>> メダロットライズ にもどる
Re: メモリアルリミット ~Limit of memories~ ( No.25 )
日時: 2012/08/13 23:03
名前: メダフィーミング・KR

◇~第24章 Music festival~


 十一月に入り早くも半月が経過し、初音さんの学校が主催の音楽祭当日がやってきた。
 見事に深緑一色で統一されていた落葉樹並木も、いつしか赤や黄色といった鮮やかな暖色系にメイクアップを果たしている。
 考えてみれば十代でいられるのも一年を切ってるんだよな。あぁ、俺たちの学祭ならつつがなく終了した。
俺にとってはただの連休でしかなく、丸々休息に充てる以外の選択肢が思いつかず、五十嵐が来たいようなことを言ってたが華麗にスルーした。
 しかしせっかく苦労して入ったってのに、肝心なところで出不精が発動する性格のせいか俺の交友録は大学に入っても一向に増えることはなく、バイトやサークルに邁進することもない。勉学も義務的の範疇を出ないとあっては、いよいよ大学生活の意義を自分に問い質さなくてはなるまい――
 などといつになく真面目に考えていると、既に目的の駅に到着していたようだ。
「深也、着いたよっ。早く降りないとっ」
 隣に座っていたはずの望が立ち上がり、俺をせっついていた。
 ホームに降り立ち階段を上がり、改札を出て徒歩五分の先に目的地はあった。
日曜の都心繁華街だけあって、まだ朝の九時過ぎだというのにそこかしこに人がいる。
初音さんの学校正門付近にはさらに人だかりが出来ていて、この音楽祭の注目度の高さが窺い知れるね。
 と、ガラス張りの小奇麗な校舎の入り口に見覚えのある奴が突っ立っていた。
「やぁ、おはよう。思いのほか早く来てくれて助かった」
 上下薄いスカイブルーのジャケット、スラックスにシルバーのネクタイで揃えた司馬は、俺と望の姿を見つけて目を細めながらそう言った。
いつものことだが、様になっているのが若干腹立たしい。
「あ。司馬君、おはよう」
「よう。こんなところで地蔵の真似事か」
「二人に激励をもらおうと思って待ってたんだ。控え室まで案内するよ」
 司馬は俺のジョークをあっさりと無視し、さっさと入り口の自動ドアをくぐって行くので、俺たちも慌てて後に続く。
こいつにしては珍しくせっかちになっているのは初音さんを心配してのことかね。


 エレベーターを使って地下の控え室――というより防音処理の施された小規模のスタジオだな――に赴いた俺たちを待っていたのは、上下黄色のチェックをベースにしたシャツとスカート姿でちょっとばかし緊張気味の初音さん、紫のドレスに身を包み麗しい微笑を浮かべる九条さん、ライトグリーンのシャツを第二ボタンまで外してラフさを醸し出している割に冷めた目つきの桜木、三者三様の反応だった。
「あら。夢原君、望ちゃん。ひょっとして応援に来てくれたのかしら?」
 手狭のスタジオのためか、ピアノではなくキーボードで練習していたらしい九条さんが声をかけてきた。
一ヶ月前に練習時間の少なさを嘆いていたが、その表情に不安材料は一片も見当たらない。
「ええ。皆さんの晴れ舞台ですから。とっても楽しみですっ」
 望の優等生的返答に対し、九条さんは「ふふっ」とモナリザ顔負けの微笑を継続している。
「来てくださってありがとうございます。五十嵐君と五月さんも来られたらよかったんですけど」
 スカートの裾を翻し、俺たちの近くまで来てから初音さんがそのように述べた。
「五十嵐はバイト、五月はレポートでどうしても来られないそうです。まぁ五十嵐なんかはいてもいなくても同じですからともかくとして、五月はあれでも薬学部ですからね。多忙を極めてるんでしょう。望の話だと相当残念がってたようです。今度話だけでも聞かせてやりましょう」
 俺は女性陣二人の素晴らしい衣装のせいで、無駄にドギマギしていたが平静を装ってそう言った。
 俺の丁寧口調がツボに入ったのか、ドギマギしていたのがバレたのか、桜木が声なき失笑をよこしてきたがこちらから反応してやる義理はない。
ま、せいぜい初音さんの足は引っ張るなよな。
 それから二言三言軽くやり取りを交わした後、司馬が「さて。そろそろかな」と誰にともなく呟いたのを機に、俺と望は控え室をお暇することにした。
もちろん出際に激励の言葉を残して。
 エレベーターを待っていると、鉄製扉に視線を置いたまま望が口を開いた。
「何か司馬君、いつもより口数少なかったね」
 望も気付いてたか。桜木はムッツリ無表情がナチュラルだし、九条さんは肝が据わっているし、初音さんが緊張するのは分かる。
しかし司馬が余裕を欠いていたのは確かに解せない。
「まぁ、あいつも色々あるんだろう。さ、会場に行こう。七階だったかな」
 俺はそういうことにして、望の背を押してエレベーターに入りボタンを押した。
 司馬がいつになく焦燥感を漂わせていた理由は、まもなく明らかになった――