>> メダロットライズ にもどる

RSSフィード メダロットM(再起動)
   

日時: 2014/10/21 13:24
名前: 流離太   <leoobake@hotmail.com>

初めまして、流離太という者です。
以前から、こちらのサイト様のお噂は聞いております。
この度、原作者であるボマンさんの許可を頂き、新「メダロットM」を連載させていただくことになりました。
若輩者ですが、どうかよろしくお願いいたします。

Episode1「鷹栖斗的は静かに暮らしたい」  >>1-22
Episode2「二人揃ってツンデレンジャー」  >>23-43
Episode3「覗いてんじゃねーよクソカスがっ!」  >>44-67
Episode4「今回はサービス回! 脱ぎます!」  >>68-91
Episode5「真夏の夜のナイトメア」  >>92-107
Episode6「メダリンピックのススメ」  >>108-

☆☆登場人物☆☆

「鷹栖トマト(たかす・とまと)」
本編の主人公にしてヒロインな、花田学園高校1年生。
古代メダロッチをつけたせいで、どういうわけか男から女に性転換してしまった。
「自分よければ全てよし」がモットーの自己中心的な性格で、夢は「波風立たない平穏な人生を送ること」。
パートナーはカブトムシ型メダロットの「フォレス」、ナイト型メダロットの「ガマン」マーメイド型メダロットの「マイド」。

「フォレス(コーカスト)」
トマトのパートナーな♀カブトムシ。
精密な射撃を得意とするバランスのよい機体。
熱血漢で、トマトとは逆で困った人は必ず助けるというタイプ。
同じカブトムシ型メダロットの「ラスト」を宿敵として憎んでいる。

「ガマン(ナイトアーマー)」
トマトのパートナーなナイトメダロット。
堅実な守りを得意とする防御型だが、幻の左と呼ばれる「サムライセイバー」による格闘攻撃も強力。
トマトのボディーガードで、ご老体だがやる時はやる。

「マイド(ピュアマーメイド)」
トマトのパートナーな人魚メダロット。
回復を得意とする補助型で、トマトのお姉さん代わりとして家事もサポートする。
トマトが女の子になって、密かに喜んでいる。

「成城マトモ(せいじょう・まとも)」
花田学園高校1年生の男子高校生で、もう一人の主人公。
トマトを師匠と仰いでおり、現在ロボトル修行中。
この小説中唯一の良心で、なにかと気苦労が多い
パートナーは犬型メダロットの「シアック」。

「シアック(シアンドッグ)」
トマトのパートナーな犬メダロット。
射撃を得意としているが、ロボトルよりもギターを弾くことの方が好き。
なんだかんだいって、マトモのよき理解者。

「愛媛ミカン(えひめ・みかん)」
花田学園高校1年生の眼鏡っ子で、世界的な研究者「愛媛トウナス」の娘。
自身も機械オタクで、パートナーメダロットの「サラ」にも色々違法スレスレな改造をしている。
トマトとは真逆な「面白ければ全てよし」をモットーとしており、彼女の側にいるとトラブルが絶えない。
ある意味、この話の黒幕。

「サラ(セーラーマルチ)」
ミカンのパートナーな少女メダロット。
ティンペットに違法改造が施されており、男型パーツも女型パーツもつけられる特別仕様。
パートナーと同じくマニアックな知識に長けている。

「富良野ブドウ(ふらの・ぶどう)」
ロボトル世界チャンプの少年で、トマトと年は同じ。
性格はクールに見せかけて、天然。
パートナーはクワガタ型メダロットの「ルシファー」。

「青森リンゴ(あおもり・りんご)」
悪の集団「ロボロボ団」の幹部で、いつも黒いドレスを着ている少女。
ロボロボ団であることにプライドを持っており、それを傷つけたトマトを目の敵にしている。
パートナーは「マゼンタキャット」と「ヘルフェニックス」。
ロボトルスタイルは

「吹香川ザクロ(すいかがわ・ざくろ)」
悪の集団「ロボロボ団」の幹部で、いつも黒い服を着ている長身の少年。
いわゆる脳筋キャラだが、古代メダロッチで性転換するとキャピキャピ系女子へと変貌する。
パートナーは「ブラックメイル」だったが「ブロッソメイル」に進化した。

「怪盗ブルーベリー」
悪の集団「ロボロボ団」の幹部で、世界をまたにかける怪盗。
いつも仮面をつけておどけた口調で話し、その真意は誰にも計り知れない。

「メダルゴッド」
悪の集団「ロボロボ団」の首領で、その正体は謎に包まれている。

「愛媛トウナス(えひめ・とうなす)」
世界的に有名なメダロットの研究者で、ミカンの父親。
私生活もお腹周りも非常にだらしない。

「成城ニマメ(せいじょう・にまめ)」
メダロット社植物町支部支社長で、マトモの父親。
若くして出世したエリートだが、人を見下したような態度を時々とる。
シャイなため、常に顔にモザイクをかけている。

「郷野タケシ(ごうや・たけし)」
花田学園高校1年生の少年で、いわゆるいじめっ子。
生徒達からは「ジャイポン」の異称で恐れられている。
パートナーは「イエロータートル」と「メガファント」。

「晩夜ダイキ(ばんや・だいき)」
隣町に住む少年で、オリジナルメダロットブランド「スポロロボテック社」の御曹司。
卑怯な性格の持ち主で、ミカンから「陰険な策略家」と称される。
パートナーはザリガニ型メダロット「マルス(ロールスター)」。

「ラスト(ヘラクレイザー)」
異常進化を遂げた野良メダロット集団「テラーク」のリーダーで、人類を滅ぼそうとしている。
本体は♀カブトムシ型だが、スピリット体という人間形態を普段はとっている。
決して某BGMの主人公ではない。



Episode5「真夏の夜のナイトメア(12 ( No.103 )
   
日時: 2014/01/08 00:32
名前: 流離太

 その頃、ミカンのお守り役であるシアックとサラは。

「さすがはミカンだお……」
「ああ、遊ぶことにかけては右に出る者がいないジャン……」

 シアックとサラは、半ば引いた様子で立ち尽くしていた。
 目の前には、山と積み上げられた金魚にスーパーボール。そう、全てミカンが獲得した景品だ。

「よっしゃー! このまま、全露天制覇行くよー!」
「もう、勘弁してくれぉ……」

 トホホと肩を落とすサラ。先程からミカンに連れまわされ、すっかりグロッキー。エネルギー切れ寸前といったところ。

「まったく、あの体のどこにそんなエネルギーがあるのやら」

 シアックは呆れたように肩をすくめる。
 その時。

「……うん?」

 その目に、一人の少年の姿が止まった。並み居る雑踏の中にいるのでよくわからないが、その姿は。

「マトモ?」

 シアックのパートナーである少年は、声をかけられ立ち止まる。その目は、昏く、虚ろであった。

「なにか、あったジャン?」

 その質問に、マトモは答えない。ただ、貝のように口をつぐみ、目を伏せている。


「―― 代わりに俺が話してやろうか? お前が無様にも逃げ帰ってきた話をな」


 突如、第三者の声が響く。

「「ッ!?」」

 反射的に、一人と一体は、声がした方向に顔を向ける。
 そして、息を呑む。そこにいたのは、とても見知った人物であった。
 その姿とは、

 ―― はっぴを着た、スキンヘッドのひげ面男であった。

「俺の名前は『綺羅マコト』。通称、マスコットキャラだ」
「いや……知ってるジャン。いつもモブ役やってるおっちゃんだろ?」
「ああ、そうだ。だが、悠長にモブをやってる暇もなさそうなんでな」

 いや、世界観が崩壊するから、モブの人はモブの仕事をしてくださいお願いします。
 けれどもマスコットキャラは、作者の俺を無視して話し始める。

「そいつはな、テラークに襲われているトマトを見捨てて逃げてきたんだよ。負けるのが怖くて、必死にな」
「えっ!?」

 シアックは、信じられないといった声を上げ、マトモの顔を覗き見る。
 マトモは唇を噛み、視線をそらそうとする。

「逃げるんじゃない!! 敵からも、自分からも!!」

 マスコットキャラは、雷のような声を轟かせ、一喝する。
 ビクッと、マトモは体を震わせる。

「に、逃げるなって、言われても……。どうせあのまま戦ったって、結果は見えてるじゃないっスか。僕にできることなんて、なにも……」
「なぁ、マトモ」

 柔らかな口調で、語りかけるように、シアックはマトモの言葉を遮る。

「確かに、お前とトマトの旦那を比べたら、天と地ほど実力差があるジャン。技術も、頭の回転も。真っ向から勝負したら、絶対勝てないだろうさ」

 チクチクと、シアックの言葉がマトモの胸に刺さる。
 今更言われなくても、そんなこと、マトモは重々承知している。

「けどな。けど、イコールなにもできないってわけじゃないだろ。お前だって、トマトの旦那が持ってないものをいっぱい持ってるぜ」
「そんな気休め……いらないよ」

 トマトにいつも言われていた。
 お前は強い、おまえは筋がある、と。
 でも、結果はこのザマ。
 信じられない、自分を評価する全ての言葉が。
 信じられない、自分の実力が。

「なら、俺っちを信じろ!! お前のことを一番間近で見てきた、俺っちをな!!」

 ハッと、マトモは顔を上げる。
 目の前には、手を差し伸べているシアックが。

「見せつけてやろうぜ、俺達の実力を!! そして、思い知らせてやるのさ!! 成城マトモを敵に回した恐ろしさをな!! ……これって、かなり痛快ジャン?」

 キシシと、悪戯っぽくシアックは笑う。

「シアック……」

 情けない姿を曝してしまった自分に呆れず、見捨てないでいてくれたパートナー。
 そんな相棒の期待に応えたい。
 こんな自分でもできることがあるなら。

「なぁ、マトモ君よぉ」

 いつの間にか煙草を手にし、マスコットキャラは再び話に加わってくる。

「立ち向かう勇気ってのは、がんばればなんでもできるってことじゃないと思うぜ。お前自身のベストを尽くして、悔いのない生き様を見せろってことなんじゃないのか?」

 その言葉を聞き終わらないうちに。
 気づいたら、マトモは走り出していた。爪先を、己の戦場へ向けて。

「……やれやれ。世話の焼けるやつだぜ」

 お祭りを楽しむ観客の中、マスコットキャラはニヒルな笑みを浮かべるのであった。


投稿フォーム

※ 投稿時の注意

■まれに書き込みに失敗し、書き込み内容がすべて消えてしまうことがあります。
 そのため、投稿ボタンを押す前に、必ず文章をコピーしておくことをオススメします。

(※)のある項目は、必ず入力してください。

タイトル(※) スレッドをトップへソート
名前(※)
E-Mail
パスワード (あとで作品を修正する場合に必要)
作品文章(※)
投稿用キー(※) ※スパム対策を導入中です。投稿時は【かきこみ】のひらがな4文字を入力して下さい(コピペ可)

   クッキー保存 (学校や満喫等の共用パソコンの場合、チェックを外して下さい)