1=4」と即答する素晴らしい思考回路の持ち主。日本育ちなのに日本語も少々あやしい。要するにバカ。



*о○●*もくじ*●○о*


 >>1-3    ウサギちゃんと菊くんの出会い!マンホール編。

 >>3-15   友メダを救出せよ!VSリリコ嬢編。

 >>16-17   一息ついて昔の仲間の下へ。バカメダ三機合流編。

 >>18-20  『狩り』をめぐる問題!INホテル編。

 >>21-23  『家』を賭けた戦い!VS大家のおばちゃん編。

 >>24-30   作者完全フリーダム!カラオケ編。


 長編スタート!

 >>31-35   死にたがりのメダロット!ウォーバニッド編。

 >>36-    『メダ連』VSウサギ一家。メダ連編。(現在更新中)



Re: 『マンホールに二次元世界』 ( No.40 )
日時: 2012/06/08 13:47
名前: 通りすがりのコンビニ店員

 偽物の恋人ごっこを終えて遊園地から家に帰ってくると。
 待っているはずの四機は居ず、代わりに土下座する菊くんとデストと、机のうえに置手紙。
 二機が大いに目を逸らしながら手渡してくれた手紙には、


『プリミティベビーとビーストマスターは預かった。返して欲しければ本部まで来い――メダ連会長・ブラックメイル』


 と汚い字で書かれていた。
「えっと……あのさぁ」
 私はビクつく菊くんとデストの首根っこを掴みあげ(締め上げ)、


「これってどういうこと?」


 万が一にも聴き間違えないように、優しく丁寧に尋ねてあげた。





第三十七話『出陣』





「――つまり、私のデートを菊くんとデストがストーカーしている間にアパートを襲われて、バカ二人が攫われたってわけね?」
「「おっしゃる通りです……」」
 さんざん容赦なく踏みつけられ、顔面を床に食い込ませた二機が間髪入れずに返答する。
 私は隠すことなく舌打ちした。
「まったくもぉ。なんで私がメダロッチごと置いて行ったと思ってんの?」
「マ、マスターはアパートが狙われるってわかっていたんですか?」
「仕掛けるなら少し調べれば場所が割れるここ(アパート)だって考えるのは当然でしょう?
 だから万が一に襲われても大丈夫なように全員おいていったのに……私が遊園地にいるのがブロッソメイルにバレてたのも、絶対バカ2人がゲロったからね。あの時点でアパートは押さえられてたわけだ……ふふっ…ふふふふふっ」
 なんて甘さだ。
 少し考えればわかることなのに……どうやらちょっと、本気で平和ボケしてるな私っ。
「マ、マスター……?」
 握りしめた手を戦慄かせて暗い笑みを浮かべる私に、デストが若干後ずさる。
「で。どうする気だ? 手紙通り取り返しに乗り込むのか?」
 慣れてきたのか菊くんはドン引くことなく話を進めてきた。


「当然。乗り込むよ」
「――ぇえっ?!」
「よしきた。救出劇の開幕だな」
「えっ、ちょっ菊さんっ?! 何ニヤリと笑んで答えてるんですっ?! 三人で『メダ連』を相手にするなんて正気じゃない――」
 デストの言葉を、私は一枚のメダルを突き付けて遮る。


「これなぁ~んだぁ?」
「なっ――ブロッソメイルのメダルっ?!?!」
「その通り。捕えた敵をあっさり放してやるほど私もバカじゃないし」
「敵じゃなくてもあっさりじゃないだろ……売り払ってんだか――ぐはぁっ!!」
 菊くんの顔面が、気持ちのいい爆音と共に再び床にめり込んだ。


 私はふんっと鼻をならし、家に置いて行っていた白いメダロッチを腕に巻く。
「人質がいるのはお互い同じ条件――乗り込んでこいって言うなら、乗り込んでやろうじゃないッ!!」
 

 菊くんとデストの前で挑戦的に吐き捨てる私は、しかしすでに笑えるほどの余裕はなくて。
 握りしめている手の震えは実はまだおさまっていなくて。


「行くわよ。菊くん。デスト」


 『メダ連』本部に向かうべく103号室の扉を開けながら、私は心底――怒っていた。




 第三十八話に続く。




 ――――――――――――――――――――
 前話(ホワイトメイル)からの急な場面転換して、すみません。


 わかりくいので要約すると
 時間軸を一気に戻して、『メダ連』VSウサギちゃん一家の図に入っています。