>> メダロットライズ にもどる
このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

RSSフィード メモリアルリミット ~Limit of memories~

日時: 2013/05/25 02:20
名前: メダフィーミング・KR

◇諸注意&余談的近況報告
 皆さん、こんばんは。このHNを名乗るのも何年ぶりだろうというくらいご無沙汰しております。
 今回の私の小説ですが、前作"記憶を旅して"の正式な続編となりますので、前作をお読みくださると嬉しく思います。
またメダロットに関係ない恋愛小説ですみません! マイペースに書いていきますので、お付き合いいただければ幸いです。


◇あらすじ
 確かな記憶を取り戻し、最も大切な人の存在に気付いた夢原深也。それを可能にした幼馴染の春崎望。
困難を乗り越え、幸せを得た二人に奇妙な兆候が表れ始めたのは、あれから一年の歳月を経て、高校卒業を間近に控えた頃だった。
 成長した二人の織り成す恋物語が、今再び動き始める――


◇メモリアルリミット ~Limit of memories~ (本編)
~目次 Contents~
>>1 ~登場人物 Characters~&~序章 Prologue~
>>2 ~第1章 Anniversary~
>>3 ~第2章 Recollection~
>>4 ~第3章 Suggestion~
>>5 ~第4章 Graduation~
>>6 ~第5章 Celebration party~
>>7 ~第6章 Newcomer~
>>8 ~第7章 Conversation~
>>9 ~第8章 Recreation~
>>10 ~第9章 Movie theater~
>>11 ~第10章 Time of us~
>>12 ~第11章 Preparation~
>>13 ~第12章 University life~
>>14 ~第13章 Shade of heart~
>>15 ~第14章 Driving school~
>>16 ~第15章 Confusion~
>>17 ~第16章 Suddenly~
>>18 ~第17章 Reflection~
>>19 ~第18章 Sea and BBQ(1/3)~
>>20 ~第19章 Sea and BBQ(2/3)~
>>21 ~第20章 Sea and BBQ(3/3)~
>>22 ~第21章 Fireworks display~
>>23 ~第22章 The first driving~
>>24 ~第23章 Doubly blessed~
>>25 ~第24章 Music festival~
>>26 ~第25章 Calculation~
>>27 ~第26章 Discouragement~
>>28 ~第27章 Ring of the oath(1/2)~
>>29 ~第28章 Ring of the oath(2/2)~
>>30 ~第29章 Sorrowful back~
>>31 ~第30章 Lovers' quarrel~
>>32 ~第31章 Invitation by Mai(1/2)~
>>33 ~第32章 Invitation by Mai(2/2)~
>>34 ~第33章 Second anniversary(1/2)~
>>35 ~第34章 Second anniversary(2/2)~
>>36 ~第35章 Presentiment~
>>37 ~第36章 Start of accident~
>>38 ~第37章 Advice of Mai~
>>39 ~第38章 Reason for the rage~
>>40 ~第39章 Farewell letter~
>>41 ~第40章 Lost of memories~ 【望side1】
>>42 ~第41章 Anguish of Shinya~
>>43 ~第42章 A wonder person~ 【望side2】
>>44 ~第43章 Determination~
>>45 ~第44章 Blackout~ 【望side3】
>>46 ~第45章 Everlasting love~
>>47 ~終章 Epilogue~
>>48 ~筆者のあとがき~


◇メモリアルリミット ~Side memories~ (短編)
~目次 Contents~
>>49 ~第1章 二人の馴初め~  【五月side】
>>50 ~第2章 男は黙って謝罪~ 【五十嵐side】
>>51 ~第3章 あたしは大丈夫~ 【九条side】
>>52 ~第4章 守りたい人なら~ 【桜木side】
>>53 ~第5章 歩いていこう~  【初音side】
>>54 ~第6章 退院おめでとう~ 【司馬side】
>>55 ~本当に 最後のあとがき~ 【筆者side】


◇最終更新
 2013/5/25 メモリアルリミット短編 
       ~第6章 退院おめでとう~【司馬side】
       ~本当に 最後のあとがき~【筆者side】投下。
 全章完結!



Re: メモリアルリミット ~Side memories~ ( No.49 )
日時: 2013/05/01 00:43
名前: メダフィーミング・KR

◇~第1章 二人の馴初め~【五月side】


 五月もすっかり下旬に入っていた。GWムードも過ぎてしまえば何処へやら、ね。
最近は初夏というよりむしろ本格的に夏らしくなってきて、梅雨の気配は全く感じない。
 今日は透が免許を取ってから初めてのデートだった。
せっかくだからマイカーで迎えに行くよ、なんて調子こいてたけど大丈夫かしら。
 何でもかんでもすぐ調子に乗るのは、あいつの悪い癖だ。確かに透のことは好きだし、いいところもたくさんあるけど、だからと言って看過すると余計に調子に乗るから、あたしは鉄拳制裁か肘内の刑を時と場所と場合に応じて、瞬時に判断し実行している。
 それでもたまに「もっと殴ってえええええ」とか言ってくるから最悪にキモい。
本当に透の何処を好きになったのか、自分でも分からなくなる時があるから始末が悪い。
 いつか白馬に乗った王子様が迎えに来てくれる、そう思っていた時期がありました。
 あ、調子に乗った透からメールが来た。下にいるよ、か。あたしは玄関に向かった。
「おはよ、佳織」
 満面の笑みを浮かべた透が運転席に座っていた。うわ、何でこんなにニヤけてんの。
「お、おはよ。運転大丈夫なの?」
「大丈夫だって! 俺に任せておけばオッケー!」
 そう聞くと、透はノリノリでローラの真似をしながら答えた。不安でしょうがない。


「俺の運転で佳織とデートなんて、高校時代には全然想像してなかったなぁ」
 意外に滑らかに車を走らせながら、透はそんな風に言った。それはあたしも同感だ。
透の運転でこんな風に何処かに行くなんて、高校の頃は全然想像したこともなかった。
 そういえば――あの頃は透のことを一度たりとも恋愛対象として見たことはなかった。結局三年間丸々同じクラスで、ずっと委員長・副委員長として仕事をしてたけど、単なるウザいやつ、くらいにしか思ってなかった。いつからだったかしら、変わったのは。
「お互いに印象が変わったのは遊園地の時からだよな、たぶん」
 透もあの頃のことを思い出していたみたいだ。その横顔は何処か遠い目をしていた。
 そういえば、司馬君がチケットが余ってるからって遊園地に誘ってくれたんだっけ。
ああ、あの時は特別ゲストが来る、なんて聞いてたから誰だろうってドキドキしてた。
 で、軽い足取りで遊園地に着いたら、待ってたのは透。新手の詐欺かと思ったわよ。
「少なくとも俺はあの時からかな、佳織のことを意識し始めたのは」
 透は前を向いたまま、聞き捨てならないことを言った。何言ってんのよ、もうバカ。
「いてっ。お前、運転中に頭叩いたら危ないだろ。それとも俺と死にたいのか?」
 むう。それだけは絶対に嫌だ。透となんか一緒に死にたくない。
「だったら大人しくしてろよ。お前は黙ってれば可愛いんだからさ、な?」
 透はニヤつきながらちらりとあたしを見て、さり気なくそんなことを言ってきた。
運転中であたしが殴れないのを良いことに、こいつまた調子に乗り始めてる。超ムカつく。
 あたしは透に聞こえるように大袈裟にため息を吐き、そっぽを向いた。


 実はあたしも、透に対する印象が変わったのは遊園地の時からだった。
最初は嫌ってたやつを好きになるのは恋愛漫画の王道だけど、現実にはあり得ないことだと思ってた。
 だって、あたしの嫌ってるやつは透で、何処にも好きになる要素なんかなかったから。
「まあ最後のダメ押しは、佳織がバレンタインにチョコくれたことだけどな」
 透は真面目な顔つきに戻っていた。信号が赤に変わり、緩やかにブレーキをかかる。
 確かに一年半前の冬、あたしは透にチョコをあげた。……血迷っただけだ、きっと。
「あの時の佳織、義理よ義理っ、なんて言ってたけどさ。俺に惚れてんのがバレバレだったぜ?
 顔真っ赤だったし、義理とか言っといて手作りとか口走っちゃってたもんな」
 こいつ半殺しにする。あとで絶対半殺しにする。あたしは透を思いきり睨み付けた。
「怒るなって。あの時の佳織、めちゃくちゃ可愛かったし、俺ホントに嬉しかったよ」
「ああ、もうっ! 真顔でそういうこと言うなっ! 顔から火が出るでしょ、バカっ!」
「いてっ。おい、危ないって言ってるだろ。一応俺、まだ初心者なんだからな?」
 我慢の限界を越えたので一発殴ってやった。信号が赤のうちに殴らずいつ殴るのよ。
「あ、ほら。信号が青に変わった。だからもう殴るの禁止な?」
 透はアクセルを踏み込みながら言った。超ムカつく。運転終わったら絶対ぶん殴る。
 ただ、これだけは認めてあげてもいい。初心者の割に、透は意外にも運転が上手い。


「佳織がチョコくれたおかげでさ、俺も告白する勇気が出たから。ありがとな、佳織」
 あああああっ!! だから、真顔でそういうこと言うなぁあああああっ!!
「ほらほら、通行人が振り返ったぞ。デカい声出したら周りにも迷惑だろ?」
 もう、何なのこいつ。こういう時だけ冷静ぶって、超ムカつくんだけど。キモッ!!
「キモいは俺たちの業界では褒め言葉だぜ? ありがとな、佳織」
 鳥肌が立った。何こいつ、変な物でも食べたんじゃない? それか頭でも打ったとか。
「俺がキモいのはいつものことだろ?」
 まあ、それもそうね。それはそれでどうなのって思うけど、きっと気にしたら負けね。
 あたしはどうにか冷静さを取り戻し、すっかり忘れていたことを聞いた。
「そんなことより、何処に向かってるのよ」
「ん。初心者だからあんまり遠出は出来ないから、近場だけどさ」
 透は答えを言おうか迷ったようだったけど、結局そんな風にお茶を濁した。
「何よ、気になるじゃない。さっさと言いなさいよ」
「うーん……まあいっか。隠すことでもないしな。ほら、見えてきただろ?」
 あたしがドスを利かせたから……というわけでもないんだろうけど、透は左前方を指差して言った。
そこに在る建物は間違いなく、あたしの母校。あたしたちの高校だ。
「懐かしくなったついでにさ。卒業してから鈴木先生にも挨拶してないしな」
 透の言葉にあたしは押し黙った。あんたってやつはホントに……バカなんだから――。